Original

オリジナル家具作り「DIY」を始めよう!最初に揃える基本的な道具とは?

必要なものだけど使いづらい、部屋の広さに合わない、デザインがカッコ悪い…。


好みの家具がなくてお困りのあなた。もうガマンする必要はありません!なかったら、自分で作ればいいのです。自分仕様だから使い勝手が良く、お手製だから愛着も湧く。しかも市販の既製品より安上がりになることも。いいことづくめのオリジナル家具&インテリアに囲まれて暮らすDIY生活を始めてみよう。


目次


  1. 「測る」「加工する」「組み立てる」DIYの基本道具を揃えよう
    1. 「測る」
    2. 「加工する」
    3. 「組み立てる」
  2. まずは小さなものから! お手軽な男前DIY
    1. 収納・ディスプレイ用の壁付け棚
    2. チョークボード


「測る」「加工する」「組み立てる」DIYの基本道具を揃えよう

「測る」

メジャー


制作する家具の設置スペースや、カットする材料を採寸します。先端にフックが付いてる金属製巻尺「コンベックス」があれば、長い場所も手早く測れます。できれば、材料のカット線を垂直に引いたり、直角を正確に測れる金属製定規「さしがね」も欲しいところ。


「加工する」

加工する


続いて、組み立てられる状態まで材料を加工します。木材はホームセンターでカットしてくれますが、細かい微調整に使うのでノコギリは揃えておきたいところ。さらに、あれば何かと便利なのが電動ドライバー。ドリルで様々な大きさの穴を開けられるだけでなく、木材にビス(ネジ)をねじ込むことができ、次の「組み立て」の行程がとても楽になります。それにガジェットっぽさに男心をくすぐられませんか。

「組み立てる」


最後に、ビス(ネジ)や釘で材料を組み合わせたら、いよいよ完成。金槌は、ビスだけで組み立てる場合は必要ありませんが、板を強くはめ込む時に役立ちます。また、木材の表面を滑らかにするサンドペーパーを使えば、家具の完成度がワンランクアップしますよ。


まずは小さなものから! お手軽な男前DIY

収納・ディスプレイ用の壁付け棚


本、雑貨、食器が増えすぎて困っているけど、床に収納家具の置き場がない…。だったら壁に棚を付けよう。L型金具を壁にビスで固定し、その上に板を1枚載せたら、あっという間に出来上がり!DIYだから場所もサイズも自由自在。古道具屋などで売っている古い木材を棚板に使えば、ヴィンテージ感があっていっそう味が出ます。

チョークボード


チョークで気軽にメッセージを残せるチョークボードはいかが?100均ショップでも買える黒板塗料をベニヤ板に塗り、フレーム用の木材をボンドで固定すればもう完成!オシャレな市販のフォトフレームからガラスカバーだけ外し、木枠のサイズに合わせたベニヤ板をはめるのも楽チンです。


ご紹介したDIYアイデアはほんの一例。
あなたが思いついた「こんなのがあればいいな」を、どんどんカタチにしてみてください!


『男の趣味活』その他の記事はこちら>

家men編集部

家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

あわせて読みたい

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

友だち追加
LINE@ | 家men

この内容で送信します。よろしいですか?