Original

『ビフォア・ミッドナイト』 | いつか訪れる倦怠期…夫婦の絆が試される

最近、妻と会話していますか?


どれほど熱烈に愛し合い結婚した男女でも、その情熱を永遠にキープし続けるのは難しい。どの夫婦にもいつかは倦怠期が訪れるものです。

そういえば最近妻との会話が減ったな…そんな夫婦に見てほしい作品が、イーサン・ホーク&ジュリー・デルピー主演のラブロマンスシリーズ第3作『ビフォア・ミッドナイト』です。

運命で結ばれた2人にも訪れた倦怠期


列車で偶然出会ったアメリカ人ジェシーとフランス人セリーヌが、旅先のウィーンで一夜限りの恋に落ちる『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)』。9年後にパリで再会した2人が、限られた短い時間で互いの想いを確かめ合う『ビフォア・サンセット』。

そして本作では、ついに結婚し双子の娘も授かり、家族でギリシャ休暇を過ごす2人が描かれています。過去2作の情熱的なロマンスを振り返れば、夫婦生活もさぞ順風満帆…と思いきや、互いが抱える悩みのせいもあってどこかすれ違い気味。


『ビフォア』シリーズの魅力といえば、ウィットを交えて本音をぶつけ合う、テンポよく延々と繰り広げられる会話の妙。本作でもジェシーとセリーヌは数年ぶりに2人きりになれたホテルの一室で、それまで抑えていた互いの本音を生々しくむき出しにします。

その会話は前2作のようにロマンティックなムードとは程遠く、昔の2人を知る者にはショックかもしれません、でも、“運命で結ばれた2人”でさえ夫婦関係の危機からは例外でいられない、ということなのです。

何でも言い合えてこそ夫婦の絆は深まる

それでも単なるドロドロ劇で終わらないのが『ビフォア』シリーズの真骨頂。

とことん本音をぶつけ合いケンカしたジェシーとセリーヌは、日が落ちた海辺のカフェで、とてもロマンティックな方法で仲直りしようとします。そのやり取りに心がほんわか温かくなることでしょう。


互いを対等なパートナーとして尊重し何でも言い合えれば、たとえケンカになっても夫婦の絆が深まっていくはず。逆にケンカを避けるため本音をガマンしてため込む方が、ある日突然不満が大爆発してしまうため危険です。まずはどんな話題でもいいので、会話の時間を増やしてはいかがでしょうか。成熟した夫婦になるヒントを、ジェシーとセリーヌのやり取りから見つけてください。


<作品情報>

『ビフォア・ミッドナイト』(2013年) /アメリカ / 上映時間:108分

© 2013 - Sony Pictures Classics

上村 真徹(ライター・編集者)

上村 真徹(ライター・編集者)

家庭では妻の笑顔と娘の成長を最大の生きがいに、週末の料理やデザート作りで家族の胃袋をつかんでいる。最近は娘が成長し、以前ほど甘えてくれなくなったのが悩みのタネ。映画は新作・旧作問わず、年間100作品以上鑑賞。マイベストムービーは『ゴッドファーザー』だが、実は泣ける映画好き。

あわせて読みたい