【子どもに言ってはいけないNGワード】ついつい言ってない?子どもに言ってはいけないNGワードと傷つけない伝え方

【子どもに言ってはいけないNGワード】ついつい言ってない?子どもに言ってはいけないNGワードと傷つけない伝え方

育児

目次[非表示]

  1. 大人の言葉を“子どもの気持ち”になって考えてみると…
  2. 7つのシチュエーションで言いがちな10大NGワード
    1. ①「早くしなさい!」
    2. ②「どうしてできないの?」
    3. ③「ちゃんと○○しなさい」「何度言ったら分かるの?」
    4. ④「勝手にしろ!」「出ていけ!」
    5. ⑤「~しないと(したら)怒るぞ!」
    6. ⑥「ダメ!」「子どもだからまだ無理」
    7. ⑦「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから~しなさい!」

大人の言葉を“子どもの気持ち”になって考えてみると…

子どものしつけのため、あるいは家の用事をスムーズに済ませるために伝えた内容を、何度言っても子どもが聞いてくれない…なんてことはありませんか?

それはもしかしたら、パパママの言い方が子どもにとって理解しづらかったり、あるいは反発を招いているからかもしれません。理解できないだけならまだしも、言い方によっては子どもの心を傷つけたり、やる気や成長を阻んでしまうおそれも

そうした言葉がもたらす影響について考慮しながら、パパママが子どもに言ってはいけないNGワードと「この方が伝わりやすい」という適切な言い方をご紹介します。

7つのシチュエーションで言いがちな10大NGワード

①「早くしなさい!」

朝の登園・登校前や休日のお出かけ前など、時間に追われているのに準備が遅い子どもに対して、ついキツイ口調で「早くしなさい」と言ってしまいがちですよね。

でも、小さい子どもは大人と比べて時間の感覚が十分備わっていないため「早くってどういうこと?」と理解しづらいもの。また、自分なりに準備を進めているつもりなのに急ぐよう怒られたら、せっかくのやる気や主体性を失ってしまうかもしれません。

まずは、子どもの行動ペースがゆっくりなことを織り込んで予定や行動を進め、大人の都合でせかさないようにしてみませんか。その上で「8時に家を出るから、7時50分までに制服を着ようね」など具体的な表現で行動目標を伝えたり、子ども自身に準備を進めさせながら「何か手伝おうか」と声を掛けてあげれば、やる気を損なうことなく早くできる術を身につけていけるでしょう。

②「どうしてできないの?」

出かける準備を早くしてほしいのに行動が遅いなど、親が期待している(すべきと思っている)とおりのことを子どもができない時につい言ってしまいがち。

でも、できなくて一番焦ったり悔しいのは子ども本人。そこに「どうしてできないの?」と追い詰めるような言葉を掛けたら、子どもが「僕はできない子なんだ」と自分を責めかねません。さらにこのフレーズに「他の子はできてるのに~」と比較するような言葉を加えたら、子どもが劣等感を抱くおそれも…。

そんな時は「どうすればできるかな?」と声がけしたり、その方法を一緒になって考えてみてはいかがでしょうか。そうした挑戦を経て、できなかったことを克服できるようになったら、子どもにとっての成功体験として大きな自信(自己肯定)になるはずです。

また大人の側も、子どもに課している「~すべき」の基準を見直すと、こうしたNGワードで叱る回数が減るかもしれませんよ。

▼あわせて読みたい

③「ちゃんと○○しなさい」「何度言ったら分かるの?」

約束や注意されたことを守らない子どもに対してセットで言いがちなこれらのフレーズ。共通するのは、まだ経験に乏しい子どもへの言い聞かせ方としては曖昧すぎるということ。

「ちゃんと」と言われても具体的にどうすればいいか方法が思いつかないし、だからこそ何度でも同じことを注意されるのです。また、繰り返し「何度言ったら分かるの?」と言われ続けると、子どもが「どうせ自分は…」と自信を喪失しかねません。

