Original

ワイシャツはジャストサイズがかっこいい!正しいサイズの選び方

シャツのサイズは首回りと裄丈で選ぶ


ワイシャツは自分の体形に合った適切なサイズを選ばないとだらしなく見えますが、どのようにしてサイズを選べばいいのか分からない、という方は意外に少なくありません。


ワイシャツを購入するときにサイズを選ぶ基準となるのは、首回りと裄丈(ゆきたけ)です。まずはそれぞれの測り方をご紹介します。


首回りの測り方

首回りの測り方は、首の喉仏より少し下の部分を測るようにしましょう。


ただし、購入する際にピッタリのサイズを選んでしまうと首がつまってしまうので、少し余裕を持たせる必要があります。通常では、シャツの一番上のボタンを留めた状態で、指2本分の隙間があるのが適切なサイズと言われています。


タイトな首回りが好みの場合は指1本分、ゆったりとさせたい場合は指3本分などで調整するとよいでしょう。


裄丈の測り方

裄丈は、首の付け根の中心部分から、手首の付け根にあるくるぶし部分までの肩幅と腕の長さを測るようにしましょう。


ここで注意が必要なのは、一般的にワイシャツはクリーニングや洗濯をすることで多少は縮んでしまいます。特に綿100%の場合は1~2cm程度縮むため、あらかじめ裄丈が長めのシャツを購入するとよいでしょう。


知っておくと便利な肩幅と身幅のサイズ


前述の首回りと裄丈のサイズを把握しておけば、適切なシャツを選ぶ際に失敗することはありません。


しかし、着こなし感は個人ごとに好みが変わってきます。そのため、首回りと裄丈に加えて、肩幅と身幅のサイズを把握しておくとよいでしょう。


肩幅の測り方

肩幅の測り方は、左肩の骨の端部分から右肩の骨の端部分で、首の付け根を通るラインの長さを測ります。


あまり厳密に測らなくても、裄丈がしっかり合っていれば、肩幅はおおよそピッタリになるでしょう。そのため、必ずしも測る必要はありません。また、基本的には実寸通りのサイズを選択すればよく、好みに合わせて1~2cm増減しても見た目が悪くなることはありません。


身幅の測り方

身幅は、胸と胴回りを測ります。胸は両脇のすぐ下の胸部分を、腰回りはへその部分を通る腹部を計測しましょう。


こちらも首回りが合っていれば、基本的にぴったりサイズとなります。基本的に胸では実寸プラス15~20cm、腰回りでは実寸プラス10~15cmがぴったりサイズです。ゆったりめを好む場合は、それぞれプラス5cm程度余裕をもたせるとよいでしょう。


ワイシャツの正しい袖丈は?


ワイシャツだけを選定するのであれば、ここまでご紹介してきたサイズを把握しておけば十分です。しかし、多くの方はワイシャツだけで過ごすのではなく、スーツのジャケットと合わせることが多いでしょう。


ワイシャツのサイズを選ぶ際には、スーツとのバランスも重要となります。特に、ワイシャツの袖がスーツからどれくらい出ているかによって、見た目のスマートさに大きな影響を与えてしまうでしょう。


袖丈は基本的に、ジャケットからワイシャツの袖が1cmほど出るものが適切なサイズとされています。なぜこのサイズなのかというと、ジャケットの袖を汚してしまわないようにワイシャツで保護するためなのです。ワイシャツであれば、汚れても処理しやすいことから、この形が最も美しいといわれるようになりました。


そのため、ワイシャツの袖の長さを選ぶ際には、手首まわりのボタンを外した状態で、袖の先が親指付け根部分にかかるサイズがちょうど良いサイズとされています。


見た目の問題はもちろんのこと、短すぎると腕を上下したときに突っ張ってしまうため、少し長めにするのがベストです。


また、クリーニングにより縮むことを考慮して、少し長めを購入し、縮むまでは手首のボタンでずり落ちないよう調整するという方法もあります。


ワイシャツはジャストサイズがかっこいい  


ワイシャツを選ぶ際に、「サイズを測るのが面倒だから大きめの物を買ってしまう」「太ってしまうことを考慮して余裕のあるサイズを選んでしまう」という方も少なくありません。


しかし、おしゃれにスーツを着こなすためにも、ワイシャツはジャストサイズを購入することをおすすめします。


ビシッとキマるという見た目だけの問題ではなく、着心地の面でもジャストサイズは優れています。あまりにも身幅の大きいワイシャツを着てしまうと、スーツのジャケットやアウターの中でシャツがダブダブになってしまい、非常に気持ち悪くなってしまいます。ジャストサイズを選択することで、すっきりと気持ちよく着こなすことができるでしょう。


ジャストサイズと聞くと、タイトなシャツなのではないかと不安になってしまう方もいますが、そのようなことはありません。


ジャストサイズは、体に適切なフィット感を与えながらも、動きやすくゆとりのあるサイズのことをいいます。その上で、スマートなボディラインになることから、ジャストサイズがおすすめなのです。


■まとめ

ワイシャツは、首回りと裄丈を把握しておけば、選ぶ際にぴったりのサイズを選ぶことができます。より細かな好みに合わせたい場合は、肩幅や身幅も考慮するとよいでしょう。


ジャストサイズとは、タイトなサイズのことではなく、ある程度余裕があるサイズのことをいいます。大きなサイズにしてしまうと、見た目や着心地に影響が出るため、ジャストフィットサイズを選ぶようにしましょう。

家men編集部

家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

あわせて読みたい

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加