野菜やおかずの冷凍保存方法を調べる手順は「アレクサ、○○の冷凍保存は?」だけ! AIアシスタント「Amazon Alexa」に新スキル登場

野菜やおかずの冷凍保存方法を調べる手順は「アレクサ、○○の冷凍保存は?」だけ! AIアシスタント「Amazon Alexa」に新スキル登場

料理

「目覚ましい進化を遂げているIT技術は、家庭の家事をどう変えるか?」をテーマにした【IT×家事】記事を、これまでいくつかご提案しましたがお読みいただけましたか?


その中の「レシピの検索だけじゃない!料理がもっと便利で楽しくなる『クックパッド』の最新ITサービス」で、スマートスピーカー用AIアシスタント「Amazon Alexa」がレシピを読み上げてくれる便利な機能をご紹介しました。


その「Amazon Alexa」にこのたび、料理で役立つ新機能がさらに追加されました!


旭化成ホームプロダクツ株式会社から9月25日より提供開始された「サランラップ®・ジップロック®の冷凍保存テクニック」(以下「冷凍保存テクニック」)です。


82種類もの食材の冷凍保存テクニックを音声で解説


2015年4月に「オレンジページくらし予報」が行った調査によると、「生鮮食品を使い切れずにムダにしてしまう」という人が7割以上もいるという結果が出ています。


その中でさらに83.3%もの人が「野菜をムダにしてしまっている」という結果も出ました。


一方で「生鮮食品を買った後に冷凍保存しているもの」を尋ねたところ、8割が生肉、魚介類が6割、他にもパンや大豆加工品を冷凍している人が4割もいるにもかかわらず、「野菜」に関してはわずかに26.2%しか冷凍保存していないという結果が出ていました。


この調査結果が示すように、冷凍保存の方法が分からないまま野菜を常温か冷蔵で保存し、結果として傷ませてしまった経験がある人は少なくないようです。


そんな方たちにぜひオススメしたいのが、今回Alexaに追加されたスキル(※)「冷凍保存テクニック」なのです。

※スキル:Alexaに組み込むことで、スマートスピーカーにさまざまな機能を追加できるプログラム


家men,Amazon Alexa,旭化成,冷凍保存方法テクニック


「冷凍保存テクニック」では野菜や肉、魚介やおかずまで82種類もの食材の冷凍保存方法を音声で検索することができ、このスキルを追加したスマートスピーカーに向かって話しかけると、サランラップ®やジップロック®を使ったおすすめの冷凍保存方法を答えてくれます


冷凍保存方法と共に下処理も回答してくれるため、料理好きのみならず、料理に不慣れな方にとっても便利な機能ですね!


また、解凍方法や複雑な情報は、Alexaアプリに情報を飛ばしてくれます。


【回答例一部抜粋】

■キャベツ

キャベツは使いやすい大きさに切ってから、ジップロック®フリーザーバッグに入れて生のまま保存する方法と、熱湯で10秒ほどゆでてからサランラップ®で包み、ジップロック®フリーザーバッグに入れて保存する方法があります。ただし、ゆでてから冷凍すると、水っぽくなるため炒め物には向きません。


■アスパラガス

アスパラガスは、まず、根元のかたい皮をのぞいて、次に、そのまま、または食べやすい大きさに切ります。最後に、ジップロック®フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。ただし、冷凍すると多少筋っぽく感じられるため、細めのものや鮮度の落ちたものは、冷凍には向きません。


■から揚げ

から揚げは、揚げてから冷凍するのがおすすめです。まずは揚げた後にしっかりと冷まします。そのあとに1回に使う分だけサランラップ®で包み、ジップロック®フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。


■コロッケ

コロッケは、揚げる前に冷凍するのがおすすめです。衣を付けた状態で1個ずつサランラップ®で包み、ジップロック®フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。


「サランラップ®・ジップロック®の冷凍保存テクニック」開発秘話


──Amazon Alexaのスキルを活用した取り組みを行おうと思った経緯は?

