Original

洗濯機もお掃除を!2種類の洗濯槽クリーナーを上手に使い分ける方法

こんにちは! 年末年始の大掃除。汚い場所は、基本的に率先して掃除をしている洗濯ハカセの神崎です。今回は、洗濯機の掃除って本当に必要なの? 効果的な洗濯機の掃除方法ってないの? そんな疑問にお答えしてみたいと思います。


洗濯機の汚れ…実は見えない場所にたまっています

洗濯機の洗濯槽を掃除したこと、洗ったことはありますか?と質問すると、私の周りだけで言えば「定期的に洗ってます」と答えた人と、「買ってから一度も洗ったことがない」って人でほぼ半々に分かれます。


皆さんはいかがでしょうか?


私自身は定期的に行っていますが、皆さんもできれば2カ月に1回、最低でも1年に2回、年末年始と梅雨入り前に1回ずつ掃除してほしいなと思っています。


というのも、洗濯機は水気だけではなく、洗濯時に使用された洗剤や柔軟剤の成分と一緒に、汚れの成分なども洗濯槽の周りにへばりつくことがあります。それらが、洗濯を重なるにつれて汚れのミルフィーユになり、そこからカビが生えたり、雑菌の住みかになったりとデメリットが多々あります。


そうして洗濯槽の汚れやカビや雑菌が多くなると、洗っても洗っても「なんだか洗濯物が臭い!」といった不具合も起こり始めます。


最近は「洗濯槽を洗わなくても大丈夫!」とうたった洗剤だったり、「洗濯のたびに洗濯槽を掃除するから大丈夫!」といった洗濯機も出てきたりしています。ただ正直なところ、それらはあくまで予防であって、雑菌やカビが生えないと保証されてるわけではないのです。


事実、そんな洗濯機や洗剤を使っていつも洗濯しているというご自宅にお邪魔し、買ってから6年間洗濯槽を掃除したことがないという洗濯機を分解する機会に恵まれたのですが…。驚いたのは、黒いヘドロのカビは一切なかったのですが、赤い雑菌のヌルヌルした汚れがビッシリ。


やっぱり、洗濯槽は掃除しないとダメですねー!って状況でした。


2種類の洗濯槽クリーナーを上手に使い分けて掃除しよう


さて、どれだけ洗濯槽を掃除しないといけないのか理解してもらったところで、洗濯槽の掃除にはどんな洗濯槽クリーナーを使用したら良いと思いますか?


実は、洗濯槽クリーナーにも種類があります。

大きく分けて、酸素系と塩素系の2種類に分かれます。


どちらでも一緒でしょ?と思われるかもしれませんが、掃除をする時の汚れの落とし方などが違うため、汚れ方に対して向き不向きがあります。


酸素系は、酸素の泡を発生させたり水質をアルカリに変えることで、洗濯槽の汚れを物理的に剥ぎ落としていきます。逆に塩素系の場合は、塩素の力で汚れを溶かしていきます。つまり、酸素系は剥ぎ落として、塩素系は溶かし出して、と汚れの落とし方が異なります。


そのため、何年も掃除していないような洗濯機であれば汚れの絶対量が多いため、酸素系の方が洗濯槽をスッキリできやすい。逆に定期的に洗ってる場合は、雑菌を殺菌してくれやすい塩素系の方が洗濯槽を清潔に掃除できる。


このように洗濯機を掃除するときは、洗濯槽の状態によって洗濯槽クリーナーを選んだ方が良いのです。


ちなみに私の実験では、先に塩素系で洗濯槽を洗った際に酸素系で洗い直すと改めて汚れ出てしまい、がっつり汚れを落とす場合は先に酸素系のクリーナーを使用した方が良いと判明しました。

1年以上洗濯槽を掃除していない場合は、先に酸素系で掃除を行い、仕上げに塩素系で掃除を行うといった方法ができれば望ましいです


ぬるま湯で洗濯機を掃除するとさらに効果的!


さらに洗濯機の掃除方法にはもう1つコツがあります。


酸素系の洗濯槽クリーナーを使って縦型洗濯機を掃除する場合は、できれば30〜40度程度のぬるま湯をバケツなどで洗濯機になみなみと注ぎ、その中に洗濯槽クリーナーを入れるのがオススメです。その後は、つけおき洗いをするか、一晩放置してから普通洗いを行うと良いです。

※塩素系で掃除する時は、水の温度が高いとガスが出て危険なので、常温で行ってください


横型ドラムは基本的にどの洗濯槽クリーナーのメーカーも酸素系は使えない表記になっていますが、縦型と同じくバケツなどにぬるま湯をためられるだけためて酸素系の粉を投入したら、洗濯機をつけおき洗いで動かすことによって洗濯槽の掃除ができます。


場合によっては、洗濯槽の掃除用メニューがある洗濯機もありますので、マニュアルを参照してみてください。


ということで、洗濯機の洗濯槽の掃除方法をご紹介しました。


洗濯槽クリーナーの種類や役割が違うことまで知らない方も多かったのではないでしょうか。ご自宅の洗濯機の状態に合った洗濯槽の掃除を行い、日々の洗濯を清潔にできるようにしてくださいね。


『洗濯ハカセの洗濯と洗剤の新方程式』その他の記事はこちら>


\その他おすすめ記事/

・泥汚れがよく落ちるコツ!泥まみれの子ども服をキレイに洗う方法とは?

・ホワイトデーのお返しに!簡単にできるお菓子作りで家族を喜ばせよう

・外干しできない冬に大活躍!使っても置いてもスタイリッシュな布団乾燥機


※本記事の情報については、ご自身の判断で自らの責任において行ってください。
※本文中の薬品のお取り扱いには十分ご注意ください。

神崎健輔(洗濯ハカセ クリーニング師)

神崎健輔(洗濯ハカセ クリーニング師)

1981年長崎県生まれ。実家がクリーニング店でもあったので小さな頃から洗濯を手伝い、クリーニング師の資格を取得して洗濯の知識をとことん勉強。いつの間にか洗濯のプロ「洗濯ハカセ」を名乗ることに。日々ストイックに「もっと洗濯がキレイに楽にできる方法」を研究する毎日を送り、培った知識をブログで発信。家庭での洗濯が上手になる方法や、クリーニングいらずの洗濯術などを公開している。 「洗濯とITが大好きな洗濯ハカセことクリーニング屋神崎健輔のブログ」 http://curasutas.jp/blog

あわせて読みたい