【10歳の反抗期】親に突っかかってくる我が子にどう対処すればいい?子どもの反抗期虎の巻 

【10歳の反抗期】親に突っかかってくる我が子にどう対処すればいい?子どもの反抗期虎の巻 

育児

目次[非表示]

  1. 10歳の反抗期(10歳の壁)とは?
  2. なぜ子どもは親に突っかかってくるのか
  3. 子どもが突っかかってきたとき、親はどうすべきか
  4. 子どもの気持ちは、否定しないで受け止める
子どもの成長は親にとって最高の幸せではありますが、子育ては楽しいことばかりではありません。特に頭を悩ませるのが、2歳のイヤイヤ期、4歳の反抗期、10歳の反抗期など、年齢ごとに顕著となって現れる反抗的な態度。親の言うことを聞こうとしない我が子への対応に手を焼き、ついカッとなって怒鳴ったりしてませんか?

でも、できることなら怒ったりイライラせず、親子が一緒にいる時間は笑って過ごしていたい──。そう願うパパママのために、反抗期の我が子にどのように接して言い聞かせればいいか、子育てアドバイザーの高祖常子さんがアドバイスする「子どもの反抗期虎の巻」。第6回のテーマは、10歳の反抗期でよくある「親への攻撃的な態度」です。

10歳の反抗期(10歳の壁)とは?

9~10歳(小学校4年生前後)になった子どもが直面する、内面的な変化のこと。心身共に発達して自立心や自己肯定感を育む過程の中で、友だちとの比較などから劣等感を抱きやすくなり、そのイライラや不安が攻撃的な言葉づかいや反抗的な態度として大人に向けられやすくなります。

■「10歳の反抗期(10歳の壁)」についてはこちらもチェック

なぜ子どもは親に突っかかってくるのか

前回の「10歳の反抗期」では「『でも…』『だって…』と口答えする」というテーマでお伝えしました。「でも」「だって」は言い訳っぽくも聞こえますし、ちょっと拗ねているような「まだ子どもだな」という印象を持つ親も多いと思います。

さらに、親が「こうしなさい」と言うと「なんでそんなこと言われなきゃいけないの?」「パパの言うことが正しいって誰が決めたの?」と攻撃的に突っかかってくることもあります。「突っかかってくる」というのも口答えではありますが、もうちょっと反抗的で強い感じですね。さらにその結果、売り言葉に買い言葉で激しい親子喧嘩になるケースは少なくありません。

「もちろん子どもには子どもの気持ちがあるし、それもわかっているつもり。でも、突っかかって来られるとついイラっとして強く言ってしまう」というパパも多いのではないでしょうか。

10歳前後は、心も体も大きく成長する時期です。そして大きく成長するからこそ、心や体のバランスが不安定な時期でもあります。この時期は、男性ホルモンや女性ホルモン、成長ホルモンの分泌が盛んになり、心身の状態が不安定になります。子どもが理由もなく気持ちをモヤモヤさせていたり、ちょっとしたことで苛立ったりするのは、これが原因です

子どもなりの気持ちを持っているけれど、うまく伝えられなかったり、思っていることと違うことを言われたり、思っているのにできていないことを突かれる(言い当てられる)と苛立ち、親に突っかかってくるような言動をすることがあります。

また10歳前後の子どもは、自我も強くなりますが、自分と他者との関係にも敏感です。友だちや先生、習い事やサークル仲間との関係など、子ども自身いろいろと気を遣っている場面も多く、精神的に疲れて苛立ちやすい状況の中にいるということも、親は理解しておきましょう。

子どもが突っかかってきたとき、親はどうすべきか

子ども自身もイライラを爆発させた後、自分に対して「なぜこんなにイライラするのか」「なぜやたらと親に突っかかってしまうのか」と困っている場合もあるでしょう。または「なぜ親はわかってくれないのか」「親はなぜ正論で自分を追い詰めるのか」と悲しい気持ちになっているかもしれません。

親の方も「なんでそんなに突っかかってくるんだ!」「別に普通に言えばいいじゃないか!」という気持ちになると思いますし、売り言葉に買い言葉になってしまうこともあるでしょう。でも、そこはやはり同じ土俵に乗らないことです。つい子どもの心を傷つけるような言葉を言ってしまったら、「さっきは言いすぎた」「よくない言葉を使って、悪かった」など、親が謝ることも大事です。

子どもが突っかかってくる言葉を吐いているときは、気持ちが高ぶっていますから、まずはクールダウンしてもらうことが大事です。「お互い冷静になって、ちょっと後で話そう」と伝えて、少し時間をおいて話すといいでしょう。ただし、子どもが親を傷つけるような馬鹿にするような言葉をかけてきたら、「今の言葉は使ってはダメ。パパはイヤな気持ちになったよ」などと、その場できっぱりと伝えましょう

子どもの気持ちは、否定しないで受け止める

親子の気持ちがお互いに落ち着いたら「さっきの話だけど」と切り出し、なぜ突っかかるような態度を取ってきたのか子どもに聞いてみましょう。

子どもの話を聞くときには、「否定しない」ことが大事です。この「否定しない」というのは簡単な感じがしますが、とても難しいこと。「なぜそんなこと言うんだ」「どうしてそんな風に思うんだ」ということもあるでしょう。でも、やはりそれは「子どもが持った子どもの気持ち」なのです。

子どもが気持ちを話してくれたら「そう思ったんだ」「○○だから、こう言ったんだね」などと一旦受け止めることが大切です。その上で「でもパパはこう思う」と伝えるようにしましょう。これは I(アイ)メッセージと言い、自分を主語に話す表現方法です。このように伝えることによって、気持ちの違いを確認しつつ、お互いを尊重するコミュニケーション方法を子どもも学ぶことができます。

逆に子どもから「なぜパパは○○って言うの?」と問い詰められたら、まず親が理由を答え、次に「君はどうしたい?」と子どもの気持ちを聞いてみましょう。子どもから聞く言葉は、親からしてみると正解ではないかもしれませんが、「そういう考え方もあるんだ」「そういう方法もあるんだ」とちょっと引いて、子どもの気持ちや考えを尊重してみてはいかがでしょう。

親は子どもの自立(自律)を願っているはず。親の掌で「こうしなさい」「なぜ言う通りにしないんだ」と指示に従わせるような子どもとの向き合い方になっていないかを、親自身も見直すきっかけになったらと思います。

思春期&反抗期の子どもが本当に知りたいたった5つのこと: 悩める年代の教育入門書 子どもの教育本 eBook : こばかず: 本

¥498

Amazon.co.jp: 思春期&反抗期の子どもが本当に知りたいたった5つのこと: 悩める年代の教育入門書 子どもの教育本 eBook : こばかず: 本

▼あわせて読みたい