Original

夫婦円満につながる“へそくり”の貯め方・使い方を考えよう

突然ですが、皆さんは“へそくり”を貯めていますか?


“へそくり”とは言うまでもなく、パートナーに知らせずに一人で貯めている資産のこと。楽天市場が男女800人に行った調査(※1)によると、「へそくりがある」という回答が過半数を占めたそうです。


ウチはこっそり貯蓄する余裕なんてない、という方もいるでしょうが、一口に“へそくり”と言ってもいろいろあります。


最初に「現金」が思い浮かぶでしょうが、他にも「株式・投資信託」「商品券・ギフト券」「ネット通販、ショップ、マイレージなどの共通ポイント」なども立派な“へそくり”です。


こうして考えると、資産額の大小を問わず、だいたいの人はパートナーが知らない(あるいは自分だけで管理している)“へそくり”を持っているのではないでしょうか。


そこで今回は、家庭における“へそくり”のあり方や、夫婦関係を良好にするための“へそくり”の活用方法について考えてみたいと思います。


夫婦関係が不仲なほどへそくりが多い? シニア夫婦のへそくり事情


実はへそくりについて、もう1つ興味深い統計結果が出ています。


シニア女性誌「ハルメク」がシニア男女437人に行った調査(※2)によると、全体の平均へそくり額は436万円で、女性の平均額は男性の約1.6倍にあたる514万円だとか!


ここまでは「へえ〜、すごいな」と感心するだけですが、なんと不仲夫婦の方が仲良し夫婦よりも平均へそくり額が1.6〜2倍ほど多いという結果が出ました。


不仲夫婦の場合、パートナーの経済力や財産管理力への不信・不安があり、さらに言ってしまうと離婚など「もしも」の時のために資金が必要だと危機感を抱いているということでしょう。


もちろん、この調査結果は読者の皆さんより一回り上の世代のものだし、へそくり=夫婦仲が悪くなる原因とは言いきれません。とはいえ、へそくりをがっつり貯めておこうというモチベーションの背景に夫婦や家族の問題がないか、ふと立ち止まって考えてみるのもいいのではないでしょうか。


“おまけ”の共通ポイントを活用して夫婦仲をアップ!

家men,夫婦で恋しよう,2018年8月,へそくり,ポイント


ここからは、もう少しポジティブな観点から“へそくり”の活用方法について考えてみましょう。


先ほどご紹介した楽天市場の調査によると、へそくり保有者にその種別について尋ねたところ、約3分の1が「共通ポイント」と回答しました。


共通ポイントは普段の買い物やネットショッピングの購入額に応じて無償還元される“おまけ”でありながら、1ポイント=1円として実際に利用できるお得さが人気の理由。

さらに、現金より共通ポイントの方が、配偶者に知らせなくても罪悪感を感じないという人も多いようです。


また同調査によると、配偶者への贈り物を購入する際に共通ポイントを利用したことがあるかどうか尋ねたところ、「夫婦仲が良い」「どちらかというと仲が良い」と答えた夫婦の半数以上(52.0%)が配偶者への贈り物を購入する際にポイントを活用


「仲が良くない」「どちらかというと仲が良くない」と回答した夫婦よりも約15%上回る結果になりました。


さらに、共通ポイントの使い道について「配偶者・夫婦のため」と答えた割合も、仲良し夫婦と不仲夫婦の間で2〜3倍もの差がつきました。


これらの調査結果から見えてくるのは、共通ポイントなどの“へそくり”をちょっとしたプレゼントや夫婦のイベント(食事、デート、旅行)にあてて、生活の潤いとメリハリを実現しているという活用法です。


いざという時や将来のために継続している家庭の貯蓄からプレゼントやイベントに予算を割くのは「ちょっと贅沢かな…」とためらいがちですが、買い物のおまけで貯めた共通ポイントや日々の家計のやりくりで少しずつ貯めた“へそくり”なら、気兼ねなく使うことができますね。


仕事に家事育児に頑張っているパートナーへの労いや感謝、あるいは2人で楽しい時間を過ごすための資金として“へそくり”を上手に活用し、夫婦仲のアップにつなげてみませんか。


その他の「もう一度夫婦で恋しよう」はこちら


(※1)楽天市場「既婚男女800名に聞いた「夫婦のお財布事情&不用品処分」に関する調査」
https://prtimes.jp/a/?f=c-5889-2017111511-8365da9b2c3c5634726f92b66caf898d.pdf

(※2)ハルメク「夫婦関係とへそくりに関する調査」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000034765.html

上村 真徹(ライター・編集者)
上村 真徹(ライター・編集者)

家庭では妻の笑顔と娘の成長を最大の生きがいに、週末の料理やデザート作りで家族の胃袋をつかんでいる。最近は娘が成長し、以前ほど甘えてくれなくなったのが悩みのタネ。映画は新作・旧作問わず、年間100作品以上鑑賞。マイベストムービーは『ゴッドファーザー』だが、実は泣ける映画好き。

Ranking ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加