洗濯方法の基本! プロが教えるこれだけ知っておけば家での洗濯が上手になる方法まとめ!

家で洗濯を担当しているけど、汚れ落ちに満足できていない。というか、そもそも正しい洗い方がよく分からない…。


そんな洗濯にまつわるさまざまな疑問や悩みをお持ちの方に、洗濯のプロ「洗濯ハカセ」こと、クリーニング師の神崎健輔さんにアドバイス頂いた家庭での洗濯が上手になる方法をまとめてご紹介しますので、ぜひ役立ててください。

洗濯方法の基本① 洗濯洗剤はどれを選べばいいの?​​​​​​​

 

 


まずは、洗濯で汚れを落とすのに必要不可欠な洗剤の選び方についてご紹介します。


その前に知っておきたいのが、洗剤のそもそもの役割。洗濯物に付いている「水溶性の汚れ」「油性の汚れ」「粒子の汚れ」のうち、特に「油性の汚れ」は水の力だけでは落とせません。そこで洗剤の力によって油分を浮かせ、その汚れを水の力で押し流すというわけなのです。


洗濯洗剤の選び方で注目すべきポイントは、おおまかに次の4つプラスαとなります。


洗濯洗剤タイプ別の詳しい選び方とオススメ理由については、さまざまな汚れのメカニズムから対策まで解説している下記リンク記事をご覧ください。


>目的にあった洗濯洗剤の選び方とは? 汚れや洗濯機の種類別にご紹介!

  目的にあった洗濯洗剤の選び方とは? 汚れや洗濯機の種類別にご紹介! 洗濯洗剤の選び方は洗濯機や衣類の種類によって異なります。そこで今回は汚れの原因から洗い方までのポイントを徹底解説!ポイントを抑え目的に合わせたふさわしい洗濯洗剤を選びましょう。 家men


洗濯方法の基本② 洗濯物の汚れがちゃんと落ちる洗い方ってあるの?


みなさんは、洗濯機にどれくらい洗濯物を入れて洗っていますか?

ちゃんと洗剤を入れているのに、正しい手順で洗っているのに、しっかり汚れが落ちていない…。


洗濯ハカセ調べによると、このように悩んでいる人のほとんどは、洗濯機の中に洗濯物を詰め込みすぎているそうです。


洗濯機の容量制限ギリギリまで洗濯物を詰め込んでしまうと、洗濯機の中で水流が生まれず、衣類のこすり合わせによる汚れ落としが難しくなるのです。


また、汚れ落ちを良くするためのもう1つのポイントに「水温」があります。


下記リンク記事では、洗濯物を洗濯機にいれる適切な分量や、汚れが落ちやすくなる水温について詳しく説明していますので、ご覧ください。


>汚れが落ちない時は洗濯機から見直しを!衣服に適した洗濯機の水温とは?

  汚れが落ちない時は洗濯機から見直しを!衣服に適した洗濯機の水温とは? 洗濯機で洗っているけど、汚れは落ちてる?汚れが落ちていない気がすると思う方、汚れが落ちない原因は洗剤にあると思われがちですが、実は洗濯機にあるかもしれません。洗濯のプロの視点から原因と対策をレクチャーいたします! 家men


洗濯方法の基本③ シャツの襟汚れをキレイに落とすには?


ワイシャツの襟の黄色い汚れが、いくら洗濯してもキレイに落ちず困っている方も多いのでは?


その原因は、洗濯機で洗っても落ちにくい「皮脂の成分である脂とタンパク質の付着」。この汚れを放置すると、クリーニングに出してもキレイにできなくなります。


では、どうすれば黄色い汚れを落とせるのか? 


どのご家庭でも身近にある、とある洗剤を2つ合わせることで、すっきり綺麗になるんです!


下記リンクでは襟汚れがきれいになる洗剤の分量や洗い方を紹介しているので、襟汚れに困っている方はこちらをご覧ください。


>ワイシャツの襟汚れもキレイに!頑固な襟汚れの落とし方と予防法をご紹介

  ワイシャツの襟汚れもキレイに!頑固な襟汚れの落とし方と予防法をご紹介 シャツやワイシャツの襟汚れ、男性に特に多い洗濯の悩みではないでしょうか?どうして洗濯を繰り返したり、クリーニングに出しても黄色いままなのか…。普通に洗うだけでは襟汚れが落ちない理由や襟を白く洗い上げるコツや予防法を洗濯ハカセが紹介します。 家men


洗濯方法の基本④ 子どもが服に付けた泥汚れを洗濯でキレイに落とすには?


