Original

今さら聞けない!手洗いの洗濯方法7種をプロが伝授!

こんにちは。冬になると洗濯も、食器洗いも、お風呂の掃除も水が冷たくて辛いですねー。そんな時、そうだお湯で洗ってしまえと楽をすると、いつも妻から「もったいない」と怒られている洗濯ハカセの神崎です


皆さんは普段から衣類を洗濯する際に手洗いしてますか? なかなかしないですよね…。おそらく9割以上の方が洗濯機にポイッと入れちゃって、後はボタンを1個ピッっと押して洗濯完了というところではないでしょうか。そもそも手洗いって面倒ですしね。


実はそんな面倒くさいと思われて敬遠しがちな洗濯の手洗いも、やるべき理由がちゃんとあります。手洗いの手法や意味を知っていれば、もっと洗濯が上手にキレイになるので、今回は衣類の洗濯の手洗いの種類と汚れ落ちのポイントを紹介いたします。



目次


手洗いの洗濯方法7種類を上手に使い分けよう

  1.  押し洗い
  2.  振り洗い
  3.  つけこみ洗い
  4.  こすり洗い
  5.  たたき洗い
  6.  つまみ洗い
  7.  つかみ洗い

手洗いの洗濯方法7種類を上手に使い分けよう


まずは手洗いの基本から説明します。


まず衣類に合わせて常温〜30度程度のぬるま湯をバケツや洗面器に注ぎ、衣類用の洗濯洗剤を適量溶かします。私の場合は中さじ1〜大さじ1程度の洗剤を溶かして手洗いを行うことが多いです。



手洗いの洗濯の種類は大きく分けると次の7つになります。


<手洗いの洗濯方法7つ>

・押し洗い

・振り洗い

・つけこみ洗い

・こすり洗い

・たたき洗い

・つまみ洗い

・つかみ洗い


手洗いの洗濯手法としてよく聞くのは「つけこみ洗い」「たたき洗い」「こすり洗い」の3つではないでしょうか。それ以外の「つまみ洗い」「つかみ洗い」なんて、何だか似た名前で意味不明かもしれませんが、ちゃんとそれぞれには違いや特徴があるので1つずつ説明していきます。


手洗いの洗濯方法① 押し洗い

その名の通り、衣類を押して沈める洗い方です。押して沈めて、水面に持ち上げて、また押し沈めてを繰り返します。ニット類(ウールやカシミアなどの動物繊維を除く)が適していて、洗濯機に入れたらひどい型崩れが起こる衣類を洗いたい時に行います。


基本的に衣類は畳んだ状態にしておき、洗浄、すすぎ、脱水まで畳んだまま洗います。脱水の段階では、そのまま洗濯ネットなどに入れて脱水時間を短めにすると良いです。


手洗いの洗濯方法② 振り洗い

洗剤を溶かした水の中に衣類を沈め、両手でユラユラと水の中で揺らして洗う方法です。生地がしなやかだったり薄手の衣類、ハンカチやハンカチーフなどを洗う時に適しています。


手洗いの洗濯方法③ つけこみ洗い

洗剤を溶かした水に衣類をつけこんで洗う方法です。漂白剤と併用した洗い方などをする時によく使います。15分間くらいのつけこみから、一晩ほどつけこんだりと、汚れ方や衣類の状態に応じて時間を調整します。


手洗いの洗濯方法④ こすり洗い

水の中で衣類の汚れた部分を両手で持ち、こすり合わせながら洗う手法です。洗濯板を使って洗うこともあります。昔話の「おばあさんは川へ洗濯」といえば、こすり洗いを想像する方も多いのではないでしょうか。襟首周りの汚れや、靴下などに適しています。


手洗いの洗濯方法⑤ たたき洗い

歯ブラシやスポンジなどに洗剤や漂白剤を取り、汚れている箇所を直接洗っていく方法です。ダウンジャンパーの襟周りなどの激しい汚れの箇所に効果的で、部分的なシミ抜きをする際にも行います。たたくというとバシバシ叩くようにイメージしがちですが、トントントンと軽く叩くように行います。


手洗いの洗濯方法⑥ つまみ洗い

つけこみ洗いや押し洗いの最中に、シミがついたりした箇所を部分的につまみ、指でこすって洗う手法です。特定箇所の汚れを落としたい時に行います。


手洗いの洗濯方法⑦ つかみ洗い

水の中で汚れた部分を手のひらで揉みほぐしながら洗う手法です。スポンジに含ませた洗剤を泡立たせる時にスポンジを揉んで泡立たせますが、ちょうどそんな感覚で手もみして、洗剤を混ぜた水と汚れを入れ替えるようなイメージで行います。袖口周りなどゴムが入っていて伸ばしたくない箇所の洗い方に適しています。


以上、7つの手洗いの洗濯方法を簡単に紹介しましたが、役割も手法もまったく異なるんですよね。ただし手洗いは、水につけて型崩れしても、ある程度は洗濯機ですすぎや脱水しても問題ない衣類。つまり家で洗える物に限定です


ちなみに、手洗いといってもすべての工程を手で行う必要はありません。


普段洗濯機で洗っても、襟周りや袖周りの汚れ、靴下の汚れなどはなかなか落ちないですよね。そんな時は、予洗いとして洗濯機に入れる前に手洗いを取り入れたりすると、格段にキレイに洗えるようになります


手洗いの洗濯は正直面倒ですが、手法を知ってしまえば意外と簡単。1分〜3分程度の手間を行うだけで、見違えるほどキレイになることもあります。どんなに洗濯機や洗剤が優秀になろうとも、汚れを完璧には落とすことは難しいので、人の力である手洗いを取り入れてもっと洗濯物をキレイにしてみてくださいね。


『洗濯ハカセの洗濯と洗剤の新方程式』その他の記事はこちら>


\その他おすすめ記事/

・ワイシャツの襟汚れもキレイに!頑固な襟汚れの落とし方と予防法をご紹介

・靴の嫌なニオイを撃退!靴と下駄箱の消臭対策

・『映画 ひつじのショーン』 | 誰もが笑顔になれる手作りクレイアニメ


※本記事の情報については、ご自身の判断で自らの責任において行ってください。
※本文中の薬品のお取り扱いには十分ご注意ください。

神崎健輔(洗濯ハカセ クリーニング師)

神崎健輔(洗濯ハカセ クリーニング師)

1981年長崎県生まれ。実家がクリーニング店でもあったので小さな頃から洗濯を手伝い、クリーニング師の資格を取得して洗濯の知識をとことん勉強。いつの間にか洗濯のプロ「洗濯ハカセ」を名乗ることに。日々ストイックに「もっと洗濯がキレイに楽にできる方法」を研究する毎日を送り、培った知識をブログで発信。家庭での洗濯が上手になる方法や、クリーニングいらずの洗濯術などを公開している。 「洗濯とITが大好きな洗濯ハカセことクリーニング屋神崎健輔のブログ」 http://curasutas.jp/blog

あわせて読みたい

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

友だち追加
LINE@ | 家men