Original

世界の家事シェア事情、気になりませんか? 共働き家庭の円満の秘訣とは

皆さんはどれぐらいの割合・時間で日々の家事を分担していますか。

特に共働き家庭ほど家事シェアへの意識が高いと思いますが、ご自身の家事時間が標準と比べて長いか短いか、また他の家庭ではどのように家事を分担しているのか気になりますよね。


そこで、熱で暮らしを豊かにするリンナイ株式会社が、世界の共働き夫婦の家事事情を探るべく、日本(東京)、共働き夫婦が少ない韓国(ソウル)、ベビーシッターや乳母が浸透しているアメリカ(ニューヨーク)、共働きが主流のドイツ、ワーク・ライフ・バランス先進国であるデンマーク、5カ国の30〜49歳の男女計500名を対象に「共働き」に関する意識調査を実施。立命館大学産業社会学部の筒井淳也教授のコメントを交えながら、気になる結果をご紹介します。


世界の家事シェア事情と比較しながら、仕事と家事を上手に両立するヒントを探してみませんか。



世界共働き夫婦の家事シェア事情──各国の差の背景は?

●1日のうち家事に配分している時間は?

平日の時間配分を項目ごとに調査したところ、家事が最も長いのはアメリカで、短いのはドイツ。仕事は日本と韓国のアジア両国が最も長く、睡眠や夫婦の時間はドイツとデンマークが長いという結果に。ちなみに夫婦の時間に関しては、日本が最も短いことが分かりました。

Q. あなたの普段の平日の一日あたりの過ごし方について教えてください。(各単一回答 N=500)


●家事を分担している夫婦の割合は?

家事を分担している人が最も多い国はアメリカ、家事を分担していない人が最も多い国は日本という結果に。これについて筒井教授は次のように分析しています。

「日本と韓国は、いずれも平日の時間配分は仕事中心。それでも韓国の家事分担度が高いのは、女性にとって仕事と家庭の両立が難しい環境であえてフルタイムで働いているため、夫婦が協力し合うしかない、ということかもしれません」

Q. あなたは配偶者(パートナー)と家事を分担していますか。(単一回答 N=500)


●実際に分担している家事は?

Q. あなたと配偶者(パートナー)が担当している家事内容について、 以下の中から当てはまるものをお選び下さい。(単一回答 N=397)


分担している家事を調査したところ、料理に関しては各国ともに女性が多く担当。その中でもドイツとデンマークは「自分と配偶者(パートナー)共同で行う」と答えた男性が半数を超えました。一方、食事の後片付けは分担している国が多く、こちらは日本と韓国で男性の担当割合が高いという結果に。



洗濯は各国とも女性の担当割合が高く、特に男女差が大きい結果に。掃除は日本とアメリカで女性の担当割合が約半数なのに対し、韓国・ドイツ・デンマークは共同で行っている人が多いことが判明。特に、ドイツとデンマークは「共同で行う」と答えた男性が約7割を占めました。



ゴミ出しは「自分でやる」と答えた人の割合が5カ国すべて男性の方が多い結果に。買い物に関しては、アメリカと日本は「自分で行う」という女性の回答が多く、韓国・ドイツ・デンマークは共同で行う人が多いことが分かりました。

こうした世界各国の家事シェア事情について筒井教授は次のように解説しています。

「共働き先進国のアメリカやデンマークを含めて、いまだにほとんどの家事で女性が主導的役割を果たしていることは間違いないでしょう。男性は、ゴミ出し以外にも「活躍」できる家事をもっと増やしていかなければなりません。また、アメリカなどでは「夫婦ともにやらない家事がある」ケースがある程度存在します。これは、住み込みの乳母(ナニー)や外部サービスを利用しているからですね」


●家事を効率化させるための工夫は?

