Original

寝室の収納のコツ!ベッド下の引出しには何を入れれば良い?収納は適材適所が決め手

こんにちは! ご家庭の片づけの悩みをズバッと解決する“収納マン”こと、収納スタイルコーディネーターの芝谷浩です。


ジメジメとした梅雨がやってまいりました。洗濯物が乾かないし、布団も干せなくて、ストレスが溜まりますよね。やっぱり、家事は気持ち良くやりたいものです。


さて、今回は寝室の収納についてです。中でも今回は特にご相談の多い、ベッド下の引出しに的を絞って収納の仕方をお伝えしたいと思います。


寝室の収納ポイント① ベッド下の引出しは湿気に注意!


人は寝ている間に大量の汗をかきます。その際、湿気の多くはマットレスの側面から放出されるものの、底面からも放出されるため、ベッド下の引出しにも湿気の影響が及ぶことがあります。


そのため、基本的にベッド下の引出しに洋服を収めるというのはNGです。普段から着ている回転率が高い下着などを収めるなら問題ありませんが、ほとんど着る機会がないセーターなどを収納するなんて、もっての外! ベッド下の引出しにはホコリも侵入しやすいので、できるだけ洋服は避けるのが無難です。


寝室の収納ポイント② 使うモノは使う場所に収納するのがセオリー


ベッド下の引出しに洋服を収納するのが適切でないとすれば、いったい何を収めるのが良いのでしょうか。そんなときにまず頭に思い浮かべていただきたいのが、「使うモノは使う場所に収納する」という収納のセオリーです。


キッチンには鍋、コンロ近くには調味料を収納するというように、そこで使うモノがその場にあれば、取り出すときも戻すときも無駄な労力を使う必要がありません。ベッド下の引出しでも同様に、そこに何があればもっとも便利かを考えると良いわけですね。


ベッドで使うモノと言えば寝具です。シーツ、ベッドパッド、掛布団カバー、枕カバーなどの洗い替えをベッド下の引出しに収納しておけば、シーツなどを交換するときに便利です。また、洗い替えのシーツなどは割りと頻繁に出し入れしますから、時間を掛けて湿気の影響を受ける心配もありません。


寝室の収納ポイント③ シーツなどは左から順番に並べるのがGOOD


シングルベッドでも短辺は90cm以上ありますが、ベッドに付いている引出しはそんなに奥行は深くありません。一般的には40~45cm程度で、整理タンスと同じくらいです。なので、シーツなどの洗い替えはその奥行に合わせて畳んで収納すると良いでしょう。


奥行に合わせてシーツなどを畳むと、自然とそれらは左右方向に並べていくかたちとなります。そうすると、寝室が狭くて引出しを開けるスペースが十分になくても、何が収まっているかが分かりやすく、出し入れも容易です。左から順番に収納するなどルールを決めておけば、洗い替えのローテーションもスムーズにできます。


このようにベッド下の引出しにシーツなどの洗い替えを収納することは、湿気の影響を受けにくく、使う場所の近くにあるだけでなく、寸法的にも適材適所と言えるわけですね。



【番外編】たまにはマットレスの向きを変えてみよう


ベッドに手を付けたついでに、たまにはマットレスの向きを変えてみましょう。ベッドを設置してからずっと同じ向きのままマットレスを使っているということがあるのですが、そうするとマットレスの寿命が短くなるだけでなく、同じところばかりヘタって寝心地がどんどん悪くなってしまいます。マットレスは大きくて重いので、こんなときこそ男性の出番です。


最近のマットレスは片面タイプが多く、その場合は枕元と足元を入れ替えるだけです。同じ靴を履き続けるよりも2足を交互に履いたほうが寿命が長くなるというのと同じように、マットレスの上下を変えるだけで、心地良い睡眠を得られる期間を延ばすことができるのです。ちなみに、両面タイプであれば、裏返して使うことでマットレスの寿命をさらに延ばすことができます。


寝室という場所はついつい寝るだけの空間になってしまってメンテナンスを怠りがちです。ベッド下に引出しがあることに気づかず放置してしまっていたなんてケースも少なくありません。


でも、ちょっと手を加えるだけでシーツ交換が楽になり、快適な睡眠を得ることもできます。寝室は人生の1/3を過ごすとても大事な場所ですから、ぜひこの機会に見直していただければと思います。


【まとめ】プロが教える洗濯方法の基本!これだけ知っておけば家での洗濯が上手になる! | 家men

家事代行が毎日の料理時間がない家庭をサポート!夕食作り置きサービスを利用しよう | 家men

燻製作り入門!初心者でも自宅で始められる、時間と手間をかけた最高の贅沢 | 家men



収納マン(芝谷浩)

収納マン(芝谷浩)

収納スタイルコーディネーター/学習机評論家。 家具メーカー退職後、日本初となる一般家庭向け収納/インテリアコーディネートサービスをおこなうシーベックス・インテリアを開業。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどし、現在は主に収納専門ブロガーとして活動。主夫として二人の子どもを育てながら、「収納はすべての家事の土台」という自らの考えを実践中。 「New!収納教える.コム」:https://new.shuno-oshieru.com/ 「学習机評論家のオススメ」:https://desk.shunoman.com/

あわせて読みたい

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

友だち追加
LINE@ | 家men