【タバスコの活用レシピ!】ピザだけが使い道じゃない!隠れた万能調味料「TABASCO®ソース」で料理のレパートリーを広げよう

【タバスコの活用レシピ!】ピザだけが使い道じゃない!隠れた万能調味料「TABASCO®ソース」で料理のレパートリーを広げよう

料理

目次[非表示]

  1. 伝統的な素材&製法で作られた健康に安心の味
  2. タバスコの成分
  3. どんな料理にも合う!タバスコ活用レシピ
    1. タバスコで簡単!手作りミートボール
    2. 隠し味にタバスコソース!オリジナル豚角煮丼
    3. タバスコで手軽にエスニック気分!タイ・ミント・ウィング
    4. タバスコソースで世界旅行!絶品モロッコ風鶏肉煮込み
パンチの利いたスパイシーな辛さを味わいたいときに愛用するホットソース。その代表格と言えばタバスコですが、皆さんは家庭でどれぐらいの頻度で使っていますか?

もし、ピザやパスタを食べるときにトッピングしているだけなら、もったいない!

実はタバスコは、味付けの幅を広げてくれる万能調味料なのですから。

そこで今回は、世界中で愛用されている「TABASCO®ソース」の特徴・魅力と、いつものパパ料理のレパートリーが一気に広がる活用レシピをご紹介します。

伝統的な素材&製法で作られた健康に安心の味

タバスコといえば、こちらの写真の赤い容器をスーパーやレストランでよく見かけませんか?

実はこれ、アメリカ・ルイジアナ州のエイブリー島に本社を置くマキルヘニー社が、150年前の創業時からほとんど変わらぬ原材料と製造方法で生産している「TABASCO®ソース」。

タバスコペパーマッシュを樽の中で最大3年間も熟成させることによって辛さだけでなくコクと旨みを加え、さらにマキルヘニー家の一員による検査で合格したものだけがソースに生まれ変わるという、こだわりの製品なのです

タバスコの成分

そして「TABASCO®ソース」の原材料は、たったの3つ。

マキルヘニー家門外不出の種子から栽培した「タバスコペパー」、ルイジアナ州産の高品質な「ビネガー」、そしてアメリカ最古とされるエイブリー島産の「岩塩」。

それ以外の余分な添加物は一切ないので、安心して口にできます。
味の決め手となるタバスコペパーに含まれる「カプサイシン」という成分は、末梢血管の血流を促進し、体を温め、冷え性を改善する効果があります。

またビネガー(お酢)は、和食や中華料理にも定番の調味料。

つまり、「TABASCO®ソース」は、ピザやパスタ以外の幅広い料理にも馴染みやすいということです。
35 件