子どもが衣類を泥まみれにしてくるたびに、ため息をついてしまう方。泥汚れのメカニズムを知っておけば、もう怖くありませんよ!


泥の汚れは水溶性ではないので水洗いでは落ちにくく、かといって油性の汚れでもないので洗濯洗剤の効果も薄い。なのに、衣類の繊維の中に泥汚れが残ったまま洗ってしまうと、かえって繊維の中に泥の粒子を押し込んでしまうことになります。


こうした泥汚れのメカニズムをふまえて、下記記事では泥汚れがきれいに落ちる3ステップをご紹介! 泥汚れが格段にスッキリ落ちるので、是非ご覧くださいね。


>泥汚れがよく落ちるコツ!泥まみれの子ども服をキレイに洗う方法とは?

  泥汚れがよく落ちるコツ!泥まみれの子ども服をキレイに洗う方法とは? 泥汚れの洗い方、困ったことはありませんか?実はただ洗っただけでは泥汚れはなかなか落ちないんです。そこで、しつこい泥汚れの洗い方を洗濯ハカセが紹介します。 家men



洗濯方法の基本⑤ 冬に使った毛布をしまう前に洗う方法とは?


暖かくなって使わなくなった毛布はしまう前に洗っておきたいところですが、そもそも毛布って家で洗えるの?


実はシングル毛布1枚であれば、6kg以上の容量の洗濯機であれば洗うことが可能です。


たとえば洗濯機で毛布を洗うときは、毛布のふわふわ感を損なわないよう洗うために、中性の液体洗剤もしくはデリケート洗い用の洗剤を使うのがベスト。柔軟剤を使用しすぎると、毛布が汗を吸い取る力が落ちるので注意が必要なのです。


このようにあ下記リンクでは、その他にも家で毛布が洗えるか確認するための「洗濯表示」や、干し方についてなど、家で実践する毛布の洗い方について詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。


>毛布も家で洗濯できる!洗濯時のチェック項目や洗い方をご紹介

  毛布も家で洗濯できる!洗濯時のチェック項目や洗い方をご紹介 特に冷え込んだ今年の冬に大活躍したであろう毛布。皆さんは毎年しまう前に毛布を洗っていますか? 今回は、「家で毛布を洗えるかどうか」のチェック項目や、あの毛布のフワフワ感を損なわないような洗い方を、洗濯ハカセがご紹介します。 家men


洗濯方法の基本⑥ カーテンやダウンジャンパー、学生服やリュック・バック類の洗い方


キレイに洗いたいけど家庭の洗濯機で洗えるかどうか迷うのは、毛布だけではありません。カーテン、リュック・バッグ類、ダウンジャンパー…けっこうありますよね。


例えばカーテンは、ポリエステルやアクリルといった素材が100%使われていて、洗濯表示に手洗いマークが付いていれば洗濯機で洗えるのです。 シワが気になるという方は、キレイに折りたたんで洗濯ネットに入れ、デリケート洗い専用の洗剤で洗うことがおすすめ。


他にも下記リンクでは、洗濯機で洗えるかどうか迷った場合の見極めポイントや、ダウンジャンパーにリュックやバッグなど、洗濯方法に困りやすい類の洗濯機での洗い方を紹介しているのでぜひご覧ください。


>今年の汚れは今年のうちに!押さえておきたいカーテンの洗濯ポイント

  今年の汚れは今年のうちに!押さえておきたいカーテンの洗濯ポイント 冬物のダウンジャケットや子どもの学生服。レジャーで使っていたリュックサックや通勤用バッグ。実は家で洗える場合が多いんです! 家で洗えるかどうかの簡単な見分け方と、失敗しない洗い方をを洗濯ハカセが紹介します。 家men


洗濯の基本とテクニックをご紹介してきましたが、いかがでしょうか。


洗濯のプロがアドバイスするポイントを的確に押さえ、キレイに汚れを落とした衣類でスッキリした毎日を過ごしてください。

家men編集部
家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Weekly 週間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加

LINE@ | 家men