面倒な食器洗いがこんなにラクに!簡単に家事シェアできる「ほったらかし洗い」のススメ

先日の記事で、円滑な家事シェアを阻む一因となる「家事ギャップ」(夫婦間における家事のやり方・考え方のギャップ)について取り上げ、特にギャップが生じやすい「食事の後片付け」の基本工程をご紹介しました。

  家事で生じる夫婦のすれ違いを解消するには? 暮らしの専門家に聞く「食事の後片付け」の基本 「やったつもり」の家事内容に対してパートナーが「できてない」と不満を抱く──家事における夫婦間のすれ違い=家事ギャップはなぜ起きるのか? その原因と対策を探るため、今回は“暮らしの専門家”にインタビュー。家事ギャップが特に生じやすい「食事の後片付け」のコツも解説いただきます。 家men


その一方、美味しい料理でお腹いっぱいになった後に、シンクに山積みされた食器を洗おうという気持ちはなかなか起きませんよね。そんな方にとって救世主と言える「ほったらかし洗い」を提案する食器用洗剤『Magica 酵素+』が、2019年2月にライオンから誕生しました。


「ほったらかし洗い」って何? そしてどんなメリットがあるのか気になりませんか。


そこで今回は、『Magica 酵素+』の開発者であるライオン株式会社 研究開発本部 リビングケア研究所の森山洋匡さんにインタビュー。2児のパパでもある実体験も交えながら、『Magica 酵素+』を活用する「ほったらかし洗い」について語っていただきます。

目次[非表示]

  1. 1.つけおき中に『Magica 酵素+』が汚れを分解し、食器洗いの負担を軽減
  2. 2.つけおき中は自由な時間に!食器洗いを最大限に効率化する「ほったらかし洗い」のメリット
  3. 3.「ほったらかし洗い」の方法


つけおき中に『Magica 酵素+』が汚れを分解し、食器洗いの負担を軽減

つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


─まずお聞きしたいのですが「ほったらかし洗い」とは?

ライオンが食後の食器洗いについて調査を行ったところ、洗い桶や食器・調理器具に水を張って食器をつけておく「つけおき洗い」を毎日1回以上行っているという回答が約7割でした。しかし、その際に洗剤を使用している方が少ないことも判明しました。

洗剤を入れずに水に食器をつけておいても、汚れが食器に再付着したり、手ごわいこびりつき汚れを落とす効果も十分ではありません。そこでライオンでは、つけおき洗いでの汚れ分解効果が高い『Magica 酵素+』を使うことで食器洗いがラクになる「ほったらかし洗い」を提案しています


─「ほったらかし洗い」に効果を発揮する『Magica 酵素+』は、どのような思いから商品開発に至ったのですか?

食器洗いについてお客様からお話を伺ったところ「洗うのが面倒」「そもそも取りかかるのが億劫」という声が多く挙がりました。また、「いざ洗い始めてもガンコな油汚れやこびりつき汚れに苦戦している」「洗えたと思ってもまだ汚れが残っているので、洗い直したりこびりつきを爪でこすり落としている」と悩みを訴える方もいて、こうした面倒が食器洗いをさらに億劫に感じさせる要因になっていると把握しました。

そんな負担感を解消することで、食器洗いをもっとラクにしたいという思いから『Magica 酵素+』を開発しました。


─『Magica 酵素+』を使った「ほったらかし洗い」によって、実際のところどれぐらい食器洗いがラクになるのですか?

水を張った洗い桶や食器・調理器具の中に『Magica 酵素+』を入れ、30分程度そのまま置くだけ。つけおき中に酵素がタンパク質・でんぷんの汚れを分解してくれるので、あとはスポンジで軽くこすって水で洗い流せば完了です


本当にそれだけで汚れが落ちるの?という疑問を解消すべく、森山さんに「ほったらかし洗い」の汚れ落ち比較実験を行っていただきました。


つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men

つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


カレー汚れをこびりつけたステンレス板を鍋に貼り付け、汚れに洗剤をかけてからぬるま湯の中につけます(写真左が当社従来品の洗剤、写真右が『Magica 酵素+』を使用)。


つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


『Magica 酵素+』をつけた鍋の汚れは細かく分解されていくではありませんか。


つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


そしてぬるま湯の中で鍋を数回上下させただけで、全体の汚れがサラサラ?と落ちていく──これはスゴイ!


つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


最終的に、ここまではっきりとした差が出ました。


つけおき中は自由な時間に!食器洗いを最大限に効率化する「ほったらかし洗い」のメリット


─比較実験の効果の差にビックリしました。『Magica 酵素+』は従来の洗剤と何が違うのですか?

これまでのMagicaは油汚れをラクに落とす「ナノ洗浄」という技術を採用していたのですが、手ごわいこびりつき汚れを構成するご飯粒などのでんぷん汚れや卵などのタンパク質汚れを分解しづらいという課題がありました。そこで、タンパク汚れやでんぷん汚れに特異的に作用する酵素をプラスすることで、手ごわいこびりつき汚れに対処できるようにしたのです。


─そんなに効果的な酵素が、なぜ従来の洗剤には採用されていなかったのですか?

洗剤の中に配合されている界面活性剤などの洗浄成分が酵素を攻撃してしまい、酵素の能力が安定的に発揮されないため、1つのボトルの中で酵素と界面活性剤が共存するのはハードルが高いと考えていました。そこで、酵素への影響を抑制しつつ、機能を維持する界面活性剤バランスを研究。2500以上のサンプルを作成し、酵素の働きを活かした洗剤の開発に成功したのです。


─そうした商品開発研究においてヒントにしたことはありますか?

