家menメルマガ,家menメールマガジン,家men
Original

クローゼット収納はハンガーが命!良いハンガー&ダメなハンガーまとめてみた

こんにちは! ご家庭の片づけの悩みをズバッと解決する“収納マン”こと、収納スタイルコーディネーターの芝谷浩です。


季節の変わり目はついつい新しい洋服を買いたい衝動に駆られます。冷静に考えれば昨年の洋服があるとはいえ、店頭の最新のディスプレーを見てしまうと冷静ではいられなくなってしまう人も少なくないことでしょう。

今年のトレンドを取り入れたアイテムも持っていないと恥ずかしい、近いうちに旧友に会う機会がある、体型がちょっと変わった、日ごろ頑張っている自分へのご褒美など、新しい洋服を買うべき理由はいくらでも出てきます。


そんなわけで、新しい洋服を買ってしまうことは不可抗力と言えるかもしれません。しかし、家に帰ってから、もしくは洋服が届いてから「収納する場所がない」という現実が待っています。


収納する場所がないからと言って、せっかく買った洋服を袋や箱に入れたまま放置しておくのは忍びません。

ではどうすれば良いか?


今回は、クローゼットに洋服を掛けるスペースを捻出し、しかも出し入れがスムーズになる、シンプルかつ最短の方法をご紹介したいと思います。


クローゼット収納はハンガーが命!


一般的にクローゼットとは、ハンガーパイプがあって、そこにハンガーで洋服を掛けるためのスペースです。つまり、ハンガーはハンガーパイプと洋服をつなぐという非常に重要な役割を持っているわけですが、実際のところハンガーは残念なほどに軽視されています。


洋服の収納で困っているお宅を見ると、ハンガーが不揃いであることが多いです。それはつまり、洋服が種類ごとに分けて掛けられておらず、洋服とハンガーの相性も考えられていないことを意味します。


クローゼットに洋服を掛けるときは、その下の空間を活かすためにも、洋服の種類を分けて掛けるのがセオリーです。また、洋服の種類ごとに最適なハンガーを選ぶ必要があります


では、いったいどんなハンガーを選べば良いのでしょうか。

今回は良いハンガー、ダメなハンガーともに列挙してみたいと思います。


クリーニング屋でもらえるプラスチック製ハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


まず私がもっともオススメするハンガーは、クリーニング屋でもらえるプラスチック製ハンガー。


これは薄くてスペースを取らないので、たくさんの洋服を掛けることができます。また、余計な出っ張りが少なくて隣のハンガーや洋服に引っ掛かることがないので、出し入れがスムーズです。


ワイシャツはもちろん、型崩れの心配がない洋服なら基本的にどんなものでも掛けることができます。小さなフックが付いているので、引っ掛け紐の付いたスカートや肩紐のある洋服もOKです。


クリーニング屋でもらえる針金ハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


同じくクリーニング屋でもらえるハンガーとして針金ハンガーがありますが、これはオススメできません。針金が変形しやすく、隣のハンガーや洋服に絡まりやすいからです。


しかも、フックの先が洋服を引っかいたり、ビニールの被膜が取れてサビが洋服に付くこともあります。洋服を収納するには絶対に使わないほうが良いハンガーと言っても過言ではないでしょう。


ノンスリップハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


行きつけのクリーニング屋でプラスチック製ハンガーがもらえない場合は、ノンスリップハンガーをメインで使うと良いでしょう。最近は価格も随分と手頃なものが増えたので、大量に揃えても負担が大きくありません。


ただし、品質とサイズに注意が必要です。安いものはフックがわりと簡単に外れてしまい、表面がすぐに剥がれてしまうものもあります。また、大量セットで販売されているものはアメリカンサイズの幅45cmくらいのものが多く、細身の日本人男性ではちょっと大きすぎると感じることもあります。幅が38cmや40cmのタイプもありますので、ご自分の洋服のサイズに合ったものを選んでください。


ノンスリップハンガーには上写真のように表面がベロア処理されたもののほか、ビニルコーティングされたものもあります。もちろんそれもOKですが、弓なりの1本もので一般的な三角形になっていない場合は、パンツとセットで掛けるような使い方はできないのが少し不便です。


連結ハンガー/便利ハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


縦方向に複数のハンガーを連結できるハンガーなど、いわゆる便利ハンガーというのはいろいろありますが、そういったものはできるだけ避けたほうが良いでしょう。出っ張ったフックが隣のハンガーや洋服に引っ掛かりやすく、洋服の出し入れが煩わしくなるからです。


また、ハンガーを縦方向にいくつも連結すると、真ん中の洋服を取り出すためにはハンガーを掛け直す作業が複数回必要に。そうすると洋服を取り出すのが面倒なだけでなく、片づけるのも面倒になってしまって散らかる原因につながります。


