布団や靴が洗濯できる程の大量洗濯&高温乾燥の「コインランドリー」は実はこんなに進化していた!

布団や靴が洗濯できる程の大量洗濯&高温乾燥の「コインランドリー」は実はこんなに進化していた!

洗濯

目次[非表示]

  1. 清潔・便利・快適!進化したコインランドリー最新事情
    1. カフェのようにくつろげる「滞在型」コインランドリー
    2. スマホと連動した「IT型」コインランドリー
    3. 生活の利便性を追求した「プラスαサービス型」コインランドリー
  2. 梅雨特有の洗濯の悩みを解決するコインランドリー活用法
    1. 高温のガス式乾燥機で生乾きとサヨウナラ!ができるコインランドリー
    2. コインランドリーの特徴 大型洗濯機で布団を丸洗い!さらに高温乾燥でダニも撃退
    3. コインランドリーでの布団の洗い方
    4. 汚れた靴も専用の洗濯乾燥機でキレイに丸洗い!
    5. スニーカーランドリーの使い方

梅雨特有の洗濯の悩みを解決するコインランドリー活用法

思わず行ってみたくなる最新型店舗をご紹介したところで、続いては梅雨の時期の洗濯にまつわる悩みを解決できるコインランドリー活用法です。

高温のガス式乾燥機で生乾きとサヨウナラ!ができるコインランドリー

外干しに比べると部屋干しはどうしても洗濯物の乾きが悪く、その間に雑菌が発生して生乾き臭が漂いがち。さらに、洗濯物から出る湿気で部屋がジメッとし、ニオイとのダブルパンチで不快指数はアップするばかり…。

そこでオススメしたいのが、コインランドリーのガス式乾燥機です。家庭用乾燥機よりもパワフルな高温熱風によって短時間で洗濯物を乾かすことができ、しかも外干しよりフワフワの仕上がりに! 洗濯も乾燥もコインランドリーで一気に済ませるもよし、あるいは自宅の洗濯機で洗って乾燥だけコインランドリーに頼るもよし。

しかも高温の熱風によってアイロン掛けと同等の効果を得られるので、面倒な洗濯物のシワ取りを省くこともできますよ。ただし、乾燥後すぐに洗濯物を取り出し、キレイに畳むかハンガーに掛けないとシワが戻るのでご注意ください。

コインランドリーの特徴 大型洗濯機で布団を丸洗い!さらに高温乾燥でダニも撃退

寝ている間の汗を吸い取った布団は、さらに梅雨の時期は湿気も加わることで、カビをエサにするダニの発生しやすい条件が揃ってしまいます。

できれば定期的に洗って干したいところですが、家庭の洗濯機では容量によっては布団が入りきらず、また雨の日が続くと外干しも難しくなります。かといってクリーニングに出すと高価だし、仕上がりまで日数がかかるし…そんな時に活用したいのがコインランドリーです。

コインランドリーでの布団の洗い方

1. 洗濯中に型崩れしないよう布団をロール状に巻き、紐で縛る
2. そのサイズで無理なく収まりきる洗濯機を選ぶ
3. 羽毛を傷めないようおしゃれ着用の中性洗剤で洗濯する(※1・※2)

ちなみに生きたダニは、布団を洗っただけではほとんど死滅しません。ダニは熱に弱く、50℃以上の熱で20〜30分、60℃の熱なら一瞬で死滅します。

つまりコインランドリーで高温乾燥を行ってこそダニを撃退できるのです! もし洗濯が面倒なら、アレルギー対策として布団を乾燥するだけでもオススメします。

上手に乾燥させるコツは、温風がしっかり行き渡るよう、布団のサイズがドラム容量の3割程度に収まる乾燥機を選ぶこと。そして1枚60分程度を目安に、途中で布団の裏表を入れ替えながら均一に乾かしましょう(布団を縛った紐は乾燥前に切っておくこと)。

汚れた靴も専用の洗濯乾燥機でキレイに丸洗い!

泥や汗、さらに雨水が染み込んで汚れた靴を手洗いするのって大変ですよね。実は洗濯機でも靴を洗えるのですが、衣類を扱う洗濯機に入れるのは正直抵抗が…。そこでオススメしたいのが、一部のコインランドリー店に設置され、静かに話題を集めている「スニーカーランドリー」。

使い方はとっても簡単です。

スニーカーランドリーの使い方

1. 洗う前に靴から中敷きと靴ひもを外しておく
2. ブラシが付いた洗濯槽の中に、靴と中敷きを別々に入れる

あとは洗い終わるまで約20分待つだけ! らせん状のブラシが靴にこびりついた砂や泥の汚れまでしっかり落とし、大人用なら2足、子供用なら4足まとめて一度に丸洗いできます(※3)。

そのまま家に持ち帰って外干ししてもいいですが、生乾きが心配な方は併設されている専用乾燥機で確実に乾かしましょう(靴によって20〜40分間程度)。

家に洗濯機があるのにわざわざコインランドリーなんて…と思っていた方も、洗浄力や衛生面における実力、さらには家事時短につながる便利さを実感できたのではないでしょうか。

雨が続いて洗濯物がたまり、しっかり乾かしづらい梅雨の時期こそ、大量洗濯&高温乾燥が可能なコインランドリーが役立ちそうです。そして梅雨特有の不便や不快さを解消し、家族の笑顔を作るHEROになれるはず。ぜひ、近くのコインランドリーを活用してみてはいかがでしょうか。

※1:寝具類の洗濯表示を確認し、水洗い・洗濯機などのマークが記載されている場合のみ、ご自身の責任で洗ってください。綿布団や羊毛布団はクリーニング店に出すことをオススメします
※2:ポリエステルやウールなど熱に弱い繊維は、高温の乾燥機に入れると傷むことがあるので、素材表示を十分ご確認ください
※3:革靴など洗えない種類の靴もあるのでご注意ください
30 件