カドー(cado)加湿器新モデル、機能を追及したらこのデザインになったcado STEM 620

カドー(cado)加湿器新モデル、機能を追及したらこのデザインになったcado STEM 620

家電

目次[非表示]

  1. それが2017年10月末に発売されたcadoの「STEM 620」だ。
  2. 部屋をワンランク上に演出し、部屋の環境をワンランク快適に
  3. いつも快適な湿度に自動調整・部屋の乾燥具合も一目瞭然-cado STEM 620-
  4. アロマディフューザーで心も安らぐ超音波式加湿器
  5. 分解しやすくお手入れしやすい設計
  6. インフルエンザ対策に、乾燥肌でかゆみが止まらない方に!

分解しやすくお手入れしやすい設計

超音波式の加湿器は、日々のお手入れが大切。STEM 620は一般的な製品より長い週1回程度のお手入れでもかまわないが、お手入れのしやすさも考え抜かれた設計になっている。



本体の分解・組み立てはネジなど一切不要。万が一の水漏れを考え、シンクやお風呂場、玄関などに持って行き、ステンレスのポールと給水タンクを引き抜く。給水タンクには、バルブがついているので、水が入ったタンクを引っこ抜いても水がこぼれないようになっている。

給水タンクとポールを抜く

アルミ製のフタは乗せてあるだけ

ポールの支持兼ミスト発生ユニット。これも簡単に取れるので、軽く洗ってゆすぐ

ミストを発生する超音波ユニット。ここは綿棒などで軽くこすって洗う

次にバラすのは、アルミのフタ。これも取るだけでいい。突起もないので軽くタオルでふいてやるだけでよし。そのかなには、ポールの支え兼水の受け皿があるので、これも取り出し軽くゆすぐ。

最後に水が少し残っている本体の水を捨て、超音波ユニットを軽く洗うだけでいい。

給水タンクの白いフタは、水道水のカルシウムを取り除くフィルターにもなっている。これでタンクや水の経路につく、カルシウム汚れも予防できる。また部屋にもカルシウムが噴霧されないので、白い斑点が残らない

一般的な超音波加湿器は、デザイン中心の製品が多く、突起が多かったり、指が届かない場所などがあり、洗い残し部分にカビや菌が発生しがちだったが、STEM 620なら洗いやすく安心だ。

インフルエンザ対策に、乾燥肌でかゆみが止まらない方に!

まだまだ寒く乾燥した日が続く冬。インフルエンザ予防に外ではマスク、家では加湿器を使ってはいかがでしょう? 湿度50%以上をキープするのがポイント! さらに乾燥肌でかゆみが止まらす、医師に加湿器の導入をオススメされた場合にもオススメ。
超音波方式ならではの、ほとんど電気代がかからずに、スグ部屋を加湿できるという特性を活かして、一人暮らしや日中家を明けがちなファミリーでの利用に最適だ。また寝室や勉強部屋というように、スポットで使うお部屋も急速加湿できるSTEM620がオススメ。

隙間風が多い、昔ながらの日本家屋なら10畳以下が目安。最近の高気密住宅であれば17畳以下が目安。

部屋のインテリアがワンランクアップするだけでなく、インフルエンザ予防や乾燥肌防止など機能面にも効果的。フレグランス機能を使えば、心もリフレッシュできるCadoのSTEM 620せひ試してみてはいかがだろう。
▼その他おすすめ記事
66 件