大泉洋が自身の娘への溺愛ぶりを語る。映画『ママをやめてもいいですか!?』完成披露試写会レポート

大泉洋が自身の娘への溺愛ぶりを語る。映画『ママをやめてもいいですか!?』完成披露試写会レポート

育児

目次[非表示]

  1. 子育てに奮闘するママたちを描いたドキュメンタリー
  2. 大泉洋さんが号泣したシーン
  3. 「娘と過ごすために趣味のゴルフもほとんどやらなかった」
  4. 「子育てがしやすい社会になってほしい、私自身にもできることがあればしたいと思わせてくれる映画」
  5. 2020年2月29日「新宿シネマカリテ」から全国順次ロードショー
映画『ママをやめてもいいですか!?』の完成披露試写会が、2/1(土)烏山区民会館(東京都世田谷区)にて開催されました。監督の豪田トモさんとナレーションを担当した大泉洋さんのトークショーの模様をレポートします。

子育てに奮闘するママたちを描いたドキュメンタリー

映画『ママをやめてもいいですか!?』予告編(大泉洋ナレーション入り)

出典: YouTube

すべてのママへ、感謝と元気、そして希望を届けたい。
そしてママが笑顔で子育てができる社会を創るきっかけにしていきたい。
そんな想いから、大ヒットドキュメンタリー映画「うまれる」・「ずっと、いっしょ。」を生み出した監督とメインスタッフが再集結!
映像作品としてあまり語られる事のなかった「ママの子育て」にスポットをあて、 命を生み育むことの難しさや苦悩、そして、その喜びと偉大さをありのままにお伝えします!

元気で愛らしい子供たちに笑って、自分と重ね合わせて思わずうなずき、最後はあたたかい涙に包まれる。
そんな共感と、感動に満ちた傑作ドキュメンタリーです。
映画「ママをやめてもいいですか!?」は、複数の家族を追いかけながら、ママたちの子育てのリアルな苦悩を描いたドキュメンタリー作品。監督は映画「うまれる」「ずっと、いっしょ。」などを手掛けてきた豪田トモさん。

2度の産後うつを経験し、3人目を妊娠中のママ、3歳のころに母親が心身を病んで自殺してしまった過去をもつママ、高校生の時に母親の蒸発を経験して以来、人を信用し、頼ることができなくなってしまったママなど、さまざまな事情で子育てに対して苦悩を抱えるママたちが登場します。

とはいえ決して重苦しいだけの内容ではなく、パパに対しての不満や辛辣な意見を漏らすシーンでは、試写会場を埋め尽くすママたちから笑いが起こるという場面もありました。

大泉洋さんが号泣したシーン

(左)豪田トモ(右)大泉洋

上映後のトークショーにはナレーションを務めた大泉洋さんが登場し、自身の子育てや娘との関係、映画を観た率直な感想を話しました。

「母親や子育ての大変さは計り知れないと思います。僕は妻が会社を休んで子育てに専念をしてくれたから働けた。そうでなきゃもっと働けなかっただろうと思うと、"働かせてもらっている"のだと思う。お母さんたちがやっている仕事をお金に換算したらいくらになるのか」と、ママたちの苦労をねぎらいます。

また、作中で号泣したシーンとして、母親が蒸発した経験から娘たちへの愛情表現の仕方に悩むトシエさんのエピソードをあげ、「もう号泣、嗚咽。あんなに感動したことは近年ないですね」と語りました。

「娘と過ごすために趣味のゴルフもほとんどやらなかった」

自身の娘との向き合い方について話が及ぶと、大泉さんは両親との関係を振り返り、「親になにか特別なことをしてもらった記憶はないけど、愛情は感じていた」と話しました。

大学受験で二浪を決めた際のエピソードを例に挙げ、「現役のときも一浪のときも大学には受かっていたけど、二浪してそれなりの大学に行った兄への対抗意識もあり、もう一年やらせてほしいとお願いした。それでも両親はダメとは言わなかった。そこまで裕福だったわけではないが、老後の自分たちのお金も全部子どもに使ってくれたんだなという思う」

「だからこそやっぱり感謝しているし、恩返ししたいと思える。私が自分の子どもにしてあげられるのは、とにかく無償で愛情を伝えること」と話し、自身の経験が娘への接し方に影響を与えていることを示唆。

続けて、「僕はゴルフが好きだけど、娘が生まれて小学校に入るまで6年間くらいほぼやらなかった。その時間ももったいない。いかに娘とすごすかを考えていて、運動会は予備日まで休みをとる。予備日が休めない仕事なら断ります。僕は雨男だから、たいてい予備日も使うんです」と、娘への愛情を示すエピソードも披露しました。

また、「娘さんに嫌がられたりしないか?」という質問に対しては、「まだそういう年じゃないけど、僕にとっての娘との時間は時限つき。あと何年かしかパパパパ言わないから、それまでにどれだけ娘の愛情をもらえるか。そのあとは『パパ臭い!』と言われても、『ここまでの可愛さを俺にくれたから仕方ない』と思えるように、今は娘からの愛情を貯めている」と答えていました。

「子育てがしやすい社会になってほしい、私自身にもできることがあればしたいと思わせてくれる映画」

試写会の最後に、大泉さんは映画について次のように語りました。

「映画の中でも『仮免でいきなり車道を走らされるようなもの』とありましたが、お母さんたちはできるわけないことを突然はじめていくわけだから、完璧を求めると疲れていくだろうし、少しでも多くの人に助けてもらいながら、うまくできなくてあたりまえだと思っていただけるといいかなと思います」

「『ママをやめてもいいですか』と思うようになったら大変なので、楽しく子育てできるといいなと願うばかりです。そうは言ってもたった一人で育てなければいけない境遇の方もいらっしゃると思うので、社会や周りがサポートしてあげる体制がないと大変。少しでも子育てがしやすい社会になっていってほしいし、私自身もできることがあればしたいと思わせてくれる映画です」

続いて豪田トモ監督は出演者やスタッフ等に加え、一番お礼を言いたい存在として自身の妻でありプロデューサーの牛山朋子さんに感謝の言葉を述べ、完成披露試写会を締めくくりました。

2020年2月29日「新宿シネマカリテ」から全国順次ロードショー

『ママをやめてもいいですか!?』
2020年製作/92分/G/日本
配給:インディゴ・フィルムズ
公式サイト:http://www.umareru.jp/mamayame/
文・写真:家men編集部(開發祐介)