Original

イメージはコワーキングスペース。「家庭内シェアオフィス」化計画のすすめ

家事シェア研究家でNPO法人tadaima!の代表、三木です。


子どもが大きくなってくると、子ども部屋を作ったり、物が増えてくる。その結果、だんだん自分のための場所というのがなくなってきてしまいます。


仕事をしたり、本を読んだり、勉強をしたり。

なければないで困らないかもしれないけれど、やっぱり欲しいと思うのが自分のための場所。そうは言っても、なかなか自分だけのスペースの確保は難しいものです。


そこで今回は、そんなご家庭におすすめの家庭内シェアオフィスのレイアウトを、実際の間取り図と共にご紹介します。


▼前回の記事はこちら

  ゴミ同然と言われても僕にとっては宝物。自分の居場所をつくる趣味アイテム保管の整理力を身に着ける 男性が家庭で自分の居場所を確保するにあたって、避けては通れない問題。それは、趣味アイテムの管理です。今回の『男の居場所を創る』は、うまく家族と空間を共有しながら趣味のスペースをつくる方法をご紹介します。 家men



家庭内シェアオフィスって?


その名の通り、家庭内にシェアオフィススペースを作ってしまうことです。


「デスクを捨てよう」の記事でもお話したように、デスクスペースというのはかなりの場所を取ってしまう。そこで、デスクを「個人の物」とせず「家族共有の物」とするのが家庭内シェアオフィスです。


「一つのデスクを家族みんなで使うなんて、使いづらいよ」と思われた方は、もしかしたら一人用のデスクを使い回すようなイメージを持たれたのかもしれません。


いえいえ。そうではなく、ちゃんと使いやすくするためのコツがあるので、ぜひご覧ください。


イメージはコワーキングスペース


自由に出入りができるスペースにいくつかデスクがあり、好きな席に座って作業をする。時には隣の人と会話をしたり、ちょっと疲れたらお茶をしたり。


そんないろんな人たちが集まり、作業をするのがコワーキングスペース。


これを家に置き換えてみると、子どもが宿題をするかたわらで、パパやママがちょっと仕事をしていたり、家計簿をつけていたり。あるいは、キャリアアップのための勉強をするのもいいでしょう。


子どもたちの勉強道具や教科書はもちろん、仕事のためのPCや資料、ビジネス書にもすぐにアクセスできる。それが家庭内シェアオフィスなのです。


家庭内シェアオフィスをそれっぽくさせる3つのルール


どんな空間づくりにおいても「それっぽさ」ってとても大切。

そこにいると気持ちが上がるとか、やる気になるというのは、その「場」が持つ力でもあります。


その「それっぽさ」と使いやすさを醸し出すために必要なのが、この3つのルール。


①フリーアドレスにしよう!

できれば一人用のデスクを置くのではなくて、2~3人が同時に使えるスペースが欲しい。それぞれ個人の専用スペースを割り振ってしまうと、結局デスクがたくさん必要になってしまい、置き場所がなくなりあきらめることになります。


そこで、デスクはフリーアドレスとして、誰もが自由に使える空間にしてしまうのです。


②個人ロッカーをつくろう!

これは別に大きなロッカーである必要はありません。カラーボックス一段分(40cm☓40cm)くらいでも充分。読みかけの資料や参考書、ノートパソコンなどを入れておけるようにします。


文房具などは専用スペースを本棚に設けて、共有使用にすると個人スペースが少なくて済みます。


③使い終わったらデスクの上は片づけよう!

個人用スペースだと、ついついそのまま資料を広げっぱなしにしてしまいがち。でもフリーアドレスの場合は、次に使う人のことを考えて一回一回きちんと片づけるように。それがキレイに心地よく使い続けるためのコツでもあるわけです。


物置化している部屋をシェアオフィスに


子育て中のご家庭でとにかく多いのが、洋室の物置化。


よくあるマンションタイプの間取りだと、玄関を入ってすぐ右手や左手にある洋室。広い方は寝室になっているけど、もう一方は物置状態。


いつかは子ども部屋にしようと思っているのだけど、このままじゃ子ども部屋にもできそうにもないお部屋。


この物置化してしまったお部屋の中でさらによくあるのが、「なんとなく書斎化」している状態です。


こうしたお部屋がある場合はチャンス! この部屋を家庭内シェアオフィスにしてしまいましょう。


空間にゆとりがあるなら、アイランド型

アイランド型 6畳図面


大きめのテーブルを囲うように使うアイランド型の配置。本棚の中に個人ロッカーの区画をつくり、共有部分も設けます。


このタイプの配置をされる方が、お客様の中でも多いです。


シェアオフィスに適したテーブルの選び方

家men,男の居場所,第6回,シェアオフィス,テーブル


2~4人が座れるサイズのテーブルとは、おおよそ横幅は160cm~180 cmほど。奥行きは85 cm~90 cmあれば、向かい合わせに座っても作業しやすいです。


ちょっと大きめのダイニングテーブルをイメージしてください。


もう一つ、テーブル選びのポイントがあります。


それは、できるだけ幕板がないものを選ぶことです。


幕板とは、大きめのテーブルによく付いている、天板の下の支え板のこと。足を組むとよくぶつかる部分です。


この幕板があると、長時間座って姿勢が崩れたりしてきた時に脚が当たって、座りづらかったりイライラの原因になったりします。


床座もできるカウンター型

カウンター型 図面


壁面がたっぷりと使える、または部屋が細長いなどの場合は、カウンター型もおすすめです。


アイランド型はデスクの大きさプラス人が周りに座るためのスペースが必要になりますが、カウンター型ならデスクの奥行きも45cmほどと薄くてよく、人が座るスペースも片側だけでいいので省スペースで済みます。


椅子に座るタイプでもいいですが、小さいお子様がいらっしゃる場合などは床座できる高さにすると、椅子もいらないのでさらに省スペースです。


一部屋なんて空けられない!リビング・ダイニング兼用型

LD一体型 図面


LD一体型カウンター 図面


ダイニングテーブルを活用してつくるケースも多々あります。

この場合は、テーブルの近くに本棚などの収納スペースの確保が重要になります。食事とワークのスイッチができるだけスムーズにできるようにするためです。


リビング学習なんかの場合も同じです。ただダイニングテーブルで勉強をするだけだと、どうしてもテーブルの上が散らかったままになってしまうので、道具をさっとしまえる場所を準備しておきましょう。


さいごに

家庭の中に個人だけのスペースを確保するのが難しくても、シェアする感覚を取り入れれば、省スペースで空間づくりができるものです。

ぜひ、工夫をしてみてください!


『男の居場所を創る』その他の記事はこちら>


アクアリウム,ネイチャーアクアリウム,水草,家men

浴育,パパ,お風呂,家men

DIY,秘密基地,家men

三木智有
三木智有

日本で唯一の家事シェア研究家 / 子育て家庭のモヨウ替えコンサルタント / 内閣府「男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会」委員 フリーでのインテリアコーディネーターを経て、2011年に男性の暮らし方を変えていきたいとNPO法人tadaima!を設立。”10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!”をスローガンに家族の家事シェアを当たり前にする活動を行っています。

Ranking ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加