週に1回以上の水拭き掃除は約3割!最も面倒だと感じる家事1位の「雑巾がけ」を楽にする方法は?

週に1回以上の水拭き掃除は約3割!最も面倒だと感じる家事1位の「雑巾がけ」を楽にする方法は?

家電

マンションの増加や生活スタイルの変化につれて近年はフローリングを備えた住宅が一般的となりましたが、皆さんはどのようにフローリングを掃除していますか?


湿度が高くなる梅雨や汗をかきやすい夏は、フローリングのベタつきが気になるところ

本来なら掃除機をかけるだけでなく雑巾などによる水拭き掃除も行うべきなのでしょうが、正直なところ雑巾がけって面倒ですよね。


実際のところ、よその家庭はどう掃除しているのか?

アイロボットジャパン合同会社による「居住環境と水拭きに関する意識調査」で判明したフローリング掃除事情と、知的家事プロデューサーの本間朝子さんによるオススメのフローリング掃除方法をご紹介します。


掃除機と比べて水拭きの頻度は圧倒的に少ない!フローリングの清潔さも自信なし


今回の調査によると、自宅の床で最も多く使われている床材は「フローリング」が83.6%と大多数。

そんなフローリングの日常の掃除方法と頻度について質問したところ、86.8%の家庭が掃除機がけを週に1回以上こまめに掃除している一方、水拭き掃除を週に1回以上行うと回答した割合は32.8%と2倍以上の差があることが判明。さらに「水拭き掃除は何かをこぼしたついで(22.3%)」「年に1回以下程度(7.8%)」など、水拭き掃除をあまりしていない家庭の多さが目立ちます。


Q. 掃除機がけの頻度について下記より最もあてはまるものをお選びください。

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men

Q. 水拭き掃除の頻度について下記より最もあてはまるものをお選びください。

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men


また、特に面倒だと感じる家事について聞くと、ここでも「雑巾がけ(85.4%)」と水拭き掃除が圧倒的な1位。


さらに、掃除道具として雑巾の使用有無を尋ねたところ、「雑巾を用意しているけど最近あまり使用していない(46.1%)」が約半数! 「自宅に雑巾は用意していない(18.5%)」の回答と合わせると、3人に2人が雑巾を使っていない現状が明らかとなりました


Q. 特に面倒だと感じる家事についてお答えください。

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men

Q. 掃除道具について下記より最もあてはまるものをお選びください。

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men


続いて、夏場に自宅の床でベタつきが気になったことがあるか質問したところ、76.4%の家庭が「ベタつきが気になったことがある」と回答。


さらに、フローリングの清潔さと子どもが寝転がっても気にならないか尋ねたところ、「自宅の床の清潔さには自信があるので子どもが寝転がってもまったく気にならない」と回答したのはわずか14.1%。フローリングの清潔さに自信を持てない家庭が多いことも伺えました。


Q. 夏場の自宅での床について最もあてはまると思われるものをお選びください。

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men

Q. ご自宅のフローリングについて最もあてはまると思われるものをお選びください。

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men


日常の水拭き掃除を楽にする方法を専門家がアドバイス


フローリングは皮脂や食べこぼしなどでベタつきやすく、水拭きが必要です。しかし現在、共働き世帯の増加も影響し、拭き掃除にまでなかなか手が回らないのが現状です。


床は掃除面積が広く、また雑巾は、使用後はよく洗わないと、次の掃除の時に床に汚れが再付着するなど、逆効果になる場合も。そのため、床拭きには、もっと手軽な方法が求められています。


私は「ゼロ家事」という家事の負担をなくす提案をしていますが、その中でも床拭きロボットの活用をオススメ

帰宅するとさっぱりとした気持ちのいい床が待っている充足感は、育児や仕事の疲れを軽減してくれるはずですよ

(知的家事プロデューサー 本間 朝子さん)

