Original

『追想』 | 若さゆえ、愛するがゆえ傷つけ合う新婚夫婦のすれ違い

夫婦のすれ違いはなぜ生まれるのか?


愛し合って結婚したはずなのに、知らないうちにパートナーを怒らせたり傷つけてしまう──。そんな夫婦のすれ違いを誰もが一度は体験し、後悔交じりの重い気分に包まれたことがあるのではないでしょうか。


しかしそうしたすれ違いが生まれるのは、パートナーへの愛が失われたからではなく、一緒にいることに慣れすぎて相手の気持ちを思いやる“想像力”が麻痺してしまったからかもしれません


そこで今回は、パートナーの気持ちを思いやる大切さを実感させてくれる作品をご紹介します。イアン・マキューアンのベストセラー小説を、若手演技派女優シアーシャ・ローナンの主演で映画化した『追想』です。


幸せなはずの初夜が、新婚夫婦を試す“人生の分岐点”に


物語の舞台は1962年のイギリス。結婚式を終えたばかりの新人バイオリニストのフローレンスと歴史学者志望のエドワードが、新婚旅行で海辺のホテルに訪れるところから幕を開けます。


希望に満ちた夫婦生活のスタートを切ったばかりだから本来なら幸せの絶頂にいるはずなのに、初夜を迎える緊張と興奮からかどこかぎこちない2人。


当時は今とは比べ物にならないぐらい保守的な価値観の時代だったので無理はありませんが、ホテルの部屋で2人が無言で料理を食べる光景は見ている方まで緊張してしまいます…。


それでも2人は愛し合おうとしますがなかなかスムーズに行かず、雰囲気は気まずくなる一方。そしてある失敗をきっかけにフローレンスが部屋を飛び出したことから激しい口論へと発展し、お互いのすれ違いが深まっていくのです。


こうした初夜の一部始終に、2人が出会い結婚するまでのいきさつが回想シーンとして随所に挟まれることで、幸せいっぱいだった過去とピリピリした現在が対比され「あんなに愛し合っていた2人がなぜ…」と胸を締めつけられます。


この回想シーンでは、フローレンスが中流階級出身なのに対してエドワードが労働者階級出身であることなど、家庭環境だったり価値観の違いが示されるため、ある程度のすれ違いが生じるのは見ていて納得できます。


しかし、男としてのプライドを踏みにじられたエドワードと、うまく男性を受け入れられず落胆するフローレンスは、自分の心が傷ついたことで頭がいっぱいになってパートナーの気持ちを想像する余裕を失い、お互いを無遠慮に責めて傷つけ合ってしまうのです


こうした誰もが思い当たる“若さゆえの過ち”と致命的なすれ違いを見守っているうちに、大切なパートナーの気持ちを思いやり、互いに歩み寄っていく大切さを自然と噛みしめることでしょう


パートナーの気持ちを思いやる大切さの気づきに


そんなにも修羅場続きのラブストーリーだと見ていて辛いだけと思われそうですが、イギリス映画らしい格調と慎み深さによって彩られているので、良質な文学作品を読み進めているような深い感動を味わうことができます。いつまでも余韻が残るラストシーンは、あまりの切なさに震えてしまうことでしょう。


本来なら修復できるはずのすれ違いが、ボタンの掛け違いによって泥沼化していく──修羅場の原因は当事者だと自覚しづらいものですが、客観的に見ていると「ここでそんなことを言っちゃダメだろ!」「そこはフォローしなきゃ!」とつい指摘したくなるはず


人の振り見て我が振り直す──。

そう、この作品はぜひ夫婦で一緒に鑑賞し、パートナーの気持ちを思いやる心を共有するきっかけに役立てることをオススメします。


『追想』(2018年) /イギリス/ 上映時間:110分

© British Broadcasting Corporation/Number 9 Films(Chesil)Limited 2017


「夫婦関係を見つめ直す映画」他の記事はこちら>

Ranking ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加