家menメルマガ,家menメールマガジン,家men
Original

焼く・煮る・炊く・オーブン・パンの発酵…フライパン1つでできる!魔法びんのサーモス初の料理道具シリーズ発表レポート

家庭で最も頻繁に使用する料理道具のフライパンを、皆さんはどんな基準で選んでいますか?

焦げ付きを防ぐコーティングの剥がれにくさ、調理や収納のしやすさなど、主に「耐久性」と「使い勝手の良さ」ではないかと思われます。


そうしたニーズを満たす最新のフライパンが、なんと魔法びんのグローバル企業として知られるサーモス株式会社から登場!

しかも、焼く・煮る・炊く・オーブン・パンの発酵まで実現できる多機能フライパンというから気になります。


先日行われた『サーモス 取っ手のとれるフライパン(KFAシリーズ)』『サーモス フライパン(KFBシリーズ)』新製品発表会に編集部が行ってきましたので、その模様をレポートします。


“美味しさを持ち運ぶ”サーモスが“美味しさを作る”キッチンツールを開発


『取っ手のとれるフライパン/フライパン』は、毎日の料理に役立つキッチンツールを提供するためサーモスが立ち上げた新シリーズ「KITCHEN+」(キッチンプラス)の第1弾製品です。


おそらく多くの人が抱くであろう「なぜサーモスがフライパン?」という疑問に答えるべく、サーモス株式会社マーケティング部の森弘美さんが新シリーズ誕生の背景を説明してくれました。



これまでサーモスが主に取り扱ってきたのは、水筒などの「飲む製品」と弁当箱などの「食べる製品」。いずれも家の外で使うことが多い製品ですが、美味しい料理を持ち運ぶには、良質な調理道具が必要となります。



ならば、美味しさを生み出すキッチンツールを提供することで、これからは「家の外」だけではなく「家の中」での暮らしもサポートしていきたい──そんな想いを込めて「KITCHEN+」シリーズが誕生。

その第1弾製品として、毎日の料理に欠かせないフライパンが開発されたのです。



気になるのは、フライパンの購入時に多くの人が重視するであろう「耐久性」と「使い勝手の良さ」。それらの条件をクリアするため開発された『取っ手のとれるフライパン』の特長も紹介されました。


■製品特長1 耐摩耗性の高いデュラブルコート

硬質フィラーを配合した「耐摩耗性デュラブルコート」を採用することで、耐摩耗性の高さを実現。ギョウザなどこんがりと焼き目を付けた料理を作ってもツルッとはがれ、こびりつきにくさも長続きします。

※『サーモス フライパン(KFBシリーズ)』も対応


■製品特長2 便利な深型設計

フライパンの深さ(高さ)は5.5cm以内が一般的ですが、『取っ手のとれるフライパン』の深さは6.5cm。この深さがあることで煮込みや炊き込みなど料理の用途が広がり、また油はねを軽減することもできます。

※『サーモス フライパン(KFBシリーズ)』も対応


■製品特長3 保温カバーで温かさが長持ち

蓄熱性を備えた厚みのあるフライパンにフタをし、テーブルに熱を伝えないよう木製プレートに乗せます。そして布製保温カバーをかぶせて熱を閉じ込めれば、調理完了から1時間後まで料理の温かさをキープできますよ。


■製品特長4 焼く・煮る・炊く・オーブン・パンの発酵が1つでOK

焼き物料理はもちろん煮込み料理や炊き込み料理、さらに生地の発酵から始まるパン作りもこれ1つで可能に! 食卓のレパートリーがよりいっそう広がると同時に、料理道具が少なく済むからキッチンの収納も快適になります。


■製品特長5 そのまま食卓に出せるブラウンカラー 

フライパンの内側には陶器をイメージしたブラウンカラーを採用し、フライパンごとそのまま食卓に出してもオシャレ。アツアツの料理を楽しめると同時に、使用する食器の数が減り、食器洗いなどの後片付けまで楽になります。


プロの料理研究家も使い勝手と性能に太鼓判!


続いては料理研究家の阪下千恵さんが登壇。

まずは2人の娘を育てる子育て家庭の目線から、実際にサーモスのフライパンを使ってみた率直な感想を語っていただきました。



製品の使い勝手について「日常でよく使うフライパンは、何と言っても使いやすさと収納性が重要。高機能フライパンには“重くて扱いづらい”というイメージがありましたが、女性が片手で持ってもギリギリ重く感じない工夫がされているなと実感できました。また、高級感のあるブラウンカラーで取っ手の取り外しも可能なので、フライパンのまま食卓に出しやすいのも嬉しいですね」と感想をコメント。



また、サーモス製フライパンならではの特長といえる保温力の高さについては「料理が出来上がって『ごはんだよ』と家族を呼んでも、すぐには全員集まりませんよね。そんな時に保温カバーをかぶせておいたところ、数十分経っても料理から湯気が立って家族から『おおっ』と驚きの声が挙がりました」と太鼓判を押していました。


さらに阪下さんが感心したのは、耐摩耗性デュラブルコートによる焦げ付きにくさ。旦那さんが食器洗い担当だそうですが、「料理にしっかり焼き目を付けてもこびりつきがなく、水でゆすぐだけで焦げ付きをサラッと洗い落とせましたよ」と夫婦揃ってビックリしたそうです。


引き続き、『取っ手のとれるフライパン』を使ったオススメ料理を阪下さんが実際に調理しながら、製品の性能をデモンストレーション。


まずは「ちぎりパン」から。ホームベーカリーがないとパンを作るのは大変ですが、『取っ手のとれるフライパン』ならフライパンで加熱後に保温カバーを約20分間かぶせるだけで生地の発酵が完了!


左のふっくらしたパン生地が発酵後のもの(右は発酵前)


しかもフライパンをそのままオーブンに入れて焼くことができるので、本当にこれ1つでフワフワのパンを気軽に作ることができます。また、調理道具が1つで済むと洗い物が減るから、家事が楽になりますね


続いては「棒餃子」。少しパラッとした段階で水を入れ焼き目を付けたところ、餃子の皮がフライパンからツルッとはがれました。また専用フタには窓が付いているので、フタをしたまま調理状況を確認できるのも便利ですね。



そして『取っ手のとれるフライパン』のような厚みのあるフライパンに向いている「パエリア」。その美味しさを左右する「お焦げ」を作っても、フライパンにこびり付きませんでした。パエリアだけでなく、炊き込みご飯にも活用できそうですね。


最後に阪下さんは「今回ご紹介したレシピ以外にも、これからの季節は汁気の多い煮込み料理もオススメ。また、複数の料理を並行調理するのが苦手な方でも、先に仕上がった料理を保温カバーでアツアツの状態にキープできますよ」とさらなる活用ポイントを挙げていただきました。



今回の新製品発表会を通じて、「サーモスがなぜフライパンを発売するのか?」という疑問は「サーモスだからこれほどの高性能フライパンを作ることができた」という確信に変わりました


フライパンの買い替えや買い増しを検討している方は、使い勝手が良くて食卓のレパートリーも広げてくれる『取っ手のとれるフライパン』をぜひ試してみてはいかがでしょうか。


■サーモス 取っ手のとれるフライパン 6点セット(KFA-SET6)


■『サーモス フライパン/炒め鍋』(KFBシリーズ)

 

■取っ手のとれるフライパン専用レシピをサーモスHPで公開!(※2018年12月1日〜)


■製品に関するお問い合わせ先

サーモスお客様相談室

TEL(ナビダイヤル):0570-066966

https://www.thermos.jp/

家men編集部

家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加