Original

洗面脱衣所をスッキリ片づけるには3つのデッドスペースを活用しよう

こんにちは! ご家庭の片づけの悩みをズバッと解決する“収納マン”こと、収納スタイルコーディネーターの芝谷浩です。


今回は洗面脱衣所の片づけについて見ていきたいと思います。


実は洗面脱衣所というのは、家事をする上で非常に重要な場所なのです。洗濯機がありますから洗濯の要ですし、掃除道具の基地のような場所でもあります。


生活する上でも、毎朝顔を洗ったり歯を磨き、帰ってきたら手を洗い、お風呂に入るために服を脱ぐ。そんなふうに洗面脱衣所では毎日、いろいろなことをするにもかかわらず、収納について考えることはほとんどなかったりするんですね。


そんな洗面脱衣所をスッキリ片づければ、家事がスムーズになること間違いなし! 


まずは他の部屋と同様、人・モノ・場所の3つの要素から、洗面脱衣所が片づかない一般的な原因を見ていきましょう。


洗面脱衣所が片づかない原因と対策

毎日使うわりにあまり意識していない
モノ
脱衣カゴ、タオル、下着、パジャマ、化粧品など
場所
狭い、収納スペースが少ない


まずは人の要素から。前回の記事でご説明した玄関と同様に、洗面脱衣所も毎日当たり前のように使うからこそ、気づかないことがたくさんあったりします


鏡の前に使っていない整髪料が大量に並んでいたり、洗濯機の横のすき間に洗濯ネットが落ちていることに気づいてなかったり。洗面脱衣所の中を意識して見るだけで、改善のヒントがいくつも見つかるはずです。


次にモノの要素ですが、洗面脱衣所は意外とその家によって置きたいモノが違います


ドロドロの子ども服、お父さんの作業着、下着、オシャレ着などを分けて洗濯するために、脱衣カゴや洗濯ネットを複数置かないといけない場合があります。

また、タオル、下着、パジャマなども置きたいけれど場所がなかったり、洗面化粧台でお化粧をするために化粧道具を置くスペースを十分に確保しなければならない場合もあります。


最後に場所の要素。最近でこそ広い洗面所を持つ家が増えてきましたが、一般的に洗面脱衣所はあまり広くありません。洗濯機と洗面化粧台があって、残りは風呂場への出入り口を含む通路を確保すると、他に家具などを置くゆとりがないことが多いです


以上を踏まえて対策を考えると、玄関同様に壁面をうまく使うことはもちろんですが、デッドスペースを活用することがとても重要だと言えます


では、洗面脱衣所にはどんなデッドスペースがあるか、順番に見ていきましょう。


洗面脱衣所のデッドスペース① 洗面化粧台の下台

家men,収納,第6回,洗面脱衣所


意外に思われるかもしれませんが、洗面脱衣所のデッドスペースのひとつ目は洗面化粧台の下台です。


他の部屋は片づいていても、ここが死蔵品置き場、つまり本当の意味でのデッドスペースと化しているケースは実に多いのです。扉を開けてみたら中がほとんど空だったということもあれば、掃除道具や歯ブラシなどの日用品が無造作に詰め込まれているということもよくあります。


最近のシステムキッチンは引出式が普及してきた一方で、洗面化粧台はいまだに扉式が一般的。


そのため、ある程度工夫して収納してやらないとちょっと使いにくいのです。キッチンのシンク下用伸縮ラックなどを置いて棚を設け、100均のプラ箱などで小物を整頓してあげると良いでしょう


洗面脱衣所のデッドスペース② 洗濯機上のスペース

家men,収納,第6回,洗面脱衣所


洗面化粧台の下台に棚を設けようと思っても、大きなバケツがあるので難しいというケースがあります。

そういう場合、バケツは洗濯機の上に棚などを設けて収納すれば良いでしょう。バケツなら軽いですし、万が一落ちてきても危なくはありません。


洗濯機の上にバケツを収納するには、写真のように壁に直接、棚を取り付けても良いですし、バケツを収納するだけなら突っ張り棒やフックを取り付けてそこに引っ掛けるだけでも良いでしょう。

市販の洗濯機ラックを使うのも手軽で良いと思います。


洗面脱衣所のデッドスペース③ 洗濯機や洗面化粧台の横のすき間

家men,収納,第6回,洗面脱衣所


洗濯機や洗面化粧台の横には、ちょっとしたすき間がよくあります。ここに市販のすき間家具や自作の棚を置けば、日用品やタオルなどを収納することができます


最近は女性もすなるDIY。お子さんが夏休みの宿題の工作をするように、お父さんもDIYで洗面脱衣所の収納に一役買うというのも良いのではないでしょうか。


巾木など壁の出っ張りに気を付けつつ寸法を測り、図面を引いて、ホームセンターで化粧棚板をカットしてもらい、カラーボックスを組み立てる要領で作るだけですから難しくはありません。


もちろん、収納はスペースに合わせることよりも、使う人にとって優しいことが一番大切。奥さんとも相談しながら、使い勝手の良い収納棚を作ってもらえればと思います。


今回は、洗面脱衣所が片づかない原因とデッドスペースを活用した収納法についてご説明してきましたが、いかがでしたか?


洗顔、歯磨き、洗濯、お風呂と1日の使用頻度が高い洗面脱衣所をスッキリとキレイに片づけて、気持ちのいい毎日を過ごしましょう。


>その他「収納マンが教える!快適な暮らしをつくる片づけ・収納術」の記事はこちら


\その他おすすめ記事/

玄関の収納,収納マン,家men

部屋が片付かないのは理由がある!あなたの収納、間違ってませんか?,家men

ワイシャツのたたみ方,ワイシャツ,家men




収納マン(芝谷浩)

収納マン(芝谷浩)

収納スタイルコーディネーター/学習机評論家。 家具メーカー退職後、日本初となる一般家庭向け収納/インテリアコーディネートサービスをおこなうシーベックス・インテリアを開業。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどし、現在は主に収納専門ブロガーとして活動。主夫として二人の子どもを育てながら、「収納はすべての家事の土台」という自らの考えを実践中。 「New!収納教える.コム」:https://new.shuno-oshieru.com/ 「学習机評論家のオススメ」:https://desk.shunoman.com/

あわせて読みたい

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加