夏休みの宿題・自由研究にも役立つ親子で行きたいイベント2018【関東】

夏休みの宿題・自由研究にも役立つ親子で行きたいイベント2018【関東】

おでかけ
※本記事は2021年版に改訂されています。

いよいよ待ちに待った夏休み。子どもにさまざまな体験をさせてあげたいけれど、親子でどこに行こうかとお悩みの方必見!

プログラミング、科学実験、ものづくり、社会科見学、アートや芸術鑑賞など、遊びながら宿題や自由研究のネタにもなるワークショップや体験学習に参加できる、おすすめの注目イベントを紹介します。

※主に小学生を対象として首都圏で開催されるイベントです。
※イベントごとの申込み方法や事前受付の締切等の詳細は各ホームページをご確認下さい。
■こども霞が関見学デー
http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/kengaku/


文部科学省をはじめとした26府省庁等が各府省庁等の特色を生かし、業務説明や省内見学など、子どもたちを対象に広く社会を知るさまざまなプログラムを実施します。</p><p>当日は各省庁の説明やプログラム、地図か入った「霞が関こども旅券」(パスポート)を配布し、子どもたちの興味に合わせて霞が関を自由に歩くことができます。

プログラム内容や申し込み方法などの詳細は各省庁ごとに確認して下さい。

各省庁のリンク先一覧
http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/kengaku/1406430.htm
各省庁のプログラム一覧はこちら
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/06/29/1406432_001_1.pdf

開催期間:令和 3年8月18日(水)・19日(木)
会場:霞が関近郊の26府省庁等
対象:小・中学生・幼児等(原則として保護者同伴)
入場料・参加費:無料

■丸の内キッズジャンボリー2018
https://www.t-i-forum.co.jp/sponsorship/kids/

毎年、お盆の頃に開催される「丸の内キッズジャンボリー」。東京国際フォーラム内の複数の会場で、さまざまなワークショプや参加体験ブース、専門家の先生による特別講義、宿題の参考になる図書コーナー、音楽やパフォーマンスのステージ、レスキュー体験や、環境を考えるエリアなど「学ぶ」「つくる」「チャレンジする」「鑑賞する」体験を通じてたくさんの感動・発見・驚きが得られます。今年は2020年の東京オリンピックに向けて、大会競技やパラリンピック体験プログラムなどが充実しています。

会場:東京国際フォーラム
対象:未就学児・小学生・中学生およびその保護者
入場料・参加費:無料(プログラムにより材料費がかかる場合あり)
※プログラムへの参加方法は<事前申込>、<当日整理券>、<自由参加>があり、サイト上で事前申込を開始。例年、当日整理券配布プログラムは長蛇の列が並ぶ傾向がありますのでご注意ください。

■モノづくり体感スタジアム2021
http://mono-stu.jp/

モノづくり日本会議会員企業がモノづくりや理科、科学の楽しさを子どもたちに伝えることを目的に、ワークショップなどを一堂に集めて行う体験型のイベントです。

会場:オンライン開催
対象:未就学児からでも体験可能プログラムあり
入場料・参加費:無料


■キッズエンジニア2021
https://www.jsae.or.jp/kidse/

公益社団法人自動車技術会が主催し、自動車を中心としたさまざまな分野の科学技術やものづくりに興味を持ってもらう体験型学習イベントです。教室型プログラムは事前申し込みが必要な25プログラムと当日受付の5プログラムの合計30プログラムがあり、クルマの技術やプログラミングを自動車関連企業のエンジニアがじっくりと教えてくれます。申し込み不要の体験展示型プログラムもあります。

開催期間:2021年8月2日(月)10:00 ~ 31日(火)17:00
会場:オンライン(ライブ配信プログラム・録画配信プログラム)
対象:小学生(親子参加型プログラムもあり。未就学児も展示プログラムの一部参加可)
入場料・参加費:無料

■KID'SWORKSHOP2021
https://www.roppongihills.com/sp/workshop/2021/

「未来を担う子どもたちにこそ 本物の場所で本物の体験を」をテーマに、六本木ヒルズほか東京各所のヒルズで、最先端のテクノロジーや研究と出会えるワークショップ、アート&クラフト、料理、運動、仕事体験プログラムなどの約80種400講座を開催。テナント企業や店舗、施設と連携し、各界のエキスパートを講師に迎え、乳幼児から中学生・高校生も参加できる多彩なワークショップをラインナップ。

会場:六本木ヒルズをメイン会場に、虎ノ門ヒルズ・アークヒルズ・表参道ヒルズ
対象:乳幼児から中学生・高校生

■Maker Faire Tokyo 2021
https://makezine.jp/event/mft2021/

「Maker Faire(メーカーフェア)」は電子工作、ロボット、クラフト、ペーパークラフト、電子楽器、サイエンス工作、リサイクル/アップサイクルなど、さまざまなジャンルにおいて新しい発想とテクノロジーで“これまでになかった便利なものやユニークなもの”を作り出す「Maker」が集うイベントです。実際の作品に触れたり、ものづくり体験を行うことができます。近年のプログラム教育のムーブメントに伴い子育て世代にも注目が高まり、子ども向けの展示やワークショップも充実してきています。

開催期間:2021年10月2日(土)12:00~17:00 10月3日(日)10:00〜16:00
会場:オンライン

いかがでしたか。

ぜひ、子どもが興味を示す体験プログラムを見つけて参加してみてください。将来の夢のきっかけになるかもしれませんよ。
\その他おすすめ記事はこちら/