男性育休って本当に必要? 〜現役パパママが考える「安心して子育てできる社会」「仕事と育児の共存」とは〜 イベントレポート

男性育休って本当に必要? 〜現役パパママが考える「安心して子育てできる社会」「仕事と育児の共存」とは〜 イベントレポート

育休

目次[非表示]

  1. イベントのテーマ『現役パパママが考える 「#安心して子育てできる社会」 「#仕事と育児の共存」』って?
    1. トークテーマ1:男性育休って本当に必要?
    2. トークテーマ2:キャリアもライフもトレードオフにしない働き方
    3. トークテーマ3:#安心して子育てできる社会 #仕事と育児の共存 に対して、今企業が求められていることとは
  2. 企業向けの子育て支援サービス「ベビケアプラス for Business」先行トライアル受付中!
猪熊さん:安心して子育てできる「社会」はまだ実現まで時間がかかりますが、安心して子育てできる「企業」は増えてきています。今の会社が働きづらければ、自分が大切にしたいものを大切にしてくれる会社を探すことが重要だと思います。

一方で、子育て中は転職が難しい、キャリアアップは望めない等といった「心理的ハードル」もあったりするものですが、今回のようなイベントやセミナーなどの勉強の機会を活用して、自分の意識を変えていくというのも必要ではないでしょうか


上原さん:労働市場の中でも力学が変わってきて、働き手に優位な世界になってきています。それに伴い、その考えにアップデートできない企業は、良い人材を採用できないという時代。企業がこの変化に対応していくのは価値観のアップデートが必要なので本当に大変だと思いますが、これからも「仕事と育児の共存」を実現するためのお手伝いをしていきたいと考えています。
千葉さん:イベントの時間も終了に近づきました。今回は男性育休をテーマに登壇者の皆さんとセッションすることができ感謝しております。本日のまとめになりますが、あらためて、4月1日の育休法改正が施行されることで、企業は従業員に男性育休を打診することが義務付けとなります。

産休中・育休中の社員をはじめ、従業員全員に対しての企業側の働きやすい環境づくりへの取り組みが必要になり、優秀な人材確保や従業員の満足度にも直結する大きな課題となっているかと思います。1時間という限られた時間でしたが、皆さまにとってこのイベントが男性育休について知り、考えるきっかけにしていただけると嬉しいです。

(編集部コメント)
さまざまな視点から語られた、男性育休。育休を取ることは、自身の働き方や人生において大切な軸を捉え直し、アップデートすることのできる機会になるのではないでしょうか。「自分の会社では前例がないから育休を取得するのが難しいだろう」と悩んでいるパパも、まずは会社に相談してみることから始めてみませんか?

企業向けの子育て支援サービス「ベビケアプラス for Business」先行トライアル受付中!

イベントで語られたように、今、企業側は制度のみならず、安心して子育てと仕事が両立できる環境を整備することが求められています。このような背景を受け、今回のイベントの主催である株式会社ファーストアセントは、企業側の育児サポート支援をする新サービス「ベビケアプラス for Business」をリリースされたそうです。

「ベビケアプラス for Business」では、下記の特典利用や育休推進サポートを受けることができます。
・スマートベッドライト「ainenne」提供
・育児のお悩みに専門家が回答するショート動画「ベビケアプラス」利用
・育児休業・産後パパ育休に関する研修の実施サポート
・育児休業・産後パパ育休に関する相談体制の整備(相談窓口設置)サポート


このサービスの先行トライアルを限定30社で募集中(2022年4月1日現在)とのことで、「育休明けに社員が退職してしまう」「男性社員への子育て支援で具体策がみつからない」といったお悩みをお持ちの企業担当者の方は、検討してみてはいかがでしょうか。
▼スマートベッドライト「ainenne」についてはこちら
38 件