Original

美味しく淹れるコツを伝授!忙しい時こそ暖かい紅茶でホッとひと息つこう

冬の寒さで冷えた体を暖めたい時や、仕事や家事を頑張りすぎて疲れた時は、ホットドリンクでひと息つきたいですね。


男性だとティータイムの定番=コーヒーという方が多いでしょうが、近年は世界的に茶葉の生産量が増加傾向に。2018年は過去最高の580万t超に達したそうです。

また日本でも、リプトンが紅茶専門のティースタンドを全国展開したり、スターバックスがティーブランド「TEAVANA」を設けるなど、紅茶人気は静かに高まりつつあります。

最近タピオカティーが再びブームになっているのも、そうした紅茶人気の一環と言えるのではないでしょうか。


そこで今回は、そんな注目の「紅茶」の魅力をさまざまな角度からクローズアップ。美味しい紅茶の味わい方もご紹介しますので、ぜひご参考ください。


集中力もアップ?心と体の健康につながる紅茶効果

紅茶,家men


紅茶の主成分といえばポリフェノール


ポリフェノールとは、「カテキン」やカテキンの一部が重合して出来る「テアフラビン、テアルビジン」などを包括した名称で、強い抗酸化作用を持ちます。

さらに、血圧上昇を抑えたりかぜウイルスやインフルエンザウイルスの感染を防ぎ、疲労回復の効果もあるとされています。


また実は、お茶の生葉にはコーヒー豆の2倍以上ものカフェインが含まれていますが、紅茶に加工した茶葉と焙煎したコーヒーを比較すると、紅茶の抽出液のカフェイン含有量はコーヒーの半分以下に

つまり、紅茶だとコーヒーよりも胃に刺激を与えることなく、ティータイムを楽しむことができるのです。


紅茶を飲むことで得られる効果でもう1つ注目したいのが、ホッとひと息つけるリラックス効果


紅茶を飲む前と飲んだ後の脳波を調べたところ、紅茶を飲んだ後の方が精神的にリラックスしたという実験報告があります。

また、神経がピリピリと張り詰めた緊張状態が常に続くよりも、ティータイムを挟んで適度にリラックスした状態の方が集中力が高まるという実験結果も出ているので、仕事や勉強で最高のパフォーマンスを実現するためにもぜひ紅茶を愛飲したいですね(※)。


紅茶を美味しく淹れる「ジャンピング」のコツ

紅茶,家men


ティーバッグやカプセル式ティーマシンで紅茶を手軽に楽しむという方も多いでしょうが、せっかくなら茶葉本来の美味しさをフルに堪能してみませんか?

そこで試してほしいのが、「ジャンピング」を生じさせる淹れ方です。


ジャンピングとは、熱湯を注いだティーポットの中で茶葉が上下に動くこと。

茶葉が上下動することによってエキスが抽出されやすくなり、ティーポット全体に紅茶の味や香りが均一に溶け出すのです


次のポイントを押さえれば、簡単にジャンピングを起こすことができますよ。


■空気が十分に含まれた新鮮な水を沸かす

お湯の中から空気が失われていると、茶葉が沈んでしまいジャンピングは起こりません。お湯を沸かす際は、空気がたくさん含まれた汲みたての新鮮な水を使いましょう。


■お湯は95〜98℃の高温で

沸騰前のお湯や沸騰からしばらくたって温度の下がったお湯だと対流が起こらず、茶葉は浮かび上がってすぐに沈んだり、上下の動きは少なくなります。95〜98℃の沸騰直前(水の表面に大きな泡が波打った状態が目安)までしっかり沸かしてください。


■熱湯を勢いよくポットに注ぐ

沸かしたてのお湯を勢いよくポットに注ぐと、水中の空気の気泡が茶葉にくっつき、その浮力で茶葉が浮かび上がります


■ティーポットは丸いタイプで

ティーポットにもさまざまな種類やデザインがありますが、ジャンピング用にオススメしたいのは丸形デザイン。丸みを帯びた形状の方がお湯を注いだ際にポット内で対流しやすくなり、茶葉が上下に運動してくれるのです。


いつもの紅茶がもっと美味しくなるアレンジ素材


■シナモン

紅茶,シナモン,家men


ちょっと独特の甘い香りが心地よさを誘ってくれます。シナモンスティックを数回かき混ぜれば、エキゾチックな香りが紅茶に染み渡ります。シナモンパウダーを振りかけるだけでもOKです。


■柚(ゆず)

紅茶,ユズ,家men


爽やかな香りとさっぱりとした飲み口が魅力的。柚の皮を茶葉に混ぜ、熱湯で香りを抽出してください。もっと手軽に味わうなら、柚ジャムを活用するのも良いでしょう。


■生姜(しょうが)

紅茶,ショウガ,家men


寒さで冷えた体を温めるなら生姜アレンジがオススメ。早朝の起き抜けに飲めば体温が早く上がり、仕事モードに素早く切り替えられそうですね。すり下ろした生姜だと繊維の口当たりが気になるので、生姜パウダーをオススメします。


さまざまな効能を持つ紅茶の魅力と、その美味しさを存分に引き出す淹れ方、さらにオススメのアレンジ素材をご紹介しましたがいかがでしたか。


仕事や家事で疲れた体を休めたい時に、また気分をスッキリさせてもうひと頑張りしたい時に、ぜひ暖かい紅茶でホッと癒やされてみてください。


<参照>

SEASON ETA「紅茶の効能」

http://www.seasontea.jp/effect_of_tea/kocha_no_kounou.html

お茶百科「紅茶を楽しむいれ方」

http://www.ocha.tv/how_to_brew/blacktea/

※日本食糧新聞 2017年6月23日「紅茶で「深い集中力」向上 日本紅茶協会、飲用実験で確認」

https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=AOYAGI20170619121830521&cc=01&ic=120




<記事監修者プロフィール>

桑原珠玉

紅茶専門家、オールアバウト紅茶ガイド

関連リンク Orangery Tea  https://www.orangerytea.jp/


家men編集部

家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Weekly 週間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加