Original

夫婦の距離が縮まるフルコース!最適な距離で会話ができるレストラン「TABLE898」が“いい夫婦の日”よりオープン

たまにはいつもの食卓とは違った特別なレストランで外食し、パートナーとの食事と会話を楽しみたい。そんな時に悩みの種となるのがレストラン選び。


たくさんあるお店の中から1つだけ選ぶのは大変! また、どうせなら会話を楽しみやすい適度な雰囲気の店を選びたいけど、WEBの下調べだけだけでは店内の様子まで把握できませんよね。


そこで今回は、夫婦が向き合って心地よく会話できる距離を追及したという新感覚レストランをご紹介します。いい夫婦の日(11月22日)から期間限定で東京・代々木上原にオープンしている「TABLE898」です。


夫婦のためのレストランとは?


「TABLE898」をプロデュースしたのは、人気店舗を数々手がけているフランス料理人の丸山智博さん。


「向き合って目を合わせて会話をすることで、料理をさらに美味しく楽しんでもらいたい」という想いのもと、夫婦が最適な距離で食事ができるレストラン店舗として「TABLE898」が誕生しました。


店内は、それぞれの夫婦が主役となり、夫婦で過ごす時間そのものが作品になるよう、”ギャラリー“をテーマにランプや食器など細部にまでこだわり、洗練された空間となっています。

料理は、パリで有名なモダンフレンチ店舗「Restaurant A.T」のオーナーシェフを務める田中淳さんによる、夫婦の距離が縮まるフルコースを提供します。 


ちなみに店舗名の898という数字は、マガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトをサポートする「JT Rethink PROJECT」が、心理学の観点から実際の夫婦による実証実験を行い導き出した“夫婦が会話をするときに最適な距離”です。

※研究結果の詳細については「JT Rethink PROJECT」の公式オンラインページをご覧ください。
URL https://jt-rethink.jp/ 


「TABLE898」展開メニュー

結び / アミューズ

●二人で歩む夫婦を二皿で一つに見えるようなお皿で表現。


縁取られたゆるやかな曲線は、夫婦の間に流れる悠久の時間を表しています。 菊芋でつくったシロップをアクセントに、干し草のオイルで味付けされた鹿のタルタル。


夫婦の特別な夜を祝福するかのような華やかな花びらと、二人を結ぶ“赤い糸”をイメージしたビーツのチップスがお皿を繋ぎ、一つの作品となる料理です。


時の流れ / 冷前菜

●薄緑から濃緑に徐々に移りゆく色彩のコントラストが、時間をかけて夫婦の愛がより濃くなってゆく様を表現した料理。


上質なサーモンのマリネに散りばめられたのは、ハーブでグリーンに色付けられた無数のチップスたち。二つのお皿は薄緑のチップスから濃緑のチップスに徐々に移りゆき、出会った頃の淡い気持ちから、二人で重ねた愛情が時間を重ねることで濃くなってゆく様を表現している料理です。


またサーモンには母川回帰という習性があり、離れている時間があるときも二人は繋がり続けていることを表現しています。


夫婦 / 温前菜

●食卓を夫婦茶碗で分かち合う喜びの時間を体現。


大きさが異なる二つで一つの対になっている縁起の良い夫婦茶碗で旬の白子をムニエルして召し上がっていただきます。また鱈の白子には”鱈腹(たらふく)食事ができる”という日 本ならではの縁起の良い食材という言い伝えもあります。


奇跡の出会い / メイン(魚)

●生まれも育ちも違う二人(二つの食材)が出会い、一緒になり生まれる奇跡を表現。


ゆっくりと加熱した鱈から溢れる旨味の凝縮した海のエキスと、夫婦の象徴とされている樹 木オリーブの山のエキスを混ぜ合わせ、乳化(繋がり)させてソースにします。


遠く離れた食材が、愛情いっぱいに手間をかけることで新しいソースに変わる驚きを体感していただきます。一方にはカリフラワー、もう一方にはブロッコリーを添え、その二つの配合種であるロマネスコを両方のお皿に用いることで掛け合わせて生まれる新しい発見を表現した一皿です。


絆 / メイン(肉)

●夫婦の象徴とされている鳩。


つがいとなり二人三脚で人生の旅を楽しんでゆく様子を表現した料理。 食べやすくクセのないフランス産の上質な肉質の鳩を、”実りの恋”の花言葉を持つ無花果 の葉のオイルを香らせながら炭火でグリルし、不老長寿を願う縁起物のちょろぎを付け合わせに添えました。


