【大掃除もオキシ漬け】1年間たまった汚れを簡単に落とせるオキシクリーン活用法(エアコンフィルター、換気扇、風呂釜)

【大掃除もオキシ漬け】1年間たまった汚れを簡単に落とせるオキシクリーン活用法(エアコンフィルター、換気扇、風呂釜)

掃除

目次[非表示]

  1. オキシクリーンの基礎知識
    1. オキシクリーンとは
    2. オキシクリーンの基本的な使い方① オキシ足し
    3. オキシクリーンの基本的な使い方② オキシ漬け
    4. オキシクリーンを使うときの注意点
  2. 大掃除スポット別に「オキシ漬け」にチャレンジ!
    1. ①エアコンフィルター
    2. ②キッチンの換気扇&五徳
    3. ③風呂釜&バスグッズ
  3. 目に見える達成感が得られて、掃除のやる気が出る!

③風呂釜&バスグッズ

オキシクリーンは皮脂などの油分も分解したり、また黒ずみの漂白や雑菌の除菌を行ってくれるので、お風呂の大掃除にも効果抜群! 今回は、普段めったに掃除せず雑菌や湯垢が蓄積している風呂釜(追い焚きの穴)をオキシクリーンで掃除します。
家族が入った後のお風呂の湯を風呂釜より5~10cmの深さまで残しておき、粉末を付属スプーン5~10杯(かき混ぜてお湯全体が白っぽくなるくらい)ほど大量投入。溶け残りがないよう洗面器でよくかき混ぜ泡立ててから、数分間追い焚きします。

風呂釜の配管は浴槽の穴とつながっていて、追い焚きすると浴槽の湯が配管へ流れ込み、風呂釜で加熱された湯が浴槽へ循環するようになっています。この仕組みを利用して追い焚きすることによって、浴槽のオキシ溶液を風呂釜に浸透させて配管内を掃除するのです。
追い焚きが終わったら2時間以上放置。せっかくオキシ溶液をたっぷり作ったので、フタや洗面器など湯垢が付いているバスグッズもオキシ漬けします。オキシクリーンの洗浄効果が持続するよう、時々追い焚きしてお湯の温度をキープしましょう。
オキシ漬けの間にお風呂のエプロンを外し、恥ずかしながら今まで一度も洗ったことのない浴槽の下を、オキシ溶液を含ませたスポンジでゴシゴシ掃除。見るに堪えないドロッとした汚れがたまっていましたが、オキシ溶液のおかげで簡単に落ちました。
2時間以上放置したらお湯をすべて抜きます(夜寝る前にオキシ漬けして翌朝抜いてもOKです)。その前に浴槽の湯を見ると…風呂釜の中の汚れがけっこう出ている! 普段こんなに汚れている風呂釜から出るお湯に入っていたのかと思うと、大掃除と言わずこまめに掃除しなきゃと心に誓いました。
お湯を抜いたら新しい水を張り、数分間の追い焚きを2~3回行って風呂釜の配管をすすぎます(写真のような泡が出なくなるまで)。最後に浴槽全体を水で流して軽くこすり、風呂釜のフィルターも外して汚れをこすり落とせば完了。風呂釜はもちろん、浴槽もピカピカです!

目に見える達成感が得られて、掃除のやる気が出る!

今回、ひと足早い大掃除でオキシクリーンを活用してみて、使える範囲がとても広く、1年間たまったしつこい汚れも簡単に落とせるその実力を実感しました。掃除の成果が如実に目に見える快感&達成感はクセになりそう!

しかも「オキシ漬け」の間は他の用事を並行できる(あるいは休憩していられる)ので、効率的に大掃除を進められるのも高ポイント。ちなみに、手ごわい汚れスポットをひと足早い大掃除でピカピカにした日、編集部スタッフの妻は超ゴキゲンでした。オキシクリーンが夫婦円満にも役立つなんて!

今回ご紹介したオキシクリーン活用は、ほんの一例です。おうち時間が増えて目に付くようになった汚れを、オキシクリーンの強力な洗浄力でキレイに落とし、家じゅうをツルツルピカピカにして気持ちよく新年を迎えましょう。

※使用する素材の注意事項、衣類の洗濯表示等を事前にご確認の上、ご使用ください。また、ご使用になる素材・器具・設備等の取扱説明書、洗剤・漂白剤使用に関する注意事項も合わせてご確認ください。
※汚れの程度や種類によって効果は異なります。


▼あわせて読みたい
58 件