洗濯ネットの使い方!ちょっとの工夫でシワを抑えてワイシャツを男前にしよう

洗濯ネットの使い方!ちょっとの工夫でシワを抑えてワイシャツを男前にしよう

洗濯

目次[非表示]

  1. シャツを洗う時に「洗濯ネット」を使ってますか?
    1. 洗濯ネットに入れる前の処置
    2. 洗濯ネットへの入れ方
  2. 洗濯ネット以外に乾燥でもうひと手間加えてシャツをもっとキレイに!

洗濯ネットへの入れ方

シャツを洗濯ネットに入れる時にも重要なポイントがあります。それは「きちんとたたんでから洗濯ネットに入れること」。

実は、丸めたシャツをそのまま洗濯ネットに入れた場合と、洗濯ネットにちょうど入る程度の大きさに丁寧に折りたたんで洗う場合では、汚れ落ちに差が出てきます。

丸めたまま入れるとシャツが丸まったままの状態で洗われてしまうため、洗濯機の中で起こされた水流の力が伝わらずに汚れ落ちが悪くなってしまうのです。

そのため、シャツに限らず洗濯ネットを使った洗濯をする場合は、用意した洗濯ネットの大きさにちょうど収まるよう丁寧に畳んでから洗うのがベストです。

後は、仕上げの段階に柔軟剤を使用し、普通コースで洗濯します。

その際、できればワイシャツは脱水の途中でいったん洗濯機を止めて取り出しましょう。脱水が始まってから1分〜2分程度の状態で取り出すのが、洗い上がりのシワを極力なくすコツです。

洗濯ネット以外に乾燥でもうひと手間加えてシャツをもっとキレイに!

洗濯ネットの活用のほかにも、洗ったシャツをハンガーに下げる乾燥のさせ方にもポイントがあります。パンパンとシャツを手のひらで叩いてしっかりシワを伸ばしてから乾燥させましょう!

水に濡れている時と乾燥している時では、濡れている時の方が服のシワを取りやすいので、干すタイミングである程度のシワを伸ばしてあげると仕上げのアイロンが不要になります。

もっとがっつりアイロン不要にしたい場合は、重りをぶら下げた干し方もおすすめです。
洗濯ネットの使い方や、シワを抑える工夫、いかがでしたか。

シャツをアイロンがけ不要に洗い上げるコツは、簡単な方法ばかりです。

アイロンがけの手間よりも洗濯ネットを使った洗濯の方が、洗濯前と洗濯後のひと手間を考えても圧倒的に面倒ではなくなるので、試してみてはいかがでしょうか。

シャツを洗濯ネットに入れるだけでもアイロンがけの手間を極力減らすこともできるので、まずはそこからでも始めてみてください。

シワのないおしゃれなシャツを着て、新生活を気持ちよく楽しみましょう。
※本記事の情報については、ご自身の判断で自らの責任において行ってください。
※本文中の薬品のお取り扱いには十分ご注意ください。
18 件