エアコンの効きを良くする秘密は「室外機」にあり!室外機のケア方法

今年は梅雨明けが例年よりも遅れましたが、いよいよ本格的な暑さが到来。これから夏本番を迎えるにあたって、エアコンが活躍するシーンが増えることが予想されます。


そんな猛暑の最中に「エアコンの効きが悪い」なんてことになったら大変!

そこで今回は、三菱電機 霧ヶ峰PR事務局が行った夏のルームエアコン意識調査の結果を交えながら、誰でも簡単にできる「エアコンの効きが良くなるポイント」をご紹介します。


▼あわせて読みたい

  その使い方、故障の原因になりますよ!総合家電エンジニアが伝授する「正しい家電の使い方」【エアコン・炊飯器・ヘアドライヤー】 家電が急に故障したり調子が悪くなるのは、寿命ではなく、使い方に原因があるかも…。1年のスタートを切るお正月をきっかけに、総合家電エンジニアが伝授する「正しい家電の使い方」を実践してみましょう。第2回は【エアコン・炊飯器・ヘアドライヤー】編です。 家men



目次[非表示]

  1. 1.ルームエアコンの意識調査
    1. 1.1.エアコンの効きが悪いと感じる原因は?
    2. 1.2.約8割が「室外機のケアをしていない」
  2. 2.冷房効率UPのために押さえておきたい3つの室外機ケア方法
    1. 2.1.ポイント① 室外機周辺の風通しが悪くならないよう周りに十分なスペースを確保
    2. 2.2.ポイント② 室外機のファンの前に、吹き出す温風をさえぎる物を置かない
    3. 2.3.ポイント③ 直射日光が当たらないよう室外機に日除けを設置


ルームエアコンの意識調査

エアコンの効きが悪いと感じる原因は?


夏にエアコンを使用する際「効きが悪いと感じたり止まったりすることがある」と回答した人は22.8%。こうした悩みの解決策としてよく知られているのが「フィルターのお手入れ」ですが、実は室外機のケアも重要なのです。


しかし「エアコンの効きが悪いと感じたり、止まったりすることの原因は何か」との設問においては、「エアコンのフィルターの汚れ」という回答が46.3%の一方、「室外機周辺の環境」と回答した方は23.7%

「エアコンのフィルターの汚れ」と比べて20%以上も低い認知率であることが分かりました。


家men,エアコン、アンケート,効きが割,フィルターの汚れ,室外機


ちなみにエアコンは、外気温43℃で1時間の連続運転が可能であることがJIS基準で決められています。逆に言うと43℃以上には規定がないので、43℃を超えるとエアコンの稼働に支障をきたす場合もあります


家men,エアコン,室外機,室外機環境


室外機の周りの温度は運転時保証温度の43℃を超え、天気予報で聞く気温より高くなる場合があります。これは、冷房時にファンから温風が吹き出すため、風通しの悪い環境だと冷房時に室外機のファンから吹き出す温風で熱がこもるから。

見落としがちですが、実は冷房の効きを良くするには、室外機の設置されている場所(周辺環境含む)にも注意が必要なのです。


約8割が「室外機のケアをしていない」


「あなたは1年以内にご自宅のエアコン本体(フィルターや内部等)・室外機を掃除したことがありますか」との設問に対して、77.4%が「エアコン本体の掃除をしている」と回答。それに対して、室外機を掃除した人は16.2%

エアコン本体に比べ室外機がケアされていないことが分かりました。


また、「ご自宅のエアコンの室外機について、実施していることはありますか」との設問に対して、一番回答が多かった「直射日光の当たらない場所に設置している」ですら22.5%。室外機の周辺温度が高くならないような対策を大多数の方がしていないことが分かりました


家men,エアコン,室外機の掃除,エアコンの掃除,アンケート


冷房効率UPのために押さえておきたい3つの室外機ケア方法


今回の調査結果を踏まえ、エアコンの効きと密接な関係にある室外機の正しいケア方法をご紹介します。


冷房時、室内機で吸収された室内の熱は、室外機に運ばれて、室外機が吸い込んだ空気(外気)の中に放出されます。この時、室外機が吸い込む空気が暑すぎると熱を放出しづらくなり、冷房の効率が落ちてしまいます

そのため室外機が吸い込む空気の温度(吸込み温度)を上げないようにケアすることが重要です。


ポイント① 室外機周辺の風通しが悪くならないよう周りに十分なスペースを確保

家men,エアコン,室外機,室外機ケアの方法,風通し


室外機周辺に十分にスペースを確保せずに室外機を設置してしまうと、風通しが悪くなり室外機から吹き出す温風がこもってしまい、吸込み口周辺の空気の温度が高くなり冷房効率悪化につながります

室外機の周りにスペースを空けて、空気がスムーズに流れるようにしましょう。

※図に記載しているスペースは、三菱電機がルームエアコンにおいて推奨する値です。


ポイント② 室外機のファンの前に、吹き出す温風をさえぎる物を置かない

家men,エアコン,室外機の掃除,エアコンの掃除,アンケート


正しいスペースで室外機が設置されていても、室外機のファンの前に物や植物等の障害物を置くと、室外機から吹き出す温風を再び吸い込んでしまい効率が下がります。室外機のファンの前には物を置かないようにしましょう。


ポイント③ 直射日光が当たらないよう室外機に日除けを設置

家men,エアコン,室外機,日除け,直射日光,避ける


直射日光で室外機周辺の空気が暖められると、吸込み温度が上がり、冷房の効率が落ちてしまいます。日除けなどで室外機周辺の直射日光を遮ると効果的です。

※日除けについては各メーカーにお問い合わせください


猛暑でも快適に過ごすために知っておきたい、エアコンの効きが良くなる3大ポイントをご紹介しました。

いずれも思い立ったらすぐアクションできる簡単な対策ばかりなので、ぜひパパが休日の週末を利用して「室外機のケア」をしてみてください。


【三菱ルームエアコン霧ヶ峰】

今回の調査で浮き彫りになった「エアコンの効きが悪いと感じたり、止まったりする」という悩みの要因の一つである吸込み口付近の温度上昇に対し、46℃でも運転が止まらない“STRONG冷房”を開発しました。

※使用環境・設置状況により能力の低下があります。所定の設置スペースの確保が必要です。

URL https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/


【調査概要】

■調査対象者:東京都・大阪府在住の30-59歳の女性で、マンションまたは戸建てにお住まいのエアコンを所有している方624名

■調査方法:インターネット

■調査期間:2019年6月24日(月)〜6月28日(金)


▼関連記事

  その使い方、故障の原因になりますよ!総合家電エンジニアが伝授する「正しい家電の使い方」【エアコン・炊飯器・ヘアドライヤー】 家電が急に故障したり調子が悪くなるのは、寿命ではなく、使い方に原因があるかも…。1年のスタートを切るお正月をきっかけに、総合家電エンジニアが伝授する「正しい家電の使い方」を実践してみましょう。第2回は【エアコン・炊飯器・ヘアドライヤー】編です。 家men



家men編集部
家men編集部

この記事は家men編集部がお届けしました!男性視点で家事や毎日がもっと楽しくなるような情報を発信していきます!

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加

LINE@ | 家men