【家庭料理って何だ?】料理研究家・土井善晴先生のツイートが話題に!“持続可能なパパ料理”のヒント

【家庭料理って何だ?】料理研究家・土井善晴先生のツイートが話題に!“持続可能なパパ料理”のヒント

料理

目次[非表示]

  1. 毎日継続して作る家庭料理は“適当”がちょうどいい
  2. 味噌汁がおかずを兼ねる「一汁一菜」のススメ

著者

家men編集部



共働きの妻と分担しながら平日の夜に、あるいは時間に余裕のある休日に、家族へ振る舞うための料理作りに励んでいるパパは少なくないことでしょう。<b r>
そんな家庭のパパ料理に付きものなのが、作れる料理が少ないゆえのマンネリや「何を作ればいいか分からない」というレパートリー問題。
後者についてもう少し具体的に掘り下げると、「家庭料理ってどんなものを作ればいいか」「どんな料理を作れば家族がすすんで食べてくれるか」</b>という悩みに尽きるのではないでしょうか。<b r>
趣味として楽しむ料理なら“特別な素材を手の込んだ工程で作る”のでも構わないでしょうが、毎日作る家庭料理の場合は、家にある食材(あるいは手に入れやすい食材)で家族を待たせず手際よく作ることができ、また体に負担がなく食べ飽きることのないことのない“シンプル・イズ・ベスト”が優先されます。

とはいえ、シンプルな家庭料理を継続的に作るのは、家で料理を作る機会が少ないまま育った男性には難しいもの。以前、漫画ブログ・イラストレーターの金星さんも家menの連載で「普通の料理を普通に作るのは大変!」</b>と訴えていて、共感したパパも多いはずです。<b r>
▼あわせて読みたい</b>
そんな悩めるパパたちにとって指針になりそうなもの。それは、家庭料理の第一人者である料理研究家・土井善晴先生の教えです。

毎日継続して作る家庭料理は“適当”がちょうどいい

土井先生といえば、家庭料理のあり方についての持論を独特の柔らかい物腰でズバリ語る“名言”が印象的。

そのメッセージの数々は、SNSで「私の中の土井先生がこう言っている」「心の中の土井先生に従っている」という投稿が多く挙がるほど、家庭料理に励む人たちに勇気を与えています。
これらのツイートからも推察できるように、土井先生の家庭料理の持論とは「こんなもんでええと思います」「普段からそんな手間かけんでもええです」といった、家庭料理を持続するために必要な“ある程度適当でいい”というスタンス。
家庭料理なんて決まったレシピに縛られず、家にあるもので作ればいい。
そして多少失敗して見かけが悪くなっても「ま、いっか」と受け流せばいい。
家族のことを考えておいしい食事を作り、料理を楽しもうという気持ちがあれば十分──。

そう思えると、家庭料理を作るにあたって気持ちが楽になりそうですよね。

味噌汁がおかずを兼ねる「一汁一菜」のススメ

そうした家庭料理担当の気持ちが楽になる “持続可能な家庭料理”として土井先生が勧める献立。

それは、日本古来の食のスタイルである、ごはん・汁物・お惣菜(または漬物)だけで成り立つ「一汁一菜」です
丁寧に作った味噌汁は何よりのごちそう。栄養と彩りの豊かさを両立させた具だくさんの味噌汁さえあれば「ああ、これで十分おかずになる」と思えるはず。
無理に何品も作ろうと意気込まず、余裕があればもう一品おかずを加えていけばいいのです。
なお家menでも「野菜を豊富に摂取できる究極の一汁一菜」を紹介しています。

これらのレシピを参考に、「これでええやん」という心の中の土井先生の声に従いながら、家族の健康を維持しながら調理の負担も軽減できる“気負わない持続可能な家庭料理”にチャレンジしてください。

▼レシピ紹介記事はこちら