『僕のワンダフル・ジャーニー』 | 強い愛情で結ばれた忠犬と飼い主一家の絆は永遠に

やっぱり犬が好き!根強い人気の理由は?


突然ですが、あなたは犬派と猫派、どっちですか?

ペットフード協会が毎年行っている「全国犬猫飼育実態調査」によると平成28年まではずっと犬の飼育頭数が猫を上回っており、根強い人気があることが分かります


こうした犬人気の理由はさまざまですが、猫と比べて犬が人間に従順で、自分が注いだ愛情と同じぐらいの愛情を返してくれ、いつも身近に寄り添ってくれる家族のような存在であることが大きいのではないでしょうか。


そんな犬たちの忠誠心をハートウォーミングに綴り、家族にとってかけがえのない存在であると改めて気づかせてくれる映画を今回はご紹介します。

愛する飼い主に再び会うため転生を繰り返す犬を描いた感動作『僕のワンダフル・ライフ』から3年ぶりとなる続編で、2019年9月13日から劇場公開される『僕のワンダフル・ジャーニー』です。


■前作の紹介はこちら

  『僕のワンダフル・ライフ』 | 愛犬家の願望が詰まった生まれ変わりに涙 愛犬家はもちろんのこと、ペットを飼おうかどうか迷っているご家庭も必見の感動作『僕のワンダフル・ライフ』。最愛の飼い主と会えるまで何度でも生まれ変わる犬の物語を通じて、ペットと一緒に歩む心豊かな人生を想像してみませんか。 家men


何度生まれ変わっても愛する飼い主の元へ

家men,僕のワンダフル・ジャーニー,マージ・ヘルゲンバーガー


この作品は、最愛の飼い主イーサンとの再会を果たすため50年間で3度生まれ変わった犬・ベイリーが主人公の前作『僕のワンダフル・ライフ』のまさに続きからスタート。


イーサンを初恋の女性ハンナと引き合わせたベイリー(オーストラリアンシェパードとセントバーナードのミックス犬)は、彼女の娘グロリアと孫娘CJを含む4人と一緒に幸せに暮らしていましたが、ある理由でグロリアがCJを連れて家を飛び出してしまいます。

やがて“犬生”をまっとうする時を迎えたベイリーは、イーサンから託された「次に生まれ変わったらCJを守ってくれ」という思いを叶えるため、新たな犬へと転生を繰り返しながらCJを見守っていくのです。


前作で愛犬家たちのハートをわしづかみにした、犬の“心の声”を交えてウィット満点に映し出される人間との交流シーンは今回も健在。

「こんな時、犬はきっとこう思っているんだろうな」「人間が愛するように犬も私を愛していてほしい」という愛犬家たちの願望が素直に表現されていて、犬好きならずとも心がほのぼのします。


そして愛犬家の願望の表現ポイントといえば、主人公ベイリーが寿命を終えるたびに新たな犬に生まれ変わっていく“転生”も外せません。

今回は人懐っこいビーグルの“モリー”、飼い主に忠実なボーアボールの“ビッグドッグ”、勇敢で気の強いヨークシャテリアの“マックス”へと生まれ変わり、キュートな孫娘CJの幼少期から大人になるまでの成長を見守っていきます(それぞれの犬の習性がよく描かれているのもユニーク!)。


犬は人間よりも寿命が短いため、先に生涯をまっとうする犬との辛い別れを体験したことがある人も少なくないでしょう。でも、ベイリーのように何度も生まれ変わって飼い主のことを見守ってくれたら、そしていつか再会できたら…。

愛犬家たちに希望を与えてくれる“転生”ストーリーは、ファンタジーという言葉で括れないほどの切実な夢が詰まっているのです。


家men,僕のワンダフル・ジャーニー,アビー・ライダー・フォートソン,CJ


母親が家を空けがちで孤独な少女期に寄り添い、ミュージシャンに憧れるティーン期を見守り、夢を追い続けながら満たされない日々を送る大人期をサポート──。


愛する飼い主との約束を守るため、生まれ変わるたびに必ずCJを探し出し、まっすぐに愛情を表現するベイリーの“ワンダフルな旅”を見ていると、犬を飼いたいけど「ちゃんと育てる自身がない」「先立たれる時の別れが辛い」とためらっているパパママや子どもたちも「愛犬と過ごす人生の豊かさ」にきっと目覚めることでしょう


本当に大切な存在なら、離れてもずっと一緒

家men,僕のワンダフル・ジャーニー,キャスリン・プレスコット,CJ


またこの作品は、一途な忠犬ベイリーの“転生”ストーリーであると同時に、ベイリーが見守る飼い主一家のドラマでもあります。


誤解が重なって娘グロリアと分かり合えず、孫娘CJとも会えなくなり胸を痛めるハンナ&ベイリー。

夫に先立たれ、娘とうまく向き合えないグロリア。ニューヨークへ一人で上京し、時に迷いながら夢を追うCJ。


こうしてバラバラになった家族の絆が、ベイリーのひたむきな奮闘によって再び結ばれていく様を見ていくうちに、大人も子どもも“人生で大切なこと”に気づかされることでしょう。


犬を愛する気持ちや家族の絆の大切さを再認識させてくれる『僕のワンダフル・ジャーニー』。ハッピーで温かい涙を流したい人たちにオススメです!


『僕のワンダフル・ジャーニー』(2019年) /アメリカ/ 上映時間:109分

© Universal Pictures and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

上村 真徹(ライター・編集者)
上村 真徹(ライター・編集者)

家庭では妻の笑顔と娘の成長を最大の生きがいに、週末の料理やデザート作りで家族の胃袋をつかんでいる。最近は娘が成長し、以前ほど甘えてくれなくなったのが悩みのタネ。映画は新作・旧作問わず、年間100作品以上鑑賞。マイベストムービーは『ゴッドファーザー』だが、実は泣ける映画好き。

Weekly 週間ランキング

Monthly 月間ランキング

CATEGORY カテゴリ

TAGS タグ

QRコードでLINEの友だちを追加

LINE@ | 家men