ネガティブな言葉はNG!子どもの自己肯定感を育む「言葉のポジティブ変換」

ネガティブな言葉はNG!子どもの自己肯定感を育む「言葉のポジティブ変換」

育児

目次[非表示]

  1. 言葉のポジティブ変換【性格編】
    1. ①「わがまま」「自分勝手」「協調性がない」⇒「周りに流されない」「自分の意志(意見)を持っている」
    2. ②「言うことを聞かない」⇒「自分で考える(動く)のが好き(得意)」
    3. ③「生意気」「口ごたえばっかり」⇒「物おじしない」「自己主張できる」
    4. ④「しつこい」⇒「粘り強い」
    5. ⑤「臆病」「気が弱い」⇒「慎重」
    6. ⑥「引っ込み思案」⇒「思慮深い」「感受性豊か」「人の気持ちを考えることができる」
  2. 言葉のポジティブ変換【行動編】
    1. ①「うるさい」⇒「活発」「元気」「行動力がある」
    2. ②「落ち着きがない」「集中力がない」⇒「好奇心旺盛」「行動的」
    3. ③「泣き虫」⇒「感受性が豊か」「自分の感情を素直に表現できる」
    4. ④「遅い」「要領が悪い」⇒「とても丁寧」
  3. 「言葉のポジティブ変換」は夫婦の自己肯定感にも効く!

言葉のポジティブ変換【行動編】

①「うるさい」⇒「活発」「元気」「行動力がある」

子どもってやたらとテンションが高くなって騒々しい時があり、つい「うるさい」とイライラしてしまいますよね。でも見方によっては、じっとしていられないほど元気があり余っている、エネルギーあふれる子ということ。そうした活発的な一面を「元気だよね」と受け入れられたら、天真爛漫で伸び伸びした子に育ってくれるのではないでしょうか

②「落ち着きがない」「集中力がない」⇒「好奇心旺盛」「行動的」

しつけに苦労するパパママの代表的な悩みといえば「落ち着きがない」「集中力がない」。食事や遊びですぐに気が散り、同じことをずっと継続できないとつい注意せずにいられませんよね。

でも、そうした時の子どもは周囲の状況に対して敏感で、頭の中にはいろんな情報や考えが駆け巡っている状態。そうした状態は「落ち着きがない」ように見えますが、実は「好奇心が旺盛」で「行動的」な子だと捉えることもできます。親が正しく導いてあげれば、発想力や活力に満ちた人間としての素養となるでしょう。

③「泣き虫」⇒「感受性が豊か」「自分の感情を素直に表現できる」

子どもが嫌なことや悲しいことがあるたびにすぐ泣いていると、「もっと気持ちを強く持って」と厳しく思いがち。でも、すぐに泣いてしまうのは喜怒哀楽に対する感受性が豊かであり、感情をありのままに表に出せることの表れ。泣くことを我慢する=感情を押し殺すのと比べたら、よほど人間味豊かで良いことではないでしょうか。また、感情の変化に対して敏感でいられる子ほど、人の気持ちを汲み取ることが得意になりそうですね。

④「遅い」「要領が悪い」⇒「とても丁寧」

やるべきことがなかなか進まなかったり要領が悪い子どもを「遅い!」と責めてしまっていませんか? でも、行動の達成基準は「早い」か「遅い」だけではなく、「ちゃんとできたかどうか」も重要な要素。また、人には自分に適した方法や進度があり、スピードを優先しそれらを崩して行動すると逆に「ちゃんとできない」なんてことも。自分に適したペースで物事を進める丁寧さは、行動の完成度を問われる局面でプラスに活きることでしょう。

「言葉のポジティブ変換」は夫婦の自己肯定感にも効く!

物事はとらえる角度によって見え方が大きく変わります。保護者であるパパママにとっては、親の意に反する子どもの性格や振る舞いを短所と感じる時もあるでしょうが、見る角度を変えれば“将来の生きる力”となる素晴らしい長所として映ることもあります。

言葉が人間の心理に与える影響は大きいもの。つい子どもにネガティブな言葉をぶつけそうになったら、今回ご紹介したアイデアを思い出し、ポジティブな言葉で自己肯定感を育んであげてください。ポジティブワードをそのまま子どもに声がけするのが照れ臭い場合は、パパママの頭の中にとどめておき、その発想に基づいた接し方を心がけるのもオススメ。短所と思いがちな子どもの特質を、長所として伸ばしてあげられるといいですね。

また、こうした「言葉のポジティブ変換」は、親子間だけでなく夫婦間にも有効。パートナーの性格や態度にイラっとさせられることがあったら、ネガティブな言葉をぶつけてパートナーの機嫌や尊厳を傷つける前に、ぜひともポジティブな方向に発想を転換してみてください。そうした発想に基づいた声がけや接し方を重ねていけば、きっと自己肯定感の高い“最強の夫婦”になれるはずです。

▼あわせて読みたい
35 件