家事効率化のために工夫していることを調査したところ、日本は「余分な物を買わない」が高い傾向に。一方アメリカは「機能性の高い家電を使う」との回答が多く、家電を上手に生活に取り入れている様子がうかがえます。また、デンマークは「家族で家事の役割分担を明確にする」が高い傾向となりました。この結果について筒井教授は次のように分析しています。

「家事を効率化するために「お惣菜や野菜等の定期宅配を利用する」と回答した割合は、日本が最低でした。日本の家事は(食事の準備を含めて)少しハードルが高いのかもしれません」

Q. あなたが普段、家事を行う際、家事を効率化させるために工夫していることは何ですか。以下の中から当てはまるものをお選び下さい。(複数回答 N=500)


●家事代行サービスの利用経験は?

子どもがいる家庭に「家政婦やベビーシッターなどの家事代行サービスを利用したことがあるか」を調査したところ、アメリカは利用経験者が8割以上と積極的なのに対し、日本はたったの1割。この結果について筒井教授は次のような見解を示しました。

「共働きが本格化すれば、家事・育児を思いきって「外注」することが必要になってきます。諸外国の様子は、これからの日本の夫婦生活のあり方を予言している可能性があります」

Q. あなたは、家政婦やベビーシッターなどの家事代行サービスを利用したことがありますか。以下の中から最も当てはまるものをお選び下さい。(単一回答 N=392)


仕事と家庭を両立し、家事シェアを上手く進めるコツは?

最後に筒井教授が、仕事と家事を上手に両立させるポイントを教えてくださいました。

1. 家事にも「働き方改革」を

「働き方改革」がさかんに叫ばれています。労働時間を短くしつつ、生産性を落とさないとなると、当然求められるのは「効率化」です。ただ、同じことが家事にも求められているのに、そのことはあまり強調されることがありません。


「仕事をしない主婦が完璧な家事・育児をこなす」ような1970年代的な社会環境は失われつつあります。働き方改革を進めて共働き夫婦が増えるなら、それに応じて「家庭の中の働き方改革」も進める必要があるのです。

2. 完璧な家事をしない・求めない

では具体的にどうしたらいいか? 最も重要なのは、完璧な家事をしない・求めない、ということ。効率化の最優先事項は「必要度の低い作業を省く」ことです。


これは外の仕事でも同じです。最近ようやくモンスタークレイマーが問題になりはじめましたが、とにかく日本社会はサービス水準が必要以上に高くて、それが労働時間の長さに直結しています。同じことは家事にも言えるのです。男性も女性も、家事の要求水準をもっと下げましょう。


「洗濯物を干すときは、完全にそろえて並べる」「カーペットの上の髪の毛一本までとらないと我慢ならない」「ガスレンジを使ったら、必ず毎度拭き上げる」。こんな家事の品質は、専業主婦家庭か、あるいはお手伝いさんのいる家庭でないと求めるのは難しいかもしれません。「毎日やっていた作業を2〜3日に一度にする」「(食洗機や掃除ロボットの利用など)自動化できるところは、初期費用が多少かかっても自動化する」といった割りきりは、「仕方がない」というよりも「必須」なのです。

3. 家事は少し長い目で男性に任せてみる

男性は概して家事が下手なもの。それはその通りで、男女共同参画の裏で男性の家庭参画が進む中で、まだまだ男性にとって「慣れない世界への適応」が途上にあるからです。家事という慣れない仕事に男性が慣れるには、少し長期的に任せてみることが大事です。


例えば、食事の準備も週1回ではなく連続して2週間ほど任せてみると「食材の買い物は冷蔵庫の残り物や消費期限を考慮しながら計画的に行う」といった作業のコツが見えてくるのです。そうした慣れを通じて、男性にとって見えていなかった「家事仕事の見えない本質」を夫婦で共有できるようになれば、分担の効率化が飛躍的に進むでしょう。


世界の家事シェア事情、いかがでしたか? 時間の使い方も様々ですが、各国でも家事のやり方、工夫が異なるのですね。普段の家事のやり方に、ぜひ参考にしてみてください。




<引用>
リンナイ株式会社「熱と暮らし通信」
https://prtimes.jp/my_m3/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=15237&release_id=18

家men編集部

家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

あわせて読みたい

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

友だち追加
LINE@ | 家men

この内容で送信します。よろしいですか?