食材の冷凍保存をしたくても、方法が分からずに食材を無駄にしてしまう生活者の方が多く、サランラップ®とジップロック®を持つ当社として冷凍保存方法を多くの方に伝える方法はないかということを日々考えていました。LINEの公式アカウント(8月14日から開設)の中に食材保存の検索、応答機能をつけるなどもその一つです。


そんな中、スマートスピーカーが台頭してきて、手が空きにくいキッチンで音声だけで操作できるスマートスピーカーは、キッチン向けスキルと相性がいいのではと考えました。


さらにキッチン向けスキルとして定番である料理レシピなどと比較しても冷凍保存方法は、簡単なステップのため、スキルとして使いやすい。このスキルを活用することで冷凍保存方法をより広められるのではと思い、開発に至りました。


──開発にあたって苦労した点は?

音声で聞きやすい情報量に編集することと、伝えないといけない情報を残すことのバランスを取るのに苦労しました。


音声だけで聞き取って理解するには限界があるので、理解しやすい内容にするために、冗長表現にならないことに気をつけながら一文の長さをできるだけ短く編集したり、冷凍保存方法の手順を分かりやすく認識してもらうための接続詞を工夫したりしました。


──このスキルをどう利用してもらいたいか?

「野菜をはじめいろいろな食材を冷凍保存したい」「冷凍保存に興味はある」けど、やり方が分からなくて食材をついついムダにしてしまう…といった方に利用してもらいたいです。


また、忙しくてなかなか買い物に行けない方なども、冷凍保存をうまく活用することで、より便利で快適な食生活を過ごしてほしいと思います。


──イチオシの保存方法は?

余りがちな野菜である大根やカボチャ、また意外と知られていないキュウリやパプリカの冷凍保存も紹介しています。


また、冷凍することで旨味が増すと言われるキノコ類や、あめ色玉ねぎが生よりも早く作れるようになる玉ねぎなど、冷凍することにより長期保存以外のメリットが出てくる食材もおすすめです。


家men,Amazon Alexa,旭化成,冷凍保存方法テクニック


AIアシスタント「Amazon Alexa」の新スキル「サランラップ®・ジップロック®の冷凍保存テクニック」をご紹介しましたが、いかがでしたか?


余りがちな食材の保存はもちろん、平日に料理する時間がない共働き家庭の作り置きや下味冷凍にも活用できるテクニックを、いちいち検索して調べる代わりにAlexaが読み上げてくれるなんて便利ですよね。


家庭の食材ロス対策に、そして時間に追われる料理の時短対策に、ぜひお試しください。


【Amazon Alexa】

家men,Amazon Alexa,旭化成,冷凍保存方法テクニック

URL https://www.amazon.co.jp/meet-alexa/b?ie=UTF8&node=5485773051


【旭化成ホームプロダクツ保存テクニック】

URL http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/preservation/


<旭化成ホームプロダクツ 商品について>

■サランラップ®

家men,Amazon Alexa,旭化成,冷凍保存方法テクニック

今年、刃の形をM字にするなど、より切りやすく、使いやすくリニューアルしたサランラップ®。

サランラップ®とその他のラップでは、実はフィルム性能にも大きな違いがあります。

毎日使うラップだから、食材を美味しく、新鮮に保つことにこだわりました。

家men,Amazon Alexa,旭化成,冷凍保存方法テクニック

※1 酸素ガス透過度の比較より(ASTM規格準拠)

※2 透湿度の比較より(ASTM規格準拠)

※3 ニンニクなどの匂いのもとになるジアリルジスルフィドの透過度の比較より(保存温度25°C)(当社調べ・計測結果は一例です)

URL http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/saranwrap/


■ジップロック®フリーザーパック

家men,Amazon Alexa,旭化成,冷凍保存方法テクニック

こだわり1:開閉しやすく、ストレスフリー

・指先感覚で「パチパチ閉まる」が分かるウルトラジッパー。

・Open Tabと凹凸のあるすべり止めで開けやすい!


こだわり2:密封ジッパーで、液体も安心

・内側から開きにくい密封ジッパーで液漏れが不安なカレーやミートソースもお任せ!


こだわり3:丈夫な素材で、冷凍からレンジ解凍までOK

・冷凍保存からレンジ解凍まで、移し替えの必要なし!

・厚手の素材で、食材を酸化や乾燥から守ります。

家men,Amazon Alexa,旭化成,冷凍保存方法テクニック

URL http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/ziploc/