【トイレの掃除】尿ハネ汚れを放置しない!トイレの“見えない汚れ”をキレイにするコツとポイント

【トイレの掃除】尿ハネ汚れを放置しない!トイレの“見えない汚れ”をキレイにするコツとポイント

掃除

目次[非表示]

  1. “狙い位置”で飛散量が変わる!トイレの尿ハネ汚れの実態
  2. トイレの“見えない汚れ”をキレイに!トイレ掃除のコツとポイント
    1. 尿ハネしやすい場所
    2. ① 尿ハネは放置せず気づいたらこまめに拭く
    3. ② 水流が届かない便器のフチ裏は“ブラシで掃除”
    4. ③ 便器と温水洗浄便座の隙間は“外してふき掃除”
    5. ④ “こすらないタイプ”の洗浄剤でトイレ掃除をラクに
    6. ⑤ 洗いにくいトイレノズルには洗浄泡を直接スプレー

③ 便器と温水洗浄便座の隙間は“外してふき掃除”

(画像提供:ライオン株式会社)

便器と温水洗浄便座の隙間はお手入れできないと思っている方も多いかもしれませんが、最近の温水洗浄便座は便座が簡単に取り外しできるタイプがほとんど

便座を外したら、トイレ用ふき取りクリーナーとトイレットペーパーを使って、便器の表面や温水洗浄便座の底面の汚れをふき取ってください。汚れを落とすだけではなくしっかり除菌することもオススメです。

※メーカーや機種によって外し方が異なりますので、取扱説明書に従って便座を外してください

④ “こすらないタイプ”の洗浄剤でトイレ掃除をラクに

(画像提供:アース製薬株式会社)

手が届きにくい場所の掃除は大変だし、そもそも汚い場所に触れるのは抵抗がある…という方には、自分でこすらずとも便器の奥まで洗浄・除菌できるタイプの洗浄剤がオススメです。

ブラシの届かない便器の奥、さらに排水管までまるごと洗浄できるタイプのものが便利ですね。

⑤ 洗いにくいトイレノズルには洗浄泡を直接スプレー

(画像提供:アース製薬株式会社)

尿ハネ汚れの付着場所として見落としがちなのが、トイレノズル。ブラシやシートでは掃除しにくいため、つい普段のトイレ掃除で手が届きにくい場所でもあります。

そんなトイレノズルの掃除には、狙い撃ちでキレイにできるスプレー噴射タイプ洗浄剤がオススメ。スプレーで密着した泡が汚れを浮かせ、しっかり&ラクに洗浄除菌できますよ。
トイレの尿ハネ汚れの実態と“見えない汚れ”を落とすコツをご紹介しました。

尿ハネによる汚れの場所や量は小用スタイルによって変わるので、今回ご紹介した掃除方法を効果的に使い分けてみてください。特に、尿ハネ汚れを生じさせやすい男性は、この機会に“見えない汚れ”を意識し、率先して掃除してはいかがでしょうか。

<参照>
ライオン株式会社トイレの尿ハネ実態と男性の小用スタイルの関係  トイレにまつわる驚愕の真実を一挙公開!
https://www.atpress.ne.jp/news/81565


連載『目指せ!我が家のHERO-家族を助ける特技を作る-』記事一覧
40 件