私自身共働きなので家庭で家事シェアを実践しているのですが、食器洗いに限らず「忙しい中で効率的に家事を行うにはどう改善すればいいか」を日々考えています。その中で得られた発想が開発のヒントになったと思います。


つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


─ちなみに森山さんも自宅で「ほったらかし洗い」を実践していますか?

研究の延長みたいな感覚ですが(笑)、洗い物の点数が少ない時は通常のスポンジ洗いでサッと済ませ、食器や調理器具など洗い物が多い食後に「ほったらかし洗い」と使い分けています。特に、汚れがこびりついた調理器具は食事中に「ほったらかし洗い」を行うのが定番ですね。


─ご自身が実際に実践している中で「ほったらかし洗い」にどのようなメリットを感じていますか?

お客様からは「今までゴシゴシこすっていた食器洗いが、つけおき後に軽くこするだけで終わるからラクになった」といった声をたくさん頂いていて、私自身も家庭でその効果を実感しています。

また、これまでは食器洗い中に子どもに声を掛けられても「ちょっと待ってて」と相手をできなかったのですが、今はほったらかし洗い中の時間を子どもとの遊びにあてることができています。


─「ほったらかし洗い」の間に手が空くことで、自由な時間が生まれるということですね。

はい。つけおき中は家族との交流や趣味の時間に有効活用し、ご自身のタイミングで食器洗いにとりかかることができます。従来よりも食器洗いが効率化され、お客様の日々の暮らしがより豊かになると嬉しいですね。


─こんなに簡単に汚れを落とせるなら、普段あまり食器洗いをしない人でも気軽に実践できそうですね。

「ほったらかし洗い」は複雑な段取りや難しいテクニックを覚える必要はありません。また、こびりつき汚れが落としやすくなるので、食器洗いを面倒だと感じる心理的なハードルもグッと下がります。

ぜひ『Magica 酵素+』を使った「ほったらかし洗い」を、積極的に家事に参加するきっかけにしてください。


「ほったらかし洗い」の方法


1. 洗い桶や食器・調理器具に水を張り、食器を入れる

つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


食べ残しなど明らかに目立つ汚れはキッチンペーパーで拭き取ったり、流水ですすぎ落としておいた方が、汚れが落ちやすくなります。

洗い桶に張る水は常温でも構いませんが、40℃程度のぬるま湯の方が酵素の働きがより高まるので効果的ですよ

※一部の漆器や土鍋等、水だけでもつけおきが推奨されていない食器・調理器具へのつけおきは避けてください


2. 食器を入れた水に『Magica 酵素+』を入れる

つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


水1リットルに対して3ml(小さじ1/2強)を目安に『Magica 酵素+』を加えます(一般的な3リットルサイズの洗い桶であればボトルを軽く押して2〜3周ほど垂らす)。

油のこびりついた鍋や汚れがひどい食器は、写真のように『Magica 酵素+』を先に直接つけてから水を入れた方が、より効果的です。


3. 30分ほどそのまま置く

つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


つけおきの時間は約30分が目安です。汚れの程度や食器の数にもよりますが、長時間の放置はオススメしません。


4. スポンジで軽くこすり洗いして、水ですすぐ

つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men


通常の食器洗いのようにスポンジで軽くこすり、水ですすげば終了です。


『Magica 酵素+』がこびりつき汚れを分解してくれることで大変なゴシゴシ洗いがラクになるだけでなく、酵素が働く“つけおき中”を自由な時間として使えるのであれば、食器洗いの負担が大きく軽減できそうですね。


普段あまり食器洗いをしない大人はもちろん、子どもだって気軽に参加できる「ほったらかし洗い」を実践し、家族みんなで家事シェアを楽しんでみてはいかがでしょうか。


<商品情報>

つけ置き,ほったらかし洗い,食器洗い,家事,家事シェア,Magica 酵素+,ライオン,家men

■商品名

CHARMY Magica 酵素+

フルーティオレンジの香り

フレッシュグリーンアップルの香り

フレッシュピンクベリーの香り

■容量

本体 (220ml)

つめかえ用(570ml)

つめかえ用大型サイズ(950ml)

■小売価格

オープン価格

■ブランドサイト:

選べる3つの「+(プラス)機能」で食器洗いがラクになる!

https://magica.lion.co.jp/


<専門家プロフィール>

ライオン株式会社 研究開発本部 リビングケア研究所

森山 洋匡

2010年にライオンに入社。基礎研究部門(機能素材研究所)においてボディソープ製品などで生まれる「泡」の質感や持続性など使用感の研究、リビングケア研究所において食洗機用洗剤の開発などに携わる。2児の父で家事シェアにも積極的に取り組んでいる。


「食器洗い」に関するオススメ記事はこちら

  何もしないと菌が増える一方!台所のスポンジを除菌する方法 見えない細菌が大量に潜んでいる台所の食器洗いスポンジを除菌しないなんて危険すぎ! そこで今回は、台所のスポンジを正しく除菌する方法をご紹介します。 家men
  家事で生じる夫婦のすれ違いを解消するには? 暮らしの専門家に聞く「食事の後片付け」の基本 「やったつもり」の家事内容に対してパートナーが「できてない」と不満を抱く──家事における夫婦間のすれ違い=家事ギャップはなぜ起きるのか? その原因と対策を探るため、今回は“暮らしの専門家”にインタビュー。家事ギャップが特に生じやすい「食事の後片付け」のコツも解説いただきます。 家men


家men編集部
家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加

LINE@ | 家men