Original

花粉症対策は洗濯から!花粉をキレイに洗濯で洗い流すコツ

こんにちは。春は暖かくなって桜もキレイで好きな季節なんですが、最近は少しずつ苦手になりつつある洗濯ハカセの神崎です。


それというのも、若い頃に比べると目がショボショボしてきたり、くしゃみが止まらなくなるあのアレルギー。軽めではありますが花粉症と思われる症状に見舞われ出してきたからです。


今回はそんな花粉症を日々の洗濯から少しでも軽減する方法を紹介します。


洗濯の力で花粉を衣類に付着させない!


洗濯における花粉症対策は、ズバリ花粉の「予防」です!

ポイントは3つ。


・柔軟剤を使って洗い、静電気を起こさない状態に衣類を保つ

・部屋干しや乾燥機を使い、花粉が舞っている外の空気で衣類を乾かさない

・毎日同じコートや防寒着を着まわさない


これらのポイントを押さえていくことが、衣類における花粉症対策です。


柔軟剤による洗濯の花粉対策


静電気が起こる要因は、冬から春の時期は空気中の水分、いわゆる湿気が少ないため、静電気が衣類に帯電しやすくなるのです。ちなみに、ウールなどの動物系繊維はプラスのイオンを帯電させ、ポリエステルなどの化学繊維はマイナスのイオンを帯電させています。


実は、静電気を抑えるには着まわしも大切。ウールとポリエステルの素材を同時に着ると、静電気を強く発生させやすくなります。そのためバチバチ!となるどころか、静電気により空気中に舞っている花粉を洋服に吸着させやすくなってしまいます


そこで、できる限り静電気を起こしにくくするために効果的なのが、柔軟剤を使った洗濯。繊維に貼った柔軟剤の成分が静電気を逃しやすくなったり、摩擦が少なくなるなることで静電気が起きにくくなり、花粉の付着も少なくなるのです。


また柔軟剤は10分1に希釈してスプレーボトルに詰めれば、簡単な静電気防止のスプレーが作れたりします。普段は洗えないカーテンなどにスプレーすることで、カーテンなども花粉の付着を抑えられるので、柔軟剤は意外と便利だったりします。


部屋干しによる洗濯の花粉対策

これは言わずとも分かる通り。家の外は花粉が舞っているので、わざわざ衣類を花粉まみれにするために外干しすることはやめましょう。


とはいえ、春先はまだまだ寒い日が多くて洗濯物が乾燥しにくいため、効率よく乾かすための部屋干し対策もお忘れなく。


ただし、部屋の中も換気されているので多少なりとも花粉は入ってきてしまいます。花粉は水気が好きなので、乾燥に時間がかかればかかるほど、早く乾いた衣類に比べて花粉が多く付着しやすくなります部屋干しと言ってもやはり早く乾かすことが肝心です。


しかも早く乾かさないことによって部屋干し臭が発生し、別の意味で残念…とならないように注意してくださいね。


同じコートや防寒着を着まわさないことも洗濯の花粉対策

ついつい自分もやってしまいがちなのですが、しばらく同じコートを着まわしてしまう人も多いのではないでしょうか?


体の外側に着ているコートも、意外と体から発する湿気を溜め込んでしまっていたりしますつまり衣類に水分量が多くなってしまうということ。そうすると花粉は水気が大好きなので、湿気が多い衣類と、乾燥した衣類とでは、湿気が多い衣類の方がより花粉が吸着してしまう率が高くなってしまいます。


コートや防寒着を頻繁に着まわしてしまうと湿気を帯びてしまい、余計に花粉を家の中まで持ち込んでしまいやすくなるので、1回着たら3日は休ませるなど、3着くらいで着まわしていくのが花粉防止としては理想的です。


衣類の花粉防止法を3つ紹介してきましたが、いかがでしょうか?


普段の洗濯でも花粉症対策を意識して取り入れ、花粉で嫌な季節を過ごすより、花見やポカポカとした春の季節を満喫してくださいね。


『洗濯ハカセの洗濯と洗剤の新方程式』その他の記事はこちら>


\その他おすすめ記事/

・おしゃれ着洗いの基本!実は家で洗える、おしゃれ着の洗濯方法とは?

・花粉症対策の新常識!床拭きロボット「ブラーバ」で花粉を撃退しよう

・夫婦で一緒に眠る人ほど睡眠の満足度が高い!? 睡眠の質を改善する対処法とは



※本記事の情報については、ご自身の判断で自らの責任において行ってください。

※本文中の薬品のお取り扱いには十分ご注意ください。

神崎健輔(洗濯ハカセ クリーニング師)

神崎健輔(洗濯ハカセ クリーニング師)

1981年長崎県生まれ。実家がクリーニング店でもあったので小さな頃から洗濯を手伝い、クリーニング師の資格を取得して洗濯の知識をとことん勉強。いつの間にか洗濯のプロ「洗濯ハカセ」を名乗ることに。日々ストイックに「もっと洗濯がキレイに楽にできる方法」を研究する毎日を送り、培った知識をブログで発信。家庭での洗濯が上手になる方法や、クリーニングいらずの洗濯術などを公開している。 「洗濯とITが大好きな洗濯ハカセことクリーニング屋神崎健輔のブログ」 http://curasutas.jp/blog

あわせて読みたい