カドー(cado)加湿器新モデル、機能を追及したらこのデザインになったcado STEM 620

カドー(cado)加湿器新モデル、機能を追及したらこのデザインになったcado STEM 620

家電

目次[非表示]

  1. それが2017年10月末に発売されたcadoの「STEM 620」だ。
  2. 部屋をワンランク上に演出し、部屋の環境をワンランク快適に
  3. いつも快適な湿度に自動調整・部屋の乾燥具合も一目瞭然-cado STEM 620-
  4. アロマディフューザーで心も安らぐ超音波式加湿器
  5. 分解しやすくお手入れしやすい設計
  6. インフルエンザ対策に、乾燥肌でかゆみが止まらない方に!

いつも快適な湿度に自動調整・部屋の乾燥具合も一目瞭然-cado STEM 620-

超音波式加湿器のほとんどは、湿度計を内蔵していないので、手動でミストの量を調整する必要がある。しかしSTEM 620は湿度計を内蔵し、現在の湿度を表示するようになっている。

コレ、実は超音波式の加湿器では珍しいこと。本体の安さを売りにする超音波式加湿器は、まず部品代が高い湿度センサーなんて、経費削減対象なのだ。

給水タンクがレンズになるので、向こう側や自分の顔が面白く見えて興味津々。ペットにも優しい加湿器

とはいえSTEM 620には、湿度がデジタル数字やLEDの数で表示されていない。なぜか!? それはヤボだから(笑)。

それはさておき、一見オシャレなライトにしか見えない給水タンクの下のライト、実はこれが湿度を示している。マジかーーっ!なのだ。

インフルエンザ菌は、湿度50%で死滅するといわれているので、オートモードで緑以上をキープ、もしくは手動で青をキープするように設定するといいだろう。

また夜間部屋が暗くなると、このライトも自動的に暗くなるので、まぶしくて気になるという人も少ないはず(消灯はできない)。

色で湿度をお知らせするという…。どこまでオシャレなのさっ!

なお手動の加湿の調整は、間欠、弱、強が選べ、特に乾燥しているときは急速を選ぶと2時間のみ急速加湿運転を行うようになってる。通常はオートモードがオススメだ。


また就寝時のタイマーもあり、1時間、4時間、8時間の設定が可能。室温が冷えてくると、自然に湿度も上がる(空気中に同じ量の水が溶け込んでいる場合、温度が低いと湿度は高くなり、温度が高いと湿度が低くなるという物理法則がある)ので、エアコンのお休みタイマーの時間と合わせるといい。

エアコンのおやすみタイマーと、加湿器のおやすみタイマーの時間は同じにセットするのがポイント!

エアコンを1時間で切って、加湿器を8時間運転すると、気温が下がりだすエアコンOFFから2〜3時間経つと加湿過多になってしまう恐れがある。

アロマディフューザーで心も安らぐ超音波式加湿器

超音波式加湿器の魅力の一つに、アロマディフューザーとしても使える点がある。



しかし他の超音波加湿器と同様、過熱式のアロマオイルを給水タンクに入れるのは絶対に禁止! 水が傷みやすくなるだけでなく、機器の寿命を縮めることになる。さらには健康を害する場合もあるので、ホント注意です!



STEM 620で使えるのは、cadoから発売されているフローラルウォーターのみ。これを給水タンクではなく、ステンレスの筒の中に落とす。

この類のものは、品のない香りがほとんどだけど、どちらの香りも優しく鼻につかない香り

香りは2種類用意され、アビエス、メイチャン、ローズマリー、ヒノキが配合された「TREES」は、 大木が静かに生い茂る景色をイメージ。 深く、力強く、凛として。 眼を閉じ、深呼吸がしたくなる森林の香り。筆者の感覚では、リラックスしたいときや寝る前に使いたくなる感じだ。



もう一つは、オレンジスイート、グレープフルーツ、ティートリーレモン、ローズゼラニウムが配合され、気持ちがパッと明るくなるような、クリーンでフレッシュな柑橘を豊富にブレンド。勉強や仕事をしながら、テレビを見ながら、また朝起きたら使うと、気分がリフレッシュできそうな感じだった。価格は400ml入で税込4,190円となっているが、容量で割ってみると一般的なアロマオイルとそれほど変わらない価格だ。
66 件