赤ちゃん用洗濯洗剤のおすすめ5選+α。赤ちゃんの肌に優しい洗剤とは?

赤ちゃん用洗濯洗剤のおすすめ5選+α。赤ちゃんの肌に優しい洗剤とは?

洗濯

目次[非表示]

  1. 赤ちゃん用洗剤はいつからいつまで使う?
  2. 赤ちゃん用洗剤を選ぶ基準は?
    1. 皮膚刺激テスト&アレルギーテスト済みの商品なら安心?
    2. 界面活性剤などの刺激成分を含まないものが安心
    3. 液体タイプと粉末タイプ、それぞれの長所短所を知る
  3. 赤ちゃんの肌に優しいオススメの洗剤
    1. 1. アラウ.ベビー(サラヤ)
    2. 2. スノールベビー(シャボン玉石けん)
    3. 3. 無添加 ベビーの肌着洗いせっけん(ミヨシ石鹸)
    4. 4. やさしくなりたい 洗濯用ハーブの香り粉石けん(まるは油脂化学)
    5. 5. バジャン(ライトウェーブ)
    6. +α ウタマロ洗濯石けん(東邦)

赤ちゃんの肌に優しいオススメの洗剤

1. アラウ.ベビー(サラヤ)

純植物性の無添加洗濯用石けんで、赤ちゃんの肌に対して刺激の可能性がある成分(石油系合成界面活性剤・合成香料・着色料・保存料・防腐剤・蛍光剤・漂白剤・シリコンなど)は一切不使用だから安心! 柔軟剤なしでもふんわりと仕上がり、天然ハーブを配合したほのかな自然の香りも好評です。

2. スノールベビー(シャボン玉石けん)

ベビーソープで知られるシャボン玉石けんが生み出した衣料用液体洗剤。天然の石鹸をベースにした配合で、合成界面活性剤、蛍光増白剤、香料、着色料は不使用。赤ちゃんの衣類の洗濯に安心して使えるだけでなく、パパママが手洗い洗濯に使っても肌荒れが起きにくいのも高ポイントです。

3. 無添加 ベビーの肌着洗いせっけん(ミヨシ石鹸)

肌に優しい無添加石けんでお馴染みミヨシ石鹸が、石けんを液体にして作り出した安心の無添加洗剤。液体だから洗浄成分の溶け残りも少なく、繊維がささくれ立ちせずふんわり優しく仕上がります。肌がデリケートな大人の洗い物にもオススメです。

4. やさしくなりたい 洗濯用ハーブの香り粉石けん(まるは油脂化学)

合成界面活性剤・酸化防止剤・合成香料・合成着色料・保存料などは一切不使用。粉末タイプですが溶け残りが出ないよう配慮して製造されているので、水量の少ないドラム式の洗濯機にも使えます。天然ラベンダー配合によるほのかな香りに癒やされてください。

5. バジャン(ライトウェーブ)

料理や掃除洗濯にも使われる重曹を主成分にした、安全性に優れた洗濯用洗浄剤。界面活性剤ゼロなので安心して使うことができ、生地本来の柔らかい仕上がりを実感できます。また重曹にはイヤなニオイを吸い取る消臭作用もあるので、部屋干しすることが多い家庭にピッタリです。

+α ウタマロ洗濯石けん(東邦)

ガンコな汚れがよく落ちることで定評のあるウタマロ洗濯石けんは、赤ちゃんの衣類に付きやすいうんち汚れや食べこぼし汚れなどにも洗浄力を発揮! 汚れた部分にウタマロ石けんを直接こすってもみ洗いを行い、そのまま洗濯機に入れるだけでOKです。
赤ちゃんの衣類を洗う際に使う洗剤を選ぶポイントや、オススメの洗剤をご紹介しました。

小さな赤ちゃんの面倒を見ながら大人用衣類と分けて洗うのは大変ですが、大人よりもデリケートな赤ちゃんの肌を守るためにも、刺激成分を含まない赤ちゃん用洗濯素材を活用して衣類をキレイにしてあげてください。
「赤ちゃん」に関するおすすめ記事はこちら
38 件