こちらも「早くしなさい!」の言い換えと同じく、子どもが取るべき行動を具体的に分かりやすい言葉で伝えてみてください。場合によってはその場で言うだけでなく、例えば片づけ方を紙に書いて収納スペースに貼っておくなどすると、自分がするべきことを子どもも理解して習慣づけられそうですね。

④「勝手にしろ!」「出ていけ!」

子どもを叱ったり親子で口論となった際、ついカッとなって口に出してしまいがちなフレーズですが、いずれも怒りをただぶつけて子どもを突き放しているだけ。しかも子どもはこうした言葉を額面通りに受け止めがちで、「じゃあ勝手にやるから」「じゃあ家出してやる」と反発されたら取り返しがつきません。

思ってもいないネガティブな言葉を“売り言葉に買い言葉”でぶつけてしまわないためにも、子どもにつられて我を見失うことなく一歩引くこと。そしてカッとなった子どもが「パパママは僕のことを大事に思ってるんだ」と気づいてくれるような穏やかな言葉をかけてあげてください。

▼あわせて読みたい

⑤「~しないと(したら)怒るぞ!」

「言うこと聞かないと怒るぞ」──かなりの怒りの感情が込められているけど字面では“怒る一歩手前”で、子どもへの警告効果がありそうなフレーズ。

でもよく考えると単なる脅しであり、この言い方だと怒られている理由が子どもに伝わらず、結局は問題の本質が改善されず同じことを繰り返しかねません。

そんな時は、例えば「もう家に帰らないと、晩御飯が遅くなってお腹が減っちゃうよ」と、“何がどういけないから困るのか”と子どもにも理由が分かるように説得してみてください。そうすると子どももパパママの気持ちを理解して、言うことを聞いてくれるかもしれませんよ。

⑥「ダメ!」「子どもだからまだ無理」

子どもが未体験のことにチャレンジしたいと意思を示した時、失敗や危険を先回りで心配したり、あるいは親がサポートしなきゃいけないのが面倒なため「ダメ!」「まだ無理」と却下してしまうことはありませんか?

でも子どもというのは、やりたいことや未知なるものに挑戦し、身をもって成功や失敗を重ねることで成長していくもの。たとえ親心から言ったとしても、こうした言葉は「自分にはできない」と子どもの好奇心や成長の可能性を潰しかねません

子どもがチャレンジ意欲を示した時はなるべく見守り、もし他人に不快な思いや危害を与える可能性があるなど“本当にダメなこと”の場合は「〜だから〜しちゃダメなんだよ」と理由をきっちり説明すれば、子どもだって理解してくれることでしょう。

▼あわせて読みたい

⑦「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから~しなさい!」

おもちゃの取り合いになったら「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」。言いつけを守らない場合は「お姉ちゃんなんだからちゃんとしなさい」。

兄妹がいる家庭でつい言ってしまいがちな「~なんだから」。でもこうした言い方は子どもにとっては理不尽で納得しづらいし、自分がお兄ちゃん・お姉ちゃんであることに対してネガティブな感情を抱きかねません

できれば兄妹問わず好きなようにさせてあげるのが理想ですが、なかなかそうもいかないでしょうから、まずは「お兄ちゃんなんだから」と年齢を理由とする言い聞かせ方を見直してみましょう。逆に、ほめる時に「さすがお姉ちゃん」などと年齢要素を絡めると、自分がお兄ちゃん・お姉ちゃんであることをポジティブに感じられるはずです。

▼あわせて読みたい
子どものやる気や自尊心を傷つけかねない、無意識に言ってしまいがちな“NGワード”をシチュエーションごとにご紹介しました。

「~すべき」「~してほしい」という大人の期待に子どもが応えてくれない場合、よくない言葉と分かっていても感情に任せて発したくなることもあるでしょう。そんな時はNGワードが子どもに与える影響の大きさを今一度思い返し、その時々のシチュエーションや子どもの気持ちに寄り添った声がけを心がけてみてください。