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men


現代のフローリング掃除事情とオススメの水拭き掃除方法についてご紹介しました。


ロボット掃除機「ルンバ」シリーズでお馴染みのアイロボットジャパンでは、床拭きロボット「ブラーバ」シリーズも発売。フローリングやタイルなどの硬い床を水拭き(ウェットモード)とから拭き(ドライモード)を選んで自動清掃してくれます


忙しくてなかなか水拭き掃除まで手が回らないという方も、体力的にも負担がある雑巾がけから解放されたいという方も、ボタンひとつでいつでも手軽に拭き掃除が可能な床拭きロボットの力を頼って、これからの季節にベタつきがちなフローリングをさっぱりキレイにしてみませんか。


■アイロボットジャパン 床拭きロボット「ブラーバ」に新ラインナップ「ブラーバ ジェット250」と「ブラーバ390j」を発売

自動で床の拭き掃除を行う床拭きロボット「ブラーバ」シリーズに、専用の床用洗剤が使用できるようになった「ブラーバ ジェット250」と「ブラーバ390j」が新登場。6月7日(金)よりアイロボット公式ストアならびに全国のアイロボット認定販売店で販売開始します。

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men

「ブラーバ ジェット250」と「ブラーバ390j」とセットで使える床用洗剤は2019年夏から発売予定。本体タンクに水と一緒に床用洗剤を入れることで、床がよりスッキリとした仕上がりになります。また、床自体をキレイにするだけでなく、爽やかな香りがお部屋に広がります。公式ストアでの発売価格は880円(税抜)です。

※「ブラーバ ジェット250」と「ブラーバ390j」は従来通り、床用洗剤なしでもお使いいただけます。市販の洗剤はお使いいただけません。


■製品URL https://www.irobot-jp.com/braava/


<「ブラーバ ジェット250」製品特長>

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men

専用のクリーニングパッドを装着すると希望の仕上がり状況に応じて「ウェットモード」「ダンプモード」「ドライモード」の3種類から最適な清掃モードを選択することが可能。ジェットスプレーで水を噴きつけ、こびりついた汚れやベタつきをこすり落とします。コンパクトなデザインと正確なナビゲーションシステムにより、家具のすき間や狭いスペースにも入り込み、丁寧に拭き上げます。

■公式オンラインストア価格 29,880円(税抜)


<「ブラーバ390j」 製品特長>

アイロボット,床掃除,水拭き,床拭きロボット,ブラーバ,ブラーバ ジェット250,ブラーバ390j,家men

ウェットモードで最大20畳(※1)、ドライモードでは最大56畳(※2)まで清掃することができるので、リビングや広い部屋を清掃したい方にオススメです。水拭き・から拭きの2つの清掃モードで、ホコリや髪の毛はもちろん、普段の掃除では取りきれなかった皮脂汚れや、食べこぼしのあとまで残さずキレイに清掃します。

■公式オンラインストア価格 39,880円(税抜)


●アイロボット・コーポレイションについて

アイロボットは世界有数の家庭用ロボットカンパニーであり、家庭内外でより多くの仕事ができるよう人を支援するロボットの設計と製造を行っています。2002年にロボット掃除機ルンバ(Roomba® Vacuuming Robot)を発売し、ロボット掃除機市場を創出して以来、全世界で2,500万台以上のロボットの販売実績を誇ります。ロボット掃除機ルンバと床拭きロボットブラーバのシリーズをはじめ、清掃・床拭き・ナビゲーションにおける特許技術と先進的なコンセプトを有し、スマートホーム実現のため、ロボットのエコシステムの構築に取り組んでいます。

※iRobot、iRobotロゴ、アイロボット、Roomba、ルンバ、Braava、ブラーバ、Braava jet、ブラーバ ジェットは、アイロボット社の商標または登録商標です。


【調査概要】

調査エリア:全国

調査対象者:子どもを持つ20〜59歳の既婚女性

サンプル数:800

調査期間:2019年5月16日〜17日

調査方法:インターネットリサーチ