旬な【いちご】をもっと美味しく!八百屋が教えるいちごの豆知識(選び方・保存方法・レシピ)

旬な【いちご】をもっと美味しく!八百屋が教えるいちごの豆知識(選び方・保存方法・レシピ)

料理

目次[非表示]

  1. いちごの旬はいつ?夏に実をつける「いちご」
  2. 旬な夏生まれのいちごを冬に収穫するには?
  3. <品種はどれにする?>一粒で満足できるいちごが人気
  4. <保存場所は?>傷みやすいいちごの保存方法
  5. <おすすめ調理法>いちごの食べ方の豆知識
    1. ■いちごの選び方
    2. ■おすすめの食べ方

<保存場所は?>傷みやすいいちごの保存方法

傷みやすい果物なので、冷蔵保存で早めに食べきるようにしましょう。また、産地から消費地まで、輸送の距離があるほど移送の揺れや温度変化などの影響も受けやすくなります。

近くの産地の方が比較的完熟に近いものが手に入りやすい傾向にあるので、ぜひ地域の品種にも興味を持っていただけたらと思います!

▼あわせて読みたい

<おすすめ調理法>いちごの食べ方の豆知識

■いちごの選び方

頭のところまで赤く色がキレイについているものがおすすめ。店頭で並んでいるものは判断がつきにくいのですが、ヘタが実から離れて「ピン!」とカールしていると、完熟していると言われています。店頭でパックに入ったいちごだと見分けるのが難しいですが、いちご狩りに行かれる際は見てみてくださいね!

■おすすめの食べ方

今出回っているのはそのまま食べておいしい品種が多いので、そのまま食べるのがおすすめ。

サラダに入れたり、バルサミコ酢と一緒にソースにしたり、食べきれないときはジップロックなどにいちごを洗って入れて砂糖をまぶして冷凍庫に入れておくとシロップになるので、炭酸で割ってジュースにしたりお料理に使うのも◎です。

これからホテルのアフタヌーンティーやビュッフェでもいちごフェアが開催されところもあるようですね♪
今年のいちごシーズンもたっぷりお楽しみください!

【連載】「八百屋の「旬八青果店」が伝授!美味しい野菜の見分け方」その他の記事はこちら>
■今回の執筆者
松根 拓乃(株式会社アグリゲート 仕入・卸事業部 バイヤー)
鯉淵学園農業栄養専門学校卒。鯉淵学園では、農作物の知識、栽培方法等、農業、農産物について学ぶ。現在は株式会社アグリゲート 仕入・卸事業部で青果知識・商品知識に長けた生産者と消費者を繋ぐバイヤーとして日々仕入れを行う。以前は、販売事業部にてデリカ・飲食グループのメニュー開発も担当。

超大粒 いちご 約1,100g 糖度:11度以上 とちおとめ・あまおう等 旬の品種をセンサー選別 ギフト お祝い イチゴ 苺 Stroberry | ふるさと再生市場 | いちご 通販

¥3,680

超大粒 いちご 約1,100g 糖度:11度以上 とちおとめ・あまおう等 旬の品種をセンサー選別 ギフト お祝い イチゴ 苺 Stroberryがいちごストアでいつでもお買い得。

26 件