Original

野菜・肉・魚をまとめ買いしても安心!買った時よりも旨味がアップし鮮度も長持ちする冷凍冷蔵庫「VEGETA」新機種が登場

多忙な共働き世帯や、家事の効率化を追求するご家庭だと、週末に食品などをスーパーでまとめ買いするケースも多いことでしょう。


まとめ買いの悩みとしてつきものなのが、生鮮食品の扱い

冷蔵庫で保存しても日を追うごとに鮮度が落ちてしまい、かといって冷凍すれば風味が損なわれ、せっかくの食材を美味しく頂けないことも…。


実際、東芝ライフスタイル株式会社が行った「生活や料理に関するニーズ」に関する調査(※1)でも、「肉・魚などの生鮮食品を美味しく長持ちさせたい」とういニーズが多いことが分かりました。



そこで今回は、こうしたニーズに応える新家電が誕生したのでご紹介します。冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」に「低温チルドモード」を新たに搭載した「FZシリーズ」です。


新機種「FZシリーズ」の新たな特長

1. 肉・魚など生鮮食品の旨み成分を増量し、約1週間保存可能な「低温チルドモード」

当社独自の「新鮮ツイン冷却システム」により、約-1℃(※2)の安定した低温と乾燥を抑えた保存環境を実現。

さらに、チルド室に新たに搭載した「LED除菌」(※3)と「ルネキャット」(※4)のダブル除菌により、冷凍しないで約1週間の保存(※5)と、肉・魚などの生鮮食品の“熟成期”を長期化し、購入時より食材の旨みを高める(※6・7)ことが可能になりました。


この新採用された「低温チルドモード」と、従来から搭載の「速鮮チルドモード」「解凍モード」と併せ、目的に合わせて3つのチルドモードをお使いいただけます。


東芝,冷凍冷蔵庫,VEGETA,FZシリーズ,家men

 LED除菌ユニット(イメージ) 

東芝,冷凍冷蔵庫,VEGETA,FZシリーズ,家men

ルネキャットのしくみ(イメージ)


2. チューブスタンド付ドアポケットで庫内整理もスッキリ解決

乱雑になりがちなチューブ類をスッキリ収納するためのチューブスタンド付きドアポケットを新たに採用。

ドアポケットの一部がはじめから仕切られているので、用途に合わせてスッキリ収納でき、調理時に探す手間が省けます。


東芝,冷凍冷蔵庫,VEGETA,FZシリーズ,家men


3. 運転状況確認や操作設定がスマホで簡単にできる無線LAN接続対応モデル

無線LAN接続に対応したモデルを4機種に拡大。

当社が提供するクラウドサービスのスマートフォン専用アプリをダウンロードし、冷蔵庫とスマートフォンを無線LANでつなぐことによって、家の中ではもちろん、外出先からでも運転状況の確認や設定の変更操作ができます。


肉や魚を凍らせなくても約1週間保存することができ、さらに旨み成分を増やす熟成まで可能な、冷凍冷蔵庫「VEGETA」の新機種「FZシリーズ」。

これ1台あれば、生鮮食品の鮮度の心配をすることなく安心してまとめ買いができそうですね。


【商品概要】


※1:「生活や料理に関するニーズ」に関するインターネット調査、対象:20〜69歳の男女(n=1,287)、調査期間:2018年11月22日〜29日実施

※2:運転環境や条件により、温度は上下することがあります。当社調べ

※3:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】チルドルーム上段に滴下した菌液を72時間後に回収し測定、【対象場所】チルドルーム、【試験結果】99%以上の除菌効果を確認。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません

※4:ルネキャットは(株)東芝の登録商標です

※5:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】鶏ひき肉を包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて7日間保存後に測定、【試験結果】鶏ひき肉の生菌数(単位 CFU/g)、初期値:2.1×10[4]、GR-R600FZ:3.4×10[4]。生菌数は一般的に10[7]が初期腐敗とされています。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。運転状況や食品の種類、状態や量により、効果は異なります

※6:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】遊離グルタミン酸定量分析、鶏もも肉を包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて7日間保存後に測定、【試験結果】鶏もも肉のグルタミン酸、初期値:28mg/100g、GR-R600FZ:46mg/100gとなり約1.6倍増加。食品の状態や保存状況によって効果は異なります

※7:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】遊離グルタミン酸定量分析、カツオの切り身を包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて3日間保存後に測定、【試験結果】カツオの切り身のグルタミン酸、初期値: 3mg/100g、GR-R600FZ:10mg/100gとなり約3.3倍増加。食品の状態や保存状況によって効果は異なります


■お問い合わせ先

東芝生活家電ご相談センター

フリーダイヤル:0120(1048)76

家men編集部
家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Ranking ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加