これでアイロンいらず?洗濯物のシワを防ぐ洗い方、干し方、洗剤とは

これでアイロンいらず?洗濯物のシワを防ぐ洗い方、干し方、洗剤とは

洗濯

目次[非表示]

  1. 知ってますか?洋服にシワが付いて取れなくなるメカニズム
  2. アイロン不要になるかもしれない洗濯術
  3. シワになりにくい洗剤とは?

アイロン不要になるかもしれない洗濯術

まずは、洗濯機に入れる前の衣類の扱いから。

シワに関しては、洗濯する衣類の繊維がどんな種類なのかも大きく関わります。

ポリエステルやアクリルなどは繊維同士が絡まることが少なく、繊維自体も折れ曲りなどに強いため、シワになりにくいので特別な対処はさほど必要ではないケースが多いです。

逆に、綿や麻といった天然繊維の素材はシワになりやすいので注意が必要。
外出時に羽織るものでシワを増やしたくない衣類は、洗濯ネットに畳んで入れることがシワを生じにくくする前準備と言えます。

シワになりにくい洗剤とは?

次に、洗剤の種類もシワに影響します。

粉洗剤は洗浄力が強く、繊維の影響も強いため多少シワがきつくなりやすく、逆に液体洗剤は粉洗剤よりシワになりにくいと言えます。

また、柔軟剤を使うことで繊維自体がしなやかになり、摩擦が起こりにくくなるため洗い上がりの際にシワを伸ばしやすくなります。なので、柔軟剤を使う洗い方も、アイロン不要の洗濯術として採用したいところです。

そして一番大事なのは、干す時の衣類の扱い。

シワのまま干して乾燥させてしまうと、間違いなくアイロンがけは必須になります。逆に、干す時の濡れている状態はアイロンなしでもシワが伸ばしやすい。

つまり洗濯機から取り出した直後だと、手で容易にシワが伸ばせるということです。
昔は「手でパンパン生地を叩く行為は生地が傷みやすい」と言われていたこともありましたが、今はまったく逆。パンパン生地を叩くことが推奨され始めています。

なので、衣類をハンガーにさげて物干し竿に吊るしたら、“手アイロン”の要領で衣類をなでたり、パンパン叩いてシワを徹底的に伸ばしましょう。

シワが伸びた状態で乾かしてしまえば、乾いた後でシワになることはありませんよ。

洗濯ネットの利用。
洗剤の選び方と柔軟剤利用のススメ。
濡れている時にシワを伸ばす“手アイロン”。


この3つさえ徹底してもらえば、ほぼアイロンなしで人前に出ても恥ずかしくない衣類の洗濯が実現できてしまいます。

アイロンはやっぱり面倒だな、苦手だなと思う人は、洗濯から乾燥させるまでの間を工夫して、アイロンいらずの洗濯術をマスターしてみてくださいね。
「洗濯」に関するオススメ記事はこちら
24 件