ワイシャツに肌着は必要? 透けないインナーを選ぶポイント

ワイシャツに肌着は必要? 透けないインナーを選ぶポイント

洗濯


目次[非表示]

  1. 1.「ワイシャツの下にインナー」はマナーの一つ
  2. 2.ワイシャツの下から透けないおすすめの色は?
  3. 3.インナーにおすすめの形は?
  4. 4.インナーにおすすめの素材は?
  5. 5.まとめ

「ワイシャツの下にインナー」はマナーの一つ


ワイシャツの下にインナーを着るかどうか…日本で古くから議論になることが多いこの問題。


スーツとワイシャツという文化を生み出した欧米においては、基本的にワイシャツは肌着として認識されています。特にヨーロッパ圏においては、どちらかというとワイシャツの下にインナーを着ることはマナー上好ましくなく、素肌の上から直接着用するのが好ましいとされています。


こういった認識から、日本でもワイシャツを着る際にインナーを着るのはマナー違反と提唱されることがあるのです。しかし、基本的に日本国内ではワイシャツの下にインナーを着るのが、ビジネスマナー上では好ましいとされています。


また、湿度の低い欧米地域に比べて、日本は湿度が高く、季節によっては非常に蒸し暑くなります。そのため、汗をかきやすく、ワイシャツが透けて素肌が透けてしまうことがあるのです。いくら本場ではマナーといわれても、気になる方もいるかもしれません。


そこで本記事では、ワイシャツの下に着るインナー選びのポイントをご紹介します。


ワイシャツの下から透けないおすすめの色は?


ワイシャツの下に柄物のインナーや、濃い色のインナーを着てしまうと、汗をかいていなくてもワイシャツの下のインナーが透けて見えてしまいます。


一般的にワイシャツの下に着るインナーは白色が基本となっていて、ワイシャツと並んで販売されるインナーの多くは白色であることが多いようです。


ただ、白色のインナーを一度でも着たことがある方は、意外に白のインナーは透けて見えてしまいやすいと感じませんか? 日本人の肌と真っ白なインナーはトーンが合わないことから、非常に透けやすいのです。


できるだけ透けないようにするためには、肌の色とインナーの色味やトーンを合わせる必要があります。つまり、肌色に近いベージュや、目立ちにくいグレー、特にライトグレーなどのインナーを着用すると、ワイシャツを着ても透けて見えづらくなるでしょう。


しかし、ベージュのインナーというと、なかなか手を出せないという方も多いです。そのため、ライトグレー系のインナーの方が、挑戦しやすいかもしれません。


インナーにおすすめの形は?


ビジネスマナーを踏まえた上でおすすめのインナーとして挙げたいのが、半袖の丸ネックTシャツとVネックTシャツ


長袖にしてしまうと、冬はいいのですが夏は非常に暑くなります。半袖であれば、オールシーズン着用できるので使い勝手が良いでしょう。


ネック部分はできる限り深いタイプのものを選んでみてください。

ボタンをすべて留めてネクタイを着用するのであればあまり気にならないかもしれませんが、近年は1年の半分がクールビズであることからノーネクタイが推奨されています。ノーネクタイの場合は一番上のボタンを外すことが多いため、ネックが浅いとインナーが見えてしまうおそれがあるでしょう。


また、半袖ではなくノースリーブやタンクトップのシャツを選択する方もいますが、ビジネスマナー上あまりおすすめできません。袖がないので、涼しくなるというメリットがありますが、汗をかいてしまうとワイシャツの脇の部分に染みができてしまうおそれがあります。


せっかくインナーを着用しても、相手に不快感を与えてしまっては意味がありません。できるだけ半袖タイプを選ぶことがおすすめです。


インナーにおすすめの素材は?


ワイシャツの下に着るインナーとして適しているのは、薄手で吸汗速乾性機能のある肌着です。


綿のインナーは肌触りがいいのですが、汗をかくと乾きにくいというデメリットがあります。せっかくインナーを着ていても、乾きにくいとワイシャツにまでシミを作ってしまう可能性があるでしょう。


あるいは、そもそも汗をかかないように薄手のインナーを着るのもおすすめです。


近年では化学繊維技術の発達により、薄くて吸汗速乾性機能を有したインナーが多く展開されています。そのため、比較的安価に購入することが可能。また、最近では消臭抗菌機能がある繊維も少なくないため、汗をかいても長時間臭うことなく、爽やかに着こなすこともできるでしょう。


なかには化学繊維の質感が苦手な方もいるかもしれません。こちらも同様に、自然の綿の肌触りに近い化学繊維の開発がされています。実際に触って自分の好みに合うものを探してみてはいかがでしょうか。


まとめ

スーツスタイル発祥の地である欧米においては、ワイシャツの下に何も着ないのがマナーとされています。しかし、高温多湿の日本においては、汗によって透けてしまい、逆にみっともなく見えて好まれません。そのため、日本でのスーツスタイルにおいては、インナーを着るように心掛けるとよいでしょう。


ただしせっかくインナーを着ても、透けてしまうとスマートに見えません。ベージュやライトグレーといった透けにくい肌着を選んだ上で、吸汗速乾など機能性の優れたものを選びましょう。


「ワイシャツ」に関する記事はこちら

  シワにならない!ワイシャツのたたみ方 ワイシャツをビシッとキメるためには、シワがつかないよう気をつけたいところ。そこで今回は、洗濯が終わってたたんだり収納する時、ワイシャツにシワが付きにくい方法をご紹介します。 家men


  ワイシャツ選びのポイント~シーンに合わせた正しいワイシャツの選び方~ ビジネスシーンやちょっとフォーマルな集まりで着る機会の多いワイシャツは、できればTPOに合ったタイプを使い分けたいですね。そこで今回は、色や柄ひとつで相手への印象が大きく変わる、ワイシャツの種類とその選び方をご紹介します。 家men