国産?外車?まるでクルマ選び? スペックと走破性で比べる我が子のベビーカー

国産?外車?まるでクルマ選び? スペックと走破性で比べる我が子のベビーカー

育児

目次[非表示]

  1. クルマを選ぶかのように、ベビーカーを選ぶ
  2. 海外メーカーのベビーカーはデザインと操作性が魅力
  3. 軽さや機能で選ぶなら国内メーカーのベビーカー

クルマを選ぶかのように、ベビーカーを選ぶ

対象年齢や仕様、機能などがさまざまで、多くの種類が販売されているベビーカー。価格やブランド、デザインや使い勝手の良さなど、いろいろなものが比較の対象となるので、どう選択すればいいのか迷ってしまいがち。

そんな中、大きく特徴が違うのが、海外メーカーのベビーカーと国内メーカーのベビーカー。まるでクルマ選びのような話ですね…。

海外メーカーと国内メーカーにはどんな違いがあるのか? もちろんそれぞれ例外のものもありますが、一般的なメリットやデメリットをご説明します。

海外メーカーのベビーカーはデザインと操作性が魅力

海外メーカーのベビーカーは、海外に多い石畳の道でも安定感をもって走行できるように、タイヤが大きめで頑丈な作りになっています。操作性が良く、全体的に大きくて重量型です。

またシックなカラーが使われていたり、原色でポップな雰囲気だったり。パパでも、違和感なく使うことができるというデザインの面でのメリットがあります。

しかし、大きいことは日本のような狭い道が多い場所ではデメリットでもあります。さらに階段の上り下りするときにベビーカーを持ち上げる必要があるような場合は、重たいことも気になるでしょう。

軽さや機能で選ぶなら国内メーカーのベビーカー

軽くて使いやすい国内メーカーのベビーカー

国産ベビーカーは、軽くてコンパクトなところがメリットの一つ。公共交通機関で移動する際や、階段の上り下りでも、比較的無理なく持ち上げることができます

また、コンパクトなので狭い道でも通りやすく、折りたたみやすいように作られているため、玄関に収納しておく際にも比較的場所をとりません。価格が低めに設定されているのも嬉しいポイントです。

ただし、車椅子と同様、軽さを重視すればその分安定性に欠けてしまいます。路面の振動が伝わりやすく、長時間乗るには不向きですし、ふとしたことでバランスを崩して転倒しやすいという面は否めません。

海外メーカー、国内メーカーともに一長一短ありますので、パパ目線でスペックと走破性をしっかりチェックして、ライフスタイルに合ったベビーカーを手に入れてください。
デザイン性 操作性 頑丈さ 軽さ 収納 価格
海外メーカー
国内メーカー
■記事提供 パパコミ
https://papacomi.com/