フックが回るハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


クローゼットからハンガーに掛けた洋服を出し入れするときは前後運動だけ。フックがくるくると回る必要はありません。フックが回るとフック同士が絡まりやすくなるので、ハンガーのフックは回らないほうが望ましいと言えます。


フックが回ったほうがカーテンレールやドアに引っ掛けやすいという意見もあります。確かにその通りですが、それはすなわち雑然とした状態を作りやすくしてしまうということ。一時的に洋服を掛けるスペースが必要であれば壁にフックを取り付けるなどして、ハンガーのフックが回らなくても問題ないようにしましょう


木製ハンガー/厚みのあるハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


薄くてシンプルなハンガーで統一すればクローゼットにたくさんの洋服を掛けることができ、洋服の出し入れもスムーズです。しかし、ジャケットなど型崩れのおそれのある洋服は、やはり厚みのあるハンガーを使ったほうが良いでしょう


型崩れする心配がある洋服だけはできるだけ同じ形状の厚みのあるハンガーで揃え、それ以外は薄くてシンプルなハンガーで揃えるのが理想です。


スカートハンガー/スラックスハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


スラックスはハンガーからズレるとシワになってしまうので、できるだけ二つ折りにしたくない人もいるでしょう。スカートも同様で、特にサテン生地だと普通のハンガーでは滑り落ちやすくなります。


そのような事態を避けるには、スラックスハンガーやスカートハンガーは使ったほうが良いに違いありません。できるだけ同じ形状のものを揃えるようにすれば、ハンガー同士が絡まることは少ないでしょう。


ネクタイハンガー/ベルトハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


まれにネクタイやベルトを針金ハンガーなどに掛けている人を見ます。しかしそれでは選びにくいし、出し入れも不便で、一気にすべて落ちてしまうこともあります。ですから、ネクタイやベルトはそれぞれ専用のハンガーを使ったほうが良いですね。


ネクタイやベルトを何本持っているかを確認したうえで、最適な仕様のものを選ぶようにしましょう。ハンガーパイプに掛けるのではなく、クローゼットの壁面や扉の内側にフックを取り付けて掛ければ、選びやすいうえに洋服に埋もれてしまうこともありません


グリップ付き洗濯用ハンガー

家men,収納マン,クローゼット,ハンガー


一般的にクローゼットの中で強風が吹くことはありません。そのため、グリップ付きの洗濯用ハンガーを使う必要性は極めて乏しいと言えます。


グリップ付きの洗濯用ハンガーをクローゼット内で使うと洋服を出し入れするのが面倒ですし、洋服をかきわけて選ぶときにそのハンガーだけ動かないので厄介です。洗濯用ハンガーは屋外で洗濯物を干すときに使うようにしましょう。


おすすめハンガーのセレクト方法まとめ


ここまで述べた通り、クローゼット収納で使うハンガーは、クリーニング屋でもらえるプラスチック製で揃えるのがベストです。薄いので大量の洋服を収納でき、シンプルなので絡まりにくく、それでいて肩紐などを掛けることもできるからです。おまけにコストはゼロ!

さらに言うと、このハンガーは洗濯物を干すときにも使えるので、取り入れたワイシャツをそのままクローゼットに収納してしまうこともできます。


クリーニングを利用することが少ない場合や、プラスチック製のハンガーでは洋服が滑り落ちやすいと感じる場合は、ノンスリップハンガーで揃えるのが良いでしょう。コストは掛かりますが、これもシンプルで絡まりにくく、薄くて大量に洋服を掛けるのに適しています


そのほか必要に応じて、厚みのあるハンガー、スラックスハンガー、スカートハンガー、ネクタイハンガーなどを使えばOK。一度に全部をお揃いにするのは大変でしょうから、少しずつ揃えてもらえば十分だと思います。


たかがハンガー、されどハンガーです。

ハンガーを揃えれば揃えるほどクローゼットにたくさん洋服を収納しやすくなり、出し入れもスムーズになります。出し入れがスムーズになればクローゼットに洋服を戻すのが面倒臭く感じられないようになり、部屋の中に洋服が散らかることもなくなります。


新しい洋服を買ってきたら、ぜひお揃いのハンガーで出迎えてあげてください。


「収納マンが教える!快適な暮らしをつくる片づけ・収納術」その他の記事はこちら>

収納マン(芝谷浩)

収納マン(芝谷浩)

収納スタイルコーディネーター/学習机評論家。 家具メーカー退職後、日本初となる一般家庭向け収納/インテリアコーディネートサービスをおこなうシーベックス・インテリアを開業。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどし、現在は主に収納専門ブロガーとして活動。主夫として二人の子どもを育てながら、「収納はすべての家事の土台」という自らの考えを実践中。 「New!収納教える.コム」:https://new.shuno-oshieru.com/ 「学習机評論家のオススメ」:https://desk.shunoman.com/

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加