Original

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 | 伝説の音痴を支えた最大の味方

どんな時も妻の味方になっていますか?

日常生活でパートナーの言動に触れていると、つい「その行動おかしくない?」「そんなこと言わない方がいいよ」と注意したくなることがありますよね。

もちろん“よかれ”と思ってのことですが、言われた方は「私のことを分かってくれる人は誰もいない…」と追い詰められることも。

そんな夫婦関係を見つめ直すきっかけにオススメしたい作品が、実在の社交界夫婦を描いたメリル・ストリープ&ヒュー・グラント競演作『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』です。


夢を見続けた妻と、夢を見させ続けた夫

舞台は第2次世界大戦下のニューヨーク。社交界の花マダム・フローレンスは、その天真爛漫な人柄で誰からも愛される存在。音楽を愛する彼女にはソプラノ歌手になるという夢があるのですが、致命的な問題が…実は大のオンチで、しかも本人はそのことにまったく気づいていないのです!

そんなフローレンスの最大の味方になるのが、夫のシンクレア。彼女を信奉する仲間だけを集めて小さなリサイタルを開催したり、彼女の歌声について悪評を書いた新聞をすべて買い占めて目に入らないようにします。

そう、すべては愛する妻に夢を見続けさせるため。


ミュージカル映画にも出演するほどの美声を持つメリル・ストリープはフローレンス役を演じるにあたって、尋常ではないオンチに聞こえるよう“逆特訓”したというから驚き! オンチなのに幸せそうに歌う姿を名女優メリルがチャーミングに演じるからこそ、音楽を一途に愛するフローレンスの純粋さが際立ち、彼女を愛すべき存在として魅せることができるのです。

そしてもう一人、夫役ヒュー・グラントの好演も見逃せません。「音楽の殿堂カーネギーホールでリサイタルを開きたい」とまで言い出す妻のために奔走するドタバタをウィット満点に演じながら、妻を傷つけまいと必死に守ろうとする深い愛情を温かく演じています。“絶世のオンチ”フローレンスが単なる道化として孤立しないのは、夫をはじめ彼女の味方になる人々の献身ぶりがあったからこそです。


すべては愛する妻の笑顔のため

妻が幸せそうに歌う姿を見るのが好きだから。彼女の笑顔を見続けていたいから──。

とはいえ、ただ「妻のため」という理由だけでここまでするとしたら、それでは単なるイタい“毒夫”。でもシンクレアが妻の夢を叶えようと奔走するのは、実はフローレンスがオンチということ以外にも抱える、辛い秘密のためでもあります(それは見てのお楽しみ)。


パートナーの思いやりに包まれることで、オンチでありながら夢を見続けることができ、笑顔でいられる。そんなフローレンスとシンクレアの笑って泣ける“夫婦愛のカタチ”を、そっと胸に刻み込んでください。


<作品情報>

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016年) /アメリカ/ 上映時間:111分

©2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

上村 真徹(ライター・編集者)

上村 真徹(ライター・編集者)

家庭では妻の笑顔と娘の成長を最大の生きがいに、週末の料理やデザート作りで家族の胃袋をつかんでいる。最近は娘が成長し、以前ほど甘えてくれなくなったのが悩みのタネ。映画は新作・旧作問わず、年間100作品以上鑑賞。マイベストムービーは『ゴッドファーザー』だが、実は泣ける映画好き。

あわせて読みたい

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

友だち追加
LINE@ | 家men