もも肉は春菊のピューレをアクセントに栄養素の高い黒にんにくとピスタチオをあしらい、二つのもも肉を赤い糸で結び夫婦円満を表現しています。


豊麗 / デザート

●自然の恵みに感謝しながら、旬の食材を夫婦で共にいただける喜びを表現した一皿。


歳を重ねてゆく中で、食卓で過ごす楽しい時間を通じて夫婦の愛を深めてゆくことへの願いを込めた一皿。バターの香りをたっぷりとまとわせながらローストした花梨に、”家族愛”の花言葉を持つセージのアイスクリームを添えました。 


夫婦のための新感覚レストラン「TABLE898」をご紹介しましたが、いかがでしたか。

今まで気にもしなかった“夫婦が会話をするときに最適な距離”で向き合い、そして五感で楽しめる創造的な料理に舌鼓を打てば、きっと2人の会話も盛り上がるはず。

素敵な食体験を通じて2人で過ごす時間をもっと豊かにしてみませんか。


■「TABLE898」店舗概要

 
・コンセプト
ここは、夫婦限定、夫婦のためのレストラン。 向き合って目を合わせて会話をすることで料理をさらに美味しく楽しんでもらいたいという想いのもとオープンした、 夫婦が会話をするときに最適な距離「898mm」で、お食事ができるレストランです。 夫婦だからこそ完成される、2人で1つの料理をはじめ、1品1品に想いが込められたフルコースをぜひお楽しみください。
 
・店舗概要
店舗名:TABLE898
営業期間:2018年11月22日(木)〜12月2日(日)
住所:東京都渋谷区西原3-12-14
時間:18:00〜20:00/20:45〜22:45 ※完全予約制
金額:フルコース¥7,000ー(ドリンク別)
予約番号:03-6327-2267
URL https://rethink-fufu.jp/table898/


・総合プロデュース 丸山智博

cherche inc.代表 レストランプロデューサー兼シェフ フランス料理店 外苑前ラミ・デュ・ヴァン・エノにて榎本実シェフに師事。 その後都内のビストロ、カフェのシェフを務めつつケイタリングをはじめる。

2010年MAISON CINQUANTECINQ[フレンチビストロ/代々木上原]オープン
2013年RESTAURANT GRIS[フレンチレストラン/現在閉店]オープン
2014年LANTERNE[大衆居酒屋/代々木上原]オープン
2014年NINE STORIES[フレンチレストラン/代々木上原]をNAKED Inc.村松氏とオープン
2017年 AELUオープン[ギャラリー兼ビストロ/代々木上原]オープン
2018年 東京ミッドタウン日比谷HIBIYA CENTRAL MARKET 一角[ディレクション]

現在は直営店の運営、アパレル等のパーティーを中心にケイタリングを行いながら日本全国のカフェ・レストラン・居酒屋のプロデュース/ディレクション、コンサルティング及びメニュー開発を行う。


・シェフ 田中淳

RESTURANT A.Tオーナーシェフ
1980年兵庫県生まれ。
2003年 レストラン サン・パウ[銀座]
2006年 ピエール・ガニェール・ア・東京[青山・部門シェフ]
2009年 ピエール・ガニェール・パリ[パリ・部門シェフ]
2010年~13年 スペイン「キケ・ダコスタ」、ベルギー 「デ・パストラル」「イン・ドゥ・ウルフ」、デンマーク「ゲラニウム」 2014 年 RESTAURANT A.Tオープン
Best chef award art 賞受賞


■「Rethink 夫婦の時間」プロジェクト概要
「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトは、仕事に、家事に、子育てに、すれ違いが多くなりがちな夫婦の時間をより豊か で実りあるものにしていきたい、二人の距離がもっと近づくように「“夫婦の時間”を考える」きっかけを作っていきたい、という 想いから発足いたしました。本プロジェクトは、JT(本社:東京都港区 社長:寺畠正道)の「Rethink-視点を変 えて考える-」をキーワードに、既存の概念にとらわれず、新しい文化やライフスタイルを生みだしていくことに挑戦するプロ ジェクト「JT Rethink PROJECT」 (https://jt-rethink.jp/)のサポートのもと展開しております。



家men編集部

家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加