世界に類を見ないデジタルアートミュージアム「エプソン チームラボ ボーダレス」へ行こう

世界に類を見ないデジタルアートミュージアム「エプソン チームラボ ボーダレス」へ行こう

おでかけ

突然ですが、皆さんは「チームラボ」をご存じですか?

チームラボとは、最先端のデジタルテクノロジーと独創的なアイデアを融合し、さまざまなデジタルアート作品を生み出してきた世界的なクリエイティブ集団です。


そしてこのたび、チームラボによる東京初の常設展示「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が6月21日からお台場・パレットタウンにオープン! 家men編集部スタッフがオープン初日に実際に足を運んできたので、気になる展示内容をさっそくレポートします。


まるでデジタルアートの遊園地!境界のない1つの世界に溶け込んでいく


「チームラボ ボーダレス」は、10,000㎡という巨大空間を5つの世界で構成。520台のコンピューターと470台のプロジェクターを駆使し、世界初公開作を含む約50の体験型デジタルアート作品が展示されています。


家men,お台場,チームラボ,通路

展示スペースをつなぐ暗闇の通路もまたデジタルアート。作品名は「花の森、埋もれ失いそして生まれる」


非常にユニークなのは、展示作品それぞれに境界がないこと。部屋から出て通路を移動するうちに、他の作品とコミュニケーションしたり、あるいは他の作品と混ざり合うという不思議な感覚を味わえます。

また、一般的な美術館と違って作品と鑑賞者との境界もないので、デジタルアートが織りなす複雑かつ立体的な世界にとことん没入していくことができます。


つまり、まだアートへの知識や関心が低い子どもでも、デジタル遊園地へ訪れたような遊び感覚で楽しみながら、新鮮な驚きや感動を体感することができるのです。


1. Borderless World

「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」など、「チームラボ ボーダレス」のコンセプトである“境界のない1つの世界”を色濃く体現した作品を展示。人々がその世界に身体ごと迷い込んでいくうちに、境界のない作品群もまた人々の存在によって変化。そして人々と世界との間に境界のない、新しい関係を感じ取ることができます。


家men,お台場,チームラボ,展示1

初公開作品「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」


家men,お台場,チームラボ,展示2

光の点の集合で織りなす「Wander through the Crystal World」。四方八方、さらに足元まで光の彫刻に包まれた感覚に!


2. チームラボアスレチックス 運動の森

「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトに、脳の海馬を成長させて空間認識能力を鍛えるという、チームラボの新たな試みとなる「創造的運動空間」。「光の森の3Dボルダリング」「グラフィティネイチャー 山山と深い谷」「重力にあらがう生命の森」など、複雑かつ立体的な空間で身体ごとデジタルアート空間に没入する、不思議な運動体験ができます。


身体と頭脳を刺激する「光の森の3Dボルタリング」


3. 学ぶ!未来の遊園地

「共同的な創造性、共創(きょうそう)」をコンセプトに、他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ「遊園地」。紙に自由に描いた魚の絵が、目の前の巨大な水族館で泳ぎ出す「お絵かき水族館」など、子どものクリエイティビティや表現力を育むことができそうですね。


家men,お台場,チームラボ,展示5家men,お台場,チームラボ,展示5sub1家men,お台場,チームラボ,展示5sub2

クレヨンで描いた生き物の絵がプロジェクションマッピング上で躍動する「お絵かき水族館」。子どもと一緒に夢中になること必至!


4. ランプの森

ランプの近くで立ち止まり、しばらくじっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせます。ランプの光は最も近いランプに次々と伝播し、すべてのランプを一度だけ強く輝かせてから、必ずはじめのランプに戻ってきます。


家men,お台場,チームラボ,展示6

顔や身体を近づけるとランプの色が変わる「呼応するランプの森 -ワンストローク」


5. EN TEA HOUSE

一服の茶を点てると、器の中の茶に花々が生まれ咲いていき、その無限に広がる世界をそのまま飲むティーハウスです。


家men,お台場,チームラボ,展示7

アートを飲む感覚を味わえる「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」


境界のないアートで出来た、世界に類を見ない新たなミュージアム「チームラボ ボーダレス」。自らの身体を使って未知なる世界を探索していくうちに、自分もデジタルアートの一部になっているようなボーダレス感覚を、大人も子どもも夢中になって体験してみてください。


■施設概要

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
延床面積:約10,000㎡
営業時間:月〜木 11:00 -19:00 (21:00)
金・祝前日 11:00 -21:00 (22:00)
土 10:00 -21:00 (22:00)
日・祝日 10:00 -19:00 (20:00)
※最終入館は閉館の1時間前
※()内は6/21(木) - 8/31(金)までの特別延長時間です。
※営業時間はシーズンによって異なります。詳しくはウェブサイトをご確認ください。
休館日:第2・第4火曜日
料金:一般/高・大学生3,200円(※6月21日〜7月31日までは2,400円)
子ども(4歳〜中学生)1,000円
※施設オープンを記念して、「オープン記念チケット」を販売します。
6月21日(木)から7月31日(火)まで、お得な料金でお楽しみいただけます。
※料金は税込の金額となります。
※高校生には「バイトル高校生無料チケット」のご用意もございます。
(特設ホームページ: https://www.baitoru.com/cp/teamlab-borderless/ )
※前売券・当日券ともに料金は共通です。 前売券は、日付指定となります。
※前売券・当日券ともに、その日の販売予定枚数の上限に達し次第、販売終了となります。詳細
はHPをご確認ください。
※EN TEA HOUSE(カフェ)は、別途料金がかかります。
※中学生以下のお子さまだけでの入場はできません。
チケット発売: 2018年6月7日より発売中
販売場所:展覧会公式ウェブサイト https://borderless.teamlab.art/jp/
ローソンチケット、セブンチケット
運営者:森ビル・チームラボ有限責任事業組合
(※森ビル株式会社とチームラボが共同で設立し、本施設の運営をおこなう事業組合)
プロジェクションパートナー:エプソン販売株式会社
オフィシャルパートナー:バイトル
協賛:マウスコンピューター、ダイキン工業、山下PMC、大林組、ジャパンマテリアル、
CHIEF、日立LGデータストレージ、ぺんてる、コングレ
公式ウェブサイト: http://borderless.teamlab.art/jp
ダイジェスト映像: https://youtu.be/UYFWjUj4RPQ
#チームラボボーダレス #teamLabBorderless