Original

パパ料理のレパートリーを広げるチャンス!炭火焼のような本格グリル料理が作れる「Aladdin グラファイトグリラー」

結婚・子育てを機に料理をするようになったけど、同じようなメニューばかりでマンネリ気味…。パパ料理において“レパートリーの少なさ”は、永遠の悩みというべき大きな壁です


そこで今回は、そうしたレパートリー問題を一気に解決し、もっと料理が作りたくなる優れもの調理家電『アラジン グラファイトグリラー』の2019年新モデルをご紹介しましょう。


「煙」「油」「ニオイ」を気にせず調理できる家庭用グリラー


日本エー・アイ・シー株式会社が2017年4月に発売した『アラジン グラファイトグリラー』は、株式会社千石による特許技術「遠赤グラファイト」を世界初(※)で搭載。「煙」「油」「ニオイ」を気にせず調理できる新発想の家庭用グリラーという、新しいカテゴリーを確立しました。

※2019年5月時点・電気グリル調理器商品において・当社調べ


アラジン,グラファイトグリラー,家電,料理,炭火,家men


特長1. 世界初※1の特許技術「遠赤グラファイト」を搭載!

「遠赤グラファイト」とは、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材。高温輻射で食材に熱を与えることで、まるで炭火で焼いたように仕上げます。遠赤輻射熱は、フライパン(伝導熱)とは異なり肉表面に余計な熱を与えず、肉をふっくら焼き上げます


特長2. 室内でも「煙」「油」「ニオイ」を気にせず楽しめ、カロリーカットでヘルシー!

従来のホットプレートでは、下からの熱で焼くため、食材から出た脂はすべてプレートに落ち、脂が熱せられることで「イヤな煙」が発生します。「アラジン グラファイトグリラー」は、熱源が上部のみに配置され、またプレートの下に水トレイがあることで食材から出る脂が水トレイに落ち、煙・油の飛び散りを防ぎ、ニオイも出にくい構造を採用しています

食材から出る脂が独自のスリット加工を施されたプレート(3D曲面形状)から「雫」のように落ちるため、余分な脂をカットしヘルシーです。


特長3. 幅広い焼き、炙り料理が可能

焼き物以外にも、炙り料理・干物から、おつまみ・スイーツまで幅広い料理を楽しめます。いろいろなレシピを一台で楽しめるアラジングラファイトグリラーならお料理の幅も楽しみもぐっと広がります。


「百貨店モデル」「量販店モデル」の2タイプにリニューアル


その性能や使い勝手で多くのユーザーから人気を得ている『アラジン グラファイトグリラー』が、よりさまざまなニーズに応えられるよう2019年にリニューアル!


軽量化と加熱性能向上を実現した新プレート「グリルプレート」が付いて新色「ホワイト」で展開する量販店モデルと、チーズ・ソース・たれなどの液体を使用した調理も楽しめる「マジックプレート」がセットになった百貨店モデルが登場します。


■『アラジン グラファイトグリラー 百貨店モデル』

アラジン,グラファイトグリラー,家電,料理,炭火,家men

(2019年6月17日(月)より発売開始 )

チーズやソース、たれなどの液体を使用した調理も楽しめる「マジックプレート」付き

・アラジンのランプマーク入り「オリジナルトング」は、先端部が細く、薄くデザインされており、重なり合ったお肉も取りやすい。卓上に先端部が付かないので衛生的。

・そのままキッチンに置ける、アラジンのランプマークが入ったふろしきタイプの「本体カバー」付き。

・グラファイトグリラーが入る、アラジンのランプマーク刺繍入り「収納バッグ」付き。



■『アラジン グラファイトグリラー 量販店モデル』

アラジン,グラファイトグリラー,家電,料理,炭火,家men

(2019年6月3日(月)より発売開始)

新プレートの「グリルプレート」は、蓄熱性の高いホーロー加工を軽量化されたプレートに施すことでプレートの温度を上げ、加熱性能が向上。調理時間の短縮にもつながる。また、食材の脂を落とす独自のスリット&曲面でヘルシーに調理できる。

・グラファイトグリラーから新色「ホワイト」が登場。すっきりとした白が基調のモデルは清潔感とキッチン空間に溶け込むカラー



今回リニューアルされた各モデルのオススメポイントを、家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーさんに解説していただきました。


■アラジン グラファイトグリラー CAG-G13B(G)(百貨店モデル)

初代モデルから愛用していますが、0.2秒という素早い立ち上がりが魅力。火災報知器が真上にあるテーブルの上でサンマを焼いても、香ばしいニオイはするものの煙がほとんど出なくて安心して使えるのはすごいなあといつも思っています。食材をオレンジ色に照らすグラファイトヒーターの明かりも、おいしく見せる効果があって、まるでスポットライトのよう。

新モデルではチーズやたれなどの液体を使った調理もできるスペースがついた「マジックプレート」が新たに付属していて、これがとてもいいですね。これまでどおりにスリットから余計な脂分は落ちてヘルシーかつ煙を抑える特徴は生かしつつ、スリット部分が高くなっているのでヒーターに近づいて焼けるのがぐんと早くなっています。じっくり焼きたいものは外側に置くなど、プレート全体を上手に活用すると「焼く」楽しみがますます広がりそうです。付属のトングもスマートになって使う時も収納する時も便利です。


■アラジン グラファイトグリラー AEG-G13A(W) (量販店モデル)

ホワイトカラーの量販店モデルは、付属品がシンプルだったり、アラジンならではの魔法のランプマークがヒーター部の天面にしかなかったりしますが、求めやすい価格が魅力です。これまで「グラファイトグリラーを使ってみたい!」と思ったものの価格面で躊躇していた方におすすめです

マジックプレートは付属していませんが、ゆるやかに傾斜のついたプレートはヒーターに近づくように設計されているのでスピーディに焼き上がり、蓄熱効果もあります。もちろん、煙がほとんど出ないことやグラファイトヒーターならではの立ち上がりの早さは同じですから、焼肉はもちろんのこと、魚を焼くのにもどんどん活用してほしいと思います。魚嫌いのお子さんでも目の前で焼けていく様子を見たら、その香ばしくおいしいニオイに釣られてモリモリ食べてくれることでしょう。お手製の焼き鳥にもいいですよ。


『Aladdin グラファイトグリラー』2019年新モデルをご紹介しました。


炭火焼のようにグリル料理を美味しくヘルシーに仕上げることができ、しかも焼き魚やビーフグリルなど幅広いメニューがこれ1台で作れるから、家族がパパ料理を楽しみにしてくれること間違いなし!

皆さんもぜひ『Aladdin グラファイトグリラー』を活用し、いろいろな料理にチャレンジしてはいかがでしょうか。


【アラジンブランド】

アラジンとは、80年以上愛され続ける「ブルーフレーム」を代表とする最新の機能に、どこか懐かしいデザインが特長のブランドです。



【日本エー・アイ・シー会社概要】


■本社住所    :〒675-2462 兵庫県加西市別所町395

■創業・設立 : 1985年(昭和60年)4月

■代表者     :代表取締役 千石 唯司

■業務内容    :石油燃焼機器および家庭用電気製品の仕入及び販売

■主要商品    :石油ストーブ・石油ファンヒーター・電気暖房・電気調理器

■お客様サービス窓口 TEL:0120-88-3090 (フリーダイヤル 平日9:00〜17:00まで)

家men編集部
家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Ranking ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加