Original

忙しいからとあきらめない!夫婦で一緒に過ごす時間の作り方

先月の連載で、夫婦のすれ違いを防ぐ方法として「カレンダー&アプリで夫婦の予定を共同管理しよう」と提案しました。


予定を“見える化”できる方法を確立することで、2人で一緒に過ごせる時間を探しやすくなると思われますが、どうしても共働きでお互いの休日が揃わなかったり、帰りが遅くて生活リズムが合わずコミュニケーションを取る機会が限られてしまうこともあるでしょう。


そこで今回は、忙しい中でも夫婦で一緒に過ごす時間を作り、2人で充実したひと時を過ごすためのヒントをご提案します。


“スキマ時間”を“夫婦の時間”に活用しよう


■仕事終わりに待ち合わせして“夜デート”へ

家men,もう一度夫婦で恋しよう,夫婦の時間,待ち合わせ


お互いの休日がなかなか合わないという夫婦は、仕事を早めに切り上げられる日に街で待ち合わせし、そのまま外で食事や映画鑑賞を楽しんではいかがでしょうか。


「2人の休日は揃っているけど、外出が面倒くさく自宅でダラダラ過ごしがち」という方も、仕事帰りに合流するという形なら、外出を面倒と思うことはないはず。“夜デート”といういつもと違った夜の過ごし方で、ちょっと恋人気分を思い出してみるのもいいですよ。


■家事や育児の“ついで”に外デート

家men,もう一度夫婦で恋しよう,夫婦の時間,外デート


お互いの手が完全に空くフリーな時間がどうしても揃わない場合は、いっそのこと家庭の用事を夫婦の時間に利用するという手もあります。


例えば、週末の買い出しはショッピングモールや繁華街まで足を伸ばし、そのままブラブラ街を散策したり外食や映画を楽しむというのはいかがでしょうか。


子どものいるご家庭なら、保育園へ2人で迎えに行く時間をいつもより30分程度早く繰り上げ、ドライブしたりカフェでゆっくり過ごしてみませんか。あるいは子どもを引き取った後にレストランで外食すれば、普段は料理や後片づけに費やす時間をコミュニケーションにあてることも可能ですね。


また、夕飯など食材を一緒に買いに行くこともオススメです。


すでに一緒に行っている方もいるかと思いますが、一緒に献立を考えたり、荷物を半分持ち合ったりすると、パートナーもきっと喜びますよ。それに、一緒に献立を考えながら食材を選ぶことで、好きなメニューを食べられる日が増えるかも!?


■ちょっと早起きして朝食を一緒に食べる

家men,もう一度夫婦で恋しよう,夫婦の時間,朝食


以前の連載記事「忙しい朝こそ妻と一緒に朝食を食べよう!朝の団欒のススメ」でもご提案したように、自宅という同じ空間で1日のスタートを迎えられる朝は、生活サイクルの異なる家族が顔を揃えやすい時間でもあります。


この貴重な時間を団欒タイムとして活用するため、今までよりほんの少し早起きし、ゆっくり2人で朝食を食べる時間を作りませんか。会話を楽しむ時間がほんの数分増えるだけでも、お互いの気持ちを深めることができるはずです。


これまでは「休日や生活リズムが合わないから」とあきらめていた方たちも、このようにスキマ時間を活用すれば、夫婦で一緒に過ごす時間を少しでも増やせるはずです。


一緒に過ごす時間を増やすことでコミュニケーションの時間も増やし、夫婦のすれ違い解消につなげてみてはいかがでしょうか。

上村 真徹(ライター・編集者)

上村 真徹(ライター・編集者)

家庭では妻の笑顔と娘の成長を最大の生きがいに、週末の料理やデザート作りで家族の胃袋をつかんでいる。最近は娘が成長し、以前ほど甘えてくれなくなったのが悩みのタネ。映画は新作・旧作問わず、年間100作品以上鑑賞。マイベストムービーは『ゴッドファーザー』だが、実は泣ける映画好き。

あわせて読みたい