男の子と女の子の七五三はどう違う?年齢や服装について解説!

男の子と女の子の七五三はどう違う?年齢や服装について解説!

ライフスタイル

目次[非表示]

  1. 七五三の年齢は男女でどう違う?
  2. 七五三の着物や髪形は?(男の子)
    1. 着物のルールやおすすめ
    2. 髪型のルールやおすすめ
  3. 七五三の着物や髪形は?(女の子)
    1. 着物のルールやおすすめ
    2. 髪型のルールやおすすめ
    3. 服装はレンタル?購入?
子どもの成長を祝う大切な行事「七五三」。その祝い方や服装について、男の子と女の子とで、また年齢によって違いがあることをご存じですか?

子どもの性別や年齢に適したお祝いをしてあげられるようパパママが知っておきたい知識を、All Aboutで冠婚葬祭ガイドを務める中山みゆきさんに解説してもらいます。

七五三の年齢は男女でどう違う?

Q.七五三は何歳で行いますか?

「昔、男子は数え年の3歳と5歳、女子は3歳と7歳で祝いましたが、現在では満年齢で男子が5歳(だいたい3歳ではしない地域が多い。ルールは決まっていませんが地方によって3歳もお祝いする場合もあります)、女子が3歳と7歳でお祝いすることが一般的になっています」

七五三の着物や髪形は?(男の子)

着物のルールやおすすめ

Q.七五三での男の子の服装は?

「着物と羽織・袴が正式な装いですが、別にこだわることはありません。ただ和装姿を見られる機会はめったにありませんので、着てみる価値はあるかもしれません。ですが日常的に着物を着ていた昔とは違い、慣れない和装姿。特に男の子は動きが活発ですので、じっと我慢ができないことがあると思いますので、洋装の方が無難かもしれません。それぞれのご家庭の考え方でよいと思います。

洋装の場合のスーツは、着物と違い動きやすいことです。また後に入学式で着られることを考えるとスーツを買うメリットはあります。最近ではスーツを着る男の子が増えているそうです」

Q.5歳の男の子が着物を着る際のルールやおすすめは?

「5歳の七五三は、「袴着(はかまぎ)」という5歳男児のお祝いで、初めて袴を着ける儀式です。現在ではその年齢にあたる子どもに晴れ着を着せ、神社へ参詣し、子どもたちの成長を感謝するとともに、今後を祈願する儀礼となりました。

<服装のポイント>
・羽二重の五つ紋付のし目模様、また色紋付の長着とそろいの羽織を合わせる
・下着は白羽二重(しろはぶたえ)の比翼仕立て(ひよくじたて)
・袴は黒・紺・茶の無地か、のし目模様のある羽織、仙台平の派手な稿柄
・畳表の草履。最近は、のし模様など華やかな色柄を選ぶ場合も
・白い扇子、守り刀を身につける
・羽織には勇ましい鷹、兜、武者などの絵柄が、袴には縞柄の仙台平などが好まれる

Q.3歳で男の子の七五三を祝う場合、服装のルールやおすすめは?

「3歳の七五三は「髪置き(かみおき)」といい、もう赤ん坊ではないという意味から、男女ともずっと剃っていた頭髪をこの日から伸ばし始めることを祝う儀式です」

<服装のポイント>
・羽二重(はぶたえ)のし目模様の紋付二枚襲(かさね)にへこ帯、袖無し羽織
・鼻緒のついた平底の和装履物など
・一般的にお宮参りの「のしめ」を転用する場合が多い

Q.男の子の履物で注意しておくべきポイントは?

「履きなれない草履やぽっくりなどは、あらかじめ履き慣らしておけばよいかもしれません。子どもにとってはとても苦痛で疲れてしまいます」

髪型のルールやおすすめ

Q.七五三での男の子の髪型は?

「髪型は前髪をすっきりさせると、表情もよく分かり明るいイメージになります。ワックスなどを利用して前髪を立たせてみます。長めの髪ならワックスを使い、クシュクシュっとパーマっぽくしてみてもよいでしょう。これなら多少動き回っても崩れません。また短髪や坊主スタイルも可愛いものです」

七五三の着物や髪形は?(女の子)

着物のルールやおすすめ

Q.3歳女の子が着物を着る際のルールやおすすめは?

「まだ身体も小さい3歳児にとって着物は重装備になりがちなので、軽い仕立ての着物を着せてあげてください。また、7歳の女の子もそうですが、ちょっぴり大人っぽくメイクをしてあげても可愛らしいでしょう」

<服装のポイント>
・晴れ着に帯を結ばず、袖なし襟付きの朱色の「被布(ひふ)」をはおる
・お宮参りの時の祝い着を仕立て直す場合も多い
・リボン、花かんざしの髪飾りをつけてかわいらしく
・履物は畳表の甲堀(こっぽり)や金襴(きんらん)地張りの腰高の草履など
Q.7歳女の子が着物を着る際のルールやおすすめは?

「7歳の七五三は、「帯解(おびとき)」という7歳女児のお祝いで、紐付きの着物に代わり、初めて大人と同じ帯を結ぶという紐解きのお祝いの儀式です。現在ではその年齢にあたる子どもに晴れ着を着せ、神社へ参詣し、子どもたちの成長を感謝するとともに、今後を祈願する儀礼となりました」

<服装のポイント>
・体に合わせ、肩上げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の絵羽つけや総柄友禅模様を用意
・丸帯をしっかりと結び、帯締めは、綿織りなどの丸ぐけか紅白の組みひもを
・草履は畳表のぽっくり(木履)か布製のもの

Q.着物以外でおすすめの服装は?

「洋服ならワンピースが定番です。男の子と同様に7歳の場合は後に入学式で着られることを考えて購入してもよいでしょう」

髪型のルールやおすすめ

Q.女の子の髪型でルールやおすすめは?

「髪型はおかっぱ、ボブスタイルにして髪飾りをつけると古風なイメージで着物とよく合います。ウィッグを使ってみてもアレンジは広がります。ロングならレトロな日本髪など。また三つ編みや編み込みをアレンジしてアップにしてみます。洋服ならカチューシャやヘアバンドを利用するのもいいですよ」

服装はレンタル?購入?

Q.着物などの服装はレンタルと購入どちらがおすすめですか? また、おすすめのレンタル方法があれば教えてください

「子どもの成長はその子によって日々さまざまです。子ども向けの着物や羽織袴はお手頃価格で購入できますが、頻繁に着るものではないため、サイズアウトしてしまいます。それならレンタルの方が安心です。またレンタルと写真がセットになっているお店もあるので選択の一つとして考えてもよいかもしれません。

さらにレンタル以外だと、ヤフーオークションやメリカリなどフリマアプリを利用するのも手です。新品でなくてもリサイクルの着物が結構安くて良いものが出回っています。探してみる価値はあります。

参考までに、レンタルと購入のメリット・デメリットをそれぞれ挙げておきます。最終的にはどちらが良いかは、用意する予算、手間暇などを考慮して考えてみてください」

■レンタルのメリット
価格が抑えられる。豊富なデザインを選べる。着付けやメイク写真撮影がセットになっているところがある。収納せずにすぐ返させられる(収納場所がいらない)。

■レンタルのデメリット
服が手元に残らないので姉妹や親戚に着まわせられない。早めに予約しないと着たいデザインが借りられなくなる。

■購入するメリット
手元に服が残る。サイズがぴったり合わせられる。自分でいろいろコーディネートする楽しみができる。

■購入するデメリット
価格がレンタルより高くなる。収納場所を確保しなければならない。着た後のケア(クリーニング代が発生)。着付けやヘアメイクを自分でするか、美容院に予約をしなければならない。

子どもの人数によって多少は変わるものの、家族で七五三のお祝いを行う機会は非常に限られています。

だからこそ、子どもの性別や年齢によって異なる祝い方とその意味を正しく理解し、「ちゃんと祝ってあげられたな」と満足できるものにしましょう。
<記事協力プロフィール>
中山みゆき(All About「冠婚葬祭」ガイド)
冠婚葬祭サイトの運営に携わり、マナーのアドバイスや情報発信を行なうほか、雑誌や新聞などのメディアでも活躍。
https://allabout.co.jp/gm/gp/32/