Original

2019年のキャンプトレンド調査!みんなが食べたいキャンプ料理の理想と現実は?

家族みんなで楽しめるキャンプのシーズンがいよいよ到来! 皆さんは今年はどのようにキャンプを楽しむ予定ですか?


ここ数年のブームを通じてアウトドア人口が増加し、それに伴ってキャンプスタイルも多様化しています。

そこで今回は、今年のキャンプの計画の参考になるよう、キャンプ料理に特化した調査機関・ソトレシピ総研による「キャンプ料理トレンド調査2019」をご紹介。


みんなが楽しみたいと思っているキャンプのスタイルは? 気になる結果をご覧ください。


新しい余暇の過ごし方としてキャンプを選択


20〜40代の男女に「キャンプを始めた理由」を聞いたところ、「自然の中で過ごしたい」51%、「家族で楽しめる趣味が欲しかった」50.8%、「新しい趣味が欲しかった」48.3%が上位に。

働き方改革で余暇の過ごし方が重視される中、新しい趣味として自然の中で過ごすキャンプを選ぶ方が多いことが分かりました。


また、興味深いのは20代の4人に1人が「ゆるキャン△」などの漫画やアニメがきっかけでキャンプを始めたこと。従来のキャンプ層だけではなく、世の中の動向やトレンドのコンテンツによって、新たな層がキャンプを始めていることが分かりました。


アウトドア,キャンプ,キャンプ料理,トレンド,家men


キャンプスタイルの新トレンドは「ソロキャンプ>グランピング」


自身のキャンプスタイルについて尋ねたところ、「ファミリーキャンプ」67.5%、「グループキャンプ」53.8%と大人数で楽しむ定番スタイルが人気。

一方、近年話題になった「グランピング」はわずか20%。それを上回る3位に入ったのが「ソロキャンプ」38.3%で、特に20代では47.6%と2人に1人がソロキャンプを実施。

既存キャンパーがブッシュクラフトなどをきっかけにソロキャンプにはまるケースもありますが、20代では前述のキャンプアニメ作品で描かれているようなソロキャンプや女子キャンプにハマる傾向が見られました。


アウトドア,キャンプ,キャンプ料理,トレンド,家men


キャンプ場近くのご当地食材を使った「地産地消料理」に需要


キャンプ料理でもっと知りたい情報については、「キャンプ場近辺の地元の食材」が51.5%と1位に。その地域の美味しい食材を楽しむ「地産地消キャンプ料理」にニーズがあることが分かりました。

今後、キャンプ場、アウトドア業界の企業、地方自治体が連携し、キャンプ料理を活用した地方創生施策に取り組めば、新しいキャンプの楽しみ方を提案できるとともに、地域の活性化にもつながると考えられます。


アウトドア,キャンプ,キャンプ料理,トレンド,家men


キャンプ料理の理想と現実は「おしゃれな料理」と「忘れ物」


一方でキャンプ料理に対する課題は「おしゃれな料理を作りたいが作れない」41.5%、「網で焼くだけのマンネリ化」38%など、新しい料理にチャレンジしたい傾向が見られました。


アウトドア,キャンプ,キャンプ料理,トレンド,家men


また、キャンプ料理であるあるな失敗は「調味料忘れ」41%、「食材忘れ」34.5%、「調理道具忘れ」32.5%など忘れ物ネタが上位に。「おしゃれな料理」と「忘れ物」というキャンプ料理の理想と現実が浮き彫りになりました。


アウトドア,キャンプ,キャンプ料理,トレンド,家men


今年作ってみたいキャンプ料理は「豪快な塊肉」


「好きなキャンプ料理」については「カレー」66.3%がトップにきたものの、「今年チャレンジしたいキャンプ料理」は1位「ローストビーフ」47%、2位「ローストチキン」38.3%と豪快な「肉料理」が上位。


アウトドア,キャンプ,キャンプ料理,トレンド,家men


一方で今年買おうと思っているキャンプ道具1位が40.3%の「ダッチオーブン」。定番のカレーをキャンプで作っている人は多いものの、新しいチャレンジとしては「ダッチオーブンを使った塊肉料理」を作りたい人が多いと言えます


ソトレシピ総研所長・千秋広太郎さんの「2019年キャンプ料理トレンド予測」


トレンド① 動画映え

2018年は「ゆるキャン△」や「山と食欲と私」など漫画、アニメ作品がブレイクし、今までアウトドアとは接点がなかった人が興味を持ち始めました。作品内で描かれたキャンプ場に行ったり、その料理を作ってみたりと「聖地巡礼キャンプ」の流れがあり、多くのキャンプ場の方から例年とは違う繁忙さや、来場客層の変化があったという声を聞いています。

2019年に関しては、キャンプ番組や特集が増えたりと、テレビでキャンプが大きく扱われ始めています。企画には必ず「キャンプ料理」も扱われるため、豪快な肉料理のような調理の映像自体がテレビ受けする「動画映え」レシピが求められると考えています。


トレンド② 自然回帰

前述のアウトドア作品の影響に加え、既存のアウトドアユーザーである男性層を中心に、できるだけ自然にあるものでキャンプを楽しむ「ブッシュクラフト」や、自転車やバイクで一人でキャンプに行く「バイクパッキング」などがトレンドになったことが要因として考えられます。

近年は、ブームとなったグランピングよりも、この傾向を受けた自然そのものを楽しむ「自然回帰」の流れを汲み、キャンプ料理も「おしゃれかつワイルドな料理」に回帰するのではないでしょうか


トレンド③ 地産地消

旅をしながら食文化を楽しむ「フードツーリズム」の考え方が広がり、「せっかく地方のキャンプ場に行くのであれば、その土地のものを食べたい」という需要が高まっています。ただスーパーで食材を買うのではなく、地産地消を意識することでさらなるキャンプの楽しみ方が広がっていると言えます。

キャンプを始めとしたアウトドアは、これまでのカルチャーに加えて新しいチャネルやコンテンツが増えたことで市場が拡大しているように感じます。これらを見ると、日本でのアウトドアは一過性のブームではなく、ライフスタイルとして定着して来ていると言えるでしょう。そこで外せない「キャンプ料理」に関しても、今後は独自の「食文化」として発展していくと考えております。


ソトレシピ総研による「キャンプ料理トレンド調査2019」をご紹介しました。


食事は旅の満足度を左右する重要な要素です。

家族みんながキャンプを楽しみ、そして忘れられない思い出にできるよう、今回の分析結果を参考に新しいスタイルのキャンプ料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。


<調査概要>

調査対象:20〜40代の男女400名、2018年に2回以上キャンプに行った人を対象にインターネット調査で実施。

(下記の調査結果はすべてn=400)

調査期間:2019年3月1日(金)〜3日(日)


<「ソトレシピ総研」とは>

キャンプ料理レシピサイトである「ソトレシピ(https://sotorecipe.com/)」を運営する株式会社シーザスターズのリサーチ部門です。今回の調査は2019年のアウトドア市場での食事トレンドを把握する目的で実施しました。今後も定期的に「キャンプ料理」に関するリサーチを行い、発表してまいります。

家men編集部
家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Ranking ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加