七五三の親の服装は何が正解? スーツ選びのコツを解説

七五三の親の服装は何が正解? スーツ選びのコツを解説

ライフスタイル

目次[非表示]

  1. 七五三の父親の服装にルールは?
    1. 七五三の主役である子どもより“格”を下げる
    2. カジュアルな服装でもOK?
  2. 夫婦で服装を合わせるべき?そのポイントは?
    1. 夫婦の格を揃える
    2. リンクコーデで“一体感”を出す
  3. 七五三の父親の服装の選び方(スーツ)
    1. スーツの選び方
    2. シャツの選び方
    3. ネクタイの選び方
    4. その他のアイテムの選び方
  4. 七五三のオススメコーディネート
    1. ネイビースーツ&白シャツ&シルバーネクタイ
    2. ネイビースーツ&白シャツ&ピンクネクタイ
  5. まとめ

七五三の父親の服装にルールは?

七五三の主役である子どもより“格”を下げる

七五三でのパパの服装を決めるにあたっての大前提。それは「七五三の主役は子ども」ということです。

まずは子どもの服装を決め、そのテイストにバランスを合わせて両親(夫婦)が服装を選ぶというのが基本的な流れとなりますが、その際のポイントは「主役である子どもより両親の服装の“格”を下げる」こと。大人はあくまで子どもの脇役なので、あまり派手な服装で目立ちすぎないよう心がけましょう。

では、どれぐらい格を下げるのが適切なのか?

具体的なシーンを例に挙げると、結婚式や子どもの入学式・入園式、あるいは高級レストランでの服装をイメージすれば大丈夫です。

カジュアルな服装でもOK?

なかには「カチッとしたスーツが苦手なのでカジュアルな服装で参加したい」という方もいるでしょう。

七五三におけるパパのカジュアルな服装は、ジャケパンスタイル(ジャケットとスラックス)までなら許容範囲。もちろんデニムなどはNGです。

ただしその際は、ママもワンピースなどカジュアルな服装であることが条件。家族の中でパパだけがカジュアルだと、お参りの最中はもちろん、家族写真もアンバランスな印象になってしまいます。

特に、家族写真はその後何年も残るものなので、服装のバランスがチグハグにならないようご注意ください。

夫婦で服装を合わせるべき?そのポイントは?

岡本さん一家が長女の七五三のお参りを行った際のコーディネート

夫婦の格を揃える

七五三でのパパの服装には、もう1つの大原則があります。それは「夫婦の格を揃えること」です。

例えば、ママが華やかな着物を身にまとっているのに、パパがカジュアルなスーツを着ていてはアンバランス。ママが和装であればパパも和装あるいはフォーマルスーツにするなど、事前に打ち合わせて服装の格やトーンを揃えるようにしましょう。

一般的に七五三においては男性よりも女性の方が服装の選択肢に幅があるので、子ども→ママ→パパの順に服装を選んでいくのがスムーズな流れといえます。

リンクコーデで“一体感”を出す

ちょっと上級者向けですが、夫婦のトーンを揃える着こなしとしてオススメしたいのが“リンクコーデ”。

例えばネクタイやポケットチーフなど自らのアイテムに、ママの服・装飾品・小物・靴などに配されているのと同じ色を取り入れると、夫婦の一体感が出るしオシャレ感も増します。

統一する色は、赤系など明るめの色を選ぶとアクセントとして映えるでしょう。

七五三の父親の服装の選び方(スーツ)

スーツの選び方

ママと子どもが和装したりフォーマルに着飾っている場合は、ややフォーマル寄りのスーツを着るのが望ましいです。黒、ネイビー、チャコールグレーなど色目が濃い秋冬物のダークスーツがいいでしょう。

逆に七五三で避けたいスーツは、ストライプなどビジネスシーンで着るような柄物。明るめのグレーなど淡いカラーのスーツも、カジュアルなので七五三の場では浮いてしまいます。

スーツの形はシングルでもダブルでも大丈夫。シングルスーツの中にベストをはおる“スリーピース”にすればグッとフォーマル度(格)が増して、オシャレ感もいっそう高まります。ママの服装がカジュアル寄りの場合は、ツーピースまでにとどめた方が夫婦のバランスも取れるでしょう。

シャツの選び方

スーツの中に着るシャツの色で最も無難なのは白。他には、サックスブルーと呼ばれる薄い青や、柔らかいピンク系の色もオススメです。

もう少し個性やオシャレ感を主張したいなら、身頃が色無地で衿やカフスが白無地になっているクレリックシャツぐらいであれば大丈夫です。

ネクタイの選び方

七五三は祝い事なので、お祝い色である赤系のネクタイをオススメします。ただし明るい赤色だと目立ちすぎるので、ボルドーなど深めの落ち着いた色がちょうどいいでしょう。

他にオススメなのは、柔らかい印象を与える淡いピンクやブルー系。明るい白のネクタイも定番ですが、シャツが白色だと同系色でぼやけてしまう懸念があります。白系にするのであればシルバーがいいでしょう。

逆に、黒など色目の暗いネクタイをダークスーツに合わせると、喪服寄りになってしまうのでオススメできません。

ネクタイの柄は無地でOKですが、スーツが無地であればネクタイは小紋柄やドット柄ぐらいのアクセントがあってもいいでしょう。ネクタイの素材はシルクが基本で、ニットタイだとカジュアル感が強いので七五三にはそぐいません。

その他のアイテムの選び方

■靴&ベルト&靴下
靴とベルトが明るい茶色系だと浮いてしまうので、フォーマル感を出すためすべて黒に統一しましょう。靴はローファーだとカジュアルなので、黒のストレートチップがオススメです。靴下も、靴やスラックスの色に合わせましょう。
■ポケットチーフ
オシャレ感を演出できるアイテムとして、特に活用しやすいのはポケットチーフ。白いチーフをTVフォールドで胸ポケットにさりげなく挿すと、上品さと清潔さを感じさせる絶妙なワンポイントになります。

チーフの色をネクタイの色に合わせるコーディネートもありますが、あまり色が多いとうるさく感じるので、「白いシャツに白のチーフを合わせる」という発想でいいと思います。
■バッグ
家族写真を撮影する際に手に持たないので「バッグは何でもいい」と思われがちですが、通勤でよく使われるリュックや肩掛けバッグは、スーツが傷むし見栄えも悪くなります。基本的には手提げカバンを使用しましょう。

七五三のオススメコーディネート

ネイビースーツ&白シャツ&シルバーネクタイ

フォーマル度が高く、しっかりと格のある印象を与えます。ネイビーのスーツが落ち着きつつ明るい印象も醸し出し、七五三という華やかなお祝いの場にピッタリです。

ちなみに無地の濃紺色スーツだと、結婚式など他のお祝い事にも汎用的に着まわすことができます。

ネイビースーツ&白シャツ&ピンクネクタイ

同じコーディネートでネクタイをピンクに差し替えると、より明るい印象を醸し出すことができます。先ほど“お祝い色”として紹介したボルドーのネクタイを合わせるのもオススメです。

まとめ

七五三では子どもが主役であり、またパパはカメラマンを任されることが多いため自分の服装を軽視しがちですが、その姿は家族写真として後々まで残るのでやっぱり真剣にコーディネートしたいところ。

七五三のパパの服装には、特別に厳格なルールがあるわけではありません。最低限押さえるべき常識やポイントを踏まえた上で自分なりのオシャレ感を演出し、カッコいいパパの印象を残せるようにしましょう。
<記事協力プロフィール>
岡本章吾(イメージスタイリスト)
株式会社S-style 代表取締役。日本で唯一のイメージスタイリスト®。 立教大学卒業後、㈱東武百貨店に8年間従事。 その後独立し、イメージを戦略的に作り上げるファッションスタイリストとして活動。 スーツやバッグなどのオーダーブランドも展開。 クライアントには全経連の会長、元内閣官房副長官、一部上場企業の経営者など政財界、経済界、芸能界など多方面に渡る。 企業でのスーツ研修をはじめ、「オーダースーツ起業塾」など同業者への講座も行い多くの卒業生が活躍している。 メディア出演、企業研修実績多数。

S-style HP http://s-style-fashion.com/