【4歳の反抗期】わがままにどう対処すればいい?子どもの反抗期虎の巻

【4歳の反抗期】わがままにどう対処すればいい?子どもの反抗期虎の巻

育児

目次[非表示]

  1. 4歳の反抗期(4歳の壁)とは?いつから始まる?
  2. 心や体がぐんと成長する一方、反抗的な態度やわがままが顕著に
  3. 親に気持ちを分かってほしい、でもうまく伝えられない葛藤
  4. 気持ちの切り替えに時間がかかる子は、気持ちを受け止めて待つ
子どもの成長は親にとって最高の幸せではありますが、子育ては楽しいことばかりではありません。特に頭を悩ませるのが、2歳のイヤイヤ期、4歳の反抗期、10歳の反抗期など、年齢ごとに顕著となって現れる反抗的な態度。親の言うことを聞こうとしない我が子への対応に手を焼き、ついカッとなって怒鳴ったりしてませんか?

でも、できることなら怒ったりイライラせず、親子が一緒にいる時間は笑って過ごしていたい──。そう願うパパママのために、反抗期の我が子にどのように接して言い聞かせればいいか、子育てアドバイザーの高祖常子さんがアドバイスする「子どもの反抗期虎の巻」。第5回のテーマは、4歳の反抗期でよく見られる「わがまま」です。

4歳の反抗期(4歳の壁)とは?いつから始まる?

4歳ごろの子どもは体や運動能力が成長して自分でできることが増え、さらに言葉で気持ちを伝えられるようになります。その一方、少しずつ情緒が発達して自我も芽生えることで、感情をうまくコントロールできないストレスと相まって情緒が不安定になり、イヤイヤ期とは違った反抗的な態度や自分勝手な行動が目立つようになります。

▼「4歳の反抗期」についてはこちらもチェック

心や体がぐんと成長する一方、反抗的な態度やわがままが顕著に

3歳ごろから保育園や幼稚園など集団に属している子も多く、心や体の成長が目覚ましい時期。友だちがしていることに刺激を受けて、今までできなかったことができるようになったり、友だちと比較するようになったりもします。特に4歳ごろには着替えや歯磨きなど、日常生活の中で「自分でできる」ことが増えてきます。

体を動かして遊ぶのが楽しくなってくる時期ですが、逆に今まで楽しく遊んでいた滑り台やブランコを急に怖がるようになる子もいます。これは高さや揺れを認識し始めた証拠です。「今までできていたのにおかしい」「4歳になったのに赤ちゃんみたいで恥ずかしい」などの言葉をかけるのはNG。少しずつやってみると、またできるようになりますから、突き放さないことが大事です。

言葉や指示もわかるようになり、言語をたくさん使えるようになってくるので、親子のコミュニケーションもスムーズになってきます。ただその反面、「わがままがひどくなる」「注意されるとふてくされたり、無視する」など、子どもとの向き合い方に困っているパパやママもたくさんいるようです。

親に気持ちを分かってほしい、でもうまく伝えられない葛藤

「なんだか2歳のイヤイヤ期に似ているな」と思う方もいるかもしれませんが、2歳のイヤイヤ期はどちらかというと「人に指示されるのがイヤ」という時期。4歳の場合は、気持ちを分かってほしい、知ってほしいという思いが強くなります。でも、まだうまく説明できなかったり、もやもやした気持ちを言葉にすることが難しいこともあります

また4歳を迎えると「〇〇したい」「イヤ」と自分の欲求を主張する場面も多くなってきます。「だだをこねて困る」と感じるパパやママも多いと思いますが、ここは、今までもお伝えした通りに子どもの気持ちは受け止めて、その後の行動は子どもに考えさせて意見を聞いたり、相談して決めていくことが大事です。「イヤじゃないでしょ!」「○○できないって決まってるでしょ!」「なぜそんなことを言うの!」など、子どもの気持ちを否定するような声掛けはやめましょう。

4歳の子どもは、今日の出来事や自分の気持ちをたくさん話したい時期です。記憶力もついてきて、パパやママがいないときの出来事など「保育園で今日ね…」など報告してくれることも増えてきます。話しかけてきたときが、しゃべりたいとき。パパやママの余裕があれば、ぜひ聞きましょう。その時は難しければ「これが終わったら聞かせてね」などと伝えましょう。

気持ちの切り替えに時間がかかる子は、気持ちを受け止めて待つ

4歳というのは、親や友だち、先生など他者との関係性も育まれてくる時期です。友だちはできるのに自分はできないと落ち込んだり、悔しがったりすることもあります。

簡単なルールなどもわかるようになるので、カルタやボードゲームなどで友だちや家族と遊べるようになりますが、自分が負けてしまうと泣きわめいて収拾がつかなくなるという子もいます。これはその状況(負けたこと)と自分の気持ち(負けたくなかった)とが葛藤しているということです。勝ちたい、頑張りたい、認められたいという意識を強く持つようになり、それが叶えられないとき、自分の気持ちと戦っている状態です。そういう気持ちを持つことはいけないことではありませんし、場合によってチャレンジしたいという気持ちのベースになります。

そんなとき親がカーッとして「みんなで楽しく遊んでいるのにうるさい」「仲よく遊べないなら、あっちに行け」などと、怒鳴りつけたり、子ども自身や子どもの持った気持ちを排除しないことが大事です。「悔しかったんだね」と受け止め、「気持ちが落ち着いたらまた一緒にやろう」と、子どもの言動に過剰に関わりすぎず、落ち着くのを待ちましょう。

「注意されるとふてくされたり、無視する」というのも、上記と同じような状況です。たぶん子ども自身はいけないと思いながら、つい楽しくて羽目を外してしまったということもあるでしょう。そこを指摘されたから、自分自身ばつが悪いという気持ちになっていて、素直に聞けなかったり、無視したりすることもあります

こんなときに「ごめんなさいは!」と過ちを認めさせる言葉を無理に言わせたり、「自分のどんなことが悪かったのかを、今すぐ言いなさい!」などと突き詰める必要はありません。また「言い訳するな!」と子どもが自分の気持ちを伝えようとしたときにシャットアウトするのもよくありません。子どもが落ち着いているときに、「さっきはどうしてあんなことしたの?話したくなったら教えてね」と伝えると、子どものタイミングで話してくれるでしょう

子どもが「気持ちを否定せず、話を聞いてくれる」と思える、安心した親子関係を作っていきましょう。

イラストでよくわかる 感情的にならない子育て

¥1,430

Amazonで高祖 常子, 上大岡 トメのイラストでよくわかる 感情的にならない子育て。アマゾンならポイント還元本が多数。高祖 常子, 上大岡 トメ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

▼